はたらく魔王さま! 第8話「勇者、修羅場に突入する」

鈴乃の一挙手一投足に勝手に踊ってしまった、ちーちゃんの顔芸が今話の一番の肝でしたね(笑)。特にコクった場面を鈴乃に見られてしまった時のリアクションがwww
1369314058954
2205310666
2207410077
2209090230
2209450509
2209510343
2209530846
2210130253

そして千穂が走り去った後に鈴乃からの質問に答えている真奥の様子から察するに、彼は、というか彼も含めて魔王側の3人は鈴乃はエンテ・イスラから来た人間で、しかも自分たちにとっての敵勢力の誰か、というところまではとっくに感づいているのではないかと思われます(鈴乃の本来の役職が教会の裏仕事なので個人名までは掴んでないでしょうけど)。千穂との会話で真奥の素性は言葉に出てましたし、それを鈴乃に聞かれてる可能性もあるわけですが、まったく普段通りに(自分たちの素性が知られていることを前提に)彼女と受け答えしてましたしね。これで乙女心を少しでも理解できる人間だったら男として合格なんですけどねぇ・・・(苦笑)。
1369314633113
1369314658874

一方、笹塚にはゲートで来たと本人の口から言われるまでは全然気づいてなかった恵美は、やっぱり脳筋だコイツと思ってしまいました(苦笑)。鈴乃の申し出を断ったのは当然でしょうね。自分を裏切った教会よりもオルバとルシフェルを撃退し、かつ残った魔力を全て破壊された区画の修復と目撃者の記憶消去に注ぎ込んで元通りにした真奥の方が、因縁浅からぬ相手とはいえまだ信用できますしね。
1369329052842
2212020195

あとは、鈴乃とは別方面っぽいこのナンパ野郎が何を企んでいるか?ですね。作画もギリギリのところを脚本と演出の細かい工夫の積み重ねで原作の雰囲気そのままに上手く見せてくれてますので、続きが大いに楽しみです。
2220460340
2220520933

 

4月10日発売の原作最新刊↓和ヶ原聡司『はたらく魔王さま! 8』
51ekybemril_sl500_aa500_




アニメイトオンラインショップ
月額見放題1,000円開始バナー(画像ありver)

31 Replies to “はたらく魔王さま! 第8話「勇者、修羅場に突入する」”

  1. ピンバック: ゲーム漬け
  2. ピンバック: ぬる~くまったりと
  3. ピンバック: NEO煩悩-アニメ本店-
  4. ピンバック: のらりんすけっち
  5. ピンバック: 真実悪路
  6. ピンバック: 刹那的虹色世界
  7. ピンバック: 荒野の出来事
  8. ピンバック: 悠遊自適
  9. ピンバック: アニメ色の株主優待
  10. ピンバック: MAGI☆の日記
  11. ピンバック: 明日へと続く記憶
  12. ピンバック: Spare Time
  13. ピンバック: 桜詩〜SAKURAUTA〜
  14. ピンバック: 桃色のティータイム
  15. ピンバック: 烏飛兎走
  16. ピンバック: 往く先は風に訊け
  17. ピンバック: wendyの旅路
  18. ピンバック: ヲタブロ
  19. ピンバック: くろくろDictionary
  20. このたびしばらくブログを休止することにいたしましたのでご報告申し上げます。
    管理人様にはTB・コメントを頂き大変お世話になりました。
    ありがとうございました。
    こちらの方にはこれまで通りお邪魔し、時にはコメントさせていただこうと思いますのでこれからもよろしくお願い申し上げます。
     記事に関係のないコメントで申し訳ございませんでした。

  21. ピンバック: 空 と 夏 の 間 ...
  22. >かめラスカルさん
    こんばんは。
    せっかくコメントいただいたのにレスが遅くなって申し訳ありません。

    >このたびしばらくブログを休止することにいたしましたのでご報告申し上げます。
    とても淋しいお知らせですが、公私共ご多忙とあれば致し方ありませんね・・・。
    こちらこそ大変お世話になりました。

    >こちらの方にはこれまで通りお邪魔し、
    >時にはコメントさせていただこうと思いますので
    >これからもよろしくお願い申し上げます。
    こちらこそ、いつでも遠慮なくお越しくださいませ。
    今後とも末永く、よろしくお願い申し上げます。

    追伸:もし、これから拙サイトにいらっしゃる機会がおありでしたら、
    差し支えなければで結構ですので、テキトーなブ○グ村のバナーを
    クリックしていただけると、大いに有難いです(厚かましくてスミマセン)。

Comments are closed.