ましろ色シンフォニー -The color of lovers- 第12話「はじまり色の季節」

今回が最終話・・・ということでか、エンドカードは和泉つばす[http://hisuitei.com/]さんのイラストで。
F_000164
最終話とはいうものの正妻戦争物語のピークは過ぎていますし、学園統合問題という半ば忘れられてた伏線の回収とぱんにゃのお別れエピソードの2つを無理に詰め込んでかなり端折ってやっていたので、ちょっと出がらしみたいな感じでしたね。学園統合だけでよかったと思いますけど、そうすると「さよなら君の声」の出番が無くなるのか・・・良曲だけに外すのは問題がありますし難しいですね。個人的には愛理の素敵な笑顔が見れたことと結月の登場というサプライズがあっただけでもよかったかな、と。
201112210234050006
201112210234050007
201112210234050010

アニメでも原作のエピソードを基本的には踏襲したものになってるらしいのですが、各話個別で採り上げて見ると物語の展開が丁寧に作られていて良かったと思うものの、新吾のキャラクター像や愛理のストーリー上での位置取りとかで顕著なように、前半と後半で断絶があったように見えてしまうのが残念でした。各話の脚本に浦畑さん・砂山さん・冨田さんと『境界線上のホライゾン』と同じ名前がありますが、(原作がラノベとエロゲという違いがあるにせよ)向こうはストーリーやキャライメージとかでのブレが全くと言っていいほど見られませんでした。なので全体を統括すべき監督やシリーズ構成の仕事の違いなのかと私は捉えています。キャラデザが良くて作画も概ね高レベルを維持できているなど、トータルで見ると良作と言っていいレベルにあるだけにホントにもったいなかったですね。ネットでの情報を拾うと原作の愛理ルートとみうルートのミックスらしいのですが、話数の制約があるにせよ前半から後半へとうまく繋げた構成にできなかったものでしょうか?

あと、鏡餅ぱんにゃとの別れのシーンに流れていた挿入歌「さよなら君の声」がとても印象的というか、やっぱりぱんにゃがオマケで歌の方がメインですよね(笑)。
1324401893651
1324401912408
1324402003784
この曲、美郷あき[http://misatoaki.jp/]さんの歌う「さよなら君の声」は美郷さんの5作目のアルバム『My Honesty』に収録されています。他にも『祝福のカンパネラ』アニメOPだった「シアワセは月より高く」とか入ってますし、どれもいい曲ばかりで、しとらす的には1曲目の「honest word,honest world」→2曲目の「Cross Illusion」と続いていくのが特に気に入っています。挿入歌が気に入った方はぜひどうぞ。
41lcx8ldzwl_ss500_

ところで、BDリリースが来月からになっていますが、第1巻の特典映像にこんなのが入ってるそうです・・・ってか、こんなデレな愛理をなんで本編でやってくれなかったんですか・・・?

91uac37niwl_aa1500_




アニメイトオンラインショップ

ましろ色シンフォニー -The color of lovers- 第11話「ましろ色シンフォニー」・・・正妻戦争アフターストーリー、結子さん絶口調?!

正妻戦争アフターエピソード(違)の11話でしたが、
「んふふっ、結子先生って呼んでくださいね」
「まずは、保健体育からはじめましょう。範囲は・・・受精と妊娠にしましょうか。」
「あらぁ、まだ交尾してないの?」
結子さんのけしかけ方がド真ん中ストレートすぎててインパクト大きかったですw
1323796303748
1323796308152
1323796442951
娘は娘で天然でフェロモン出しまくりでサラっとすごいこと言ってるし、母娘して魔性の女してておっかねぇ〜(爆)。
1323796262785
1323796299334
1323796401938
1323796416106
1323796438534

で、思いを伝えあったこの2人・・・外の雪って全部砂糖でできてるんじゃないの?って感じでしたが、みうの表情が艶かしすぎてて、ニヤニヤが止まりませんでしたw
1323797269271
1323797334013
1323797360775
1323797387098
F_000203
F_000204
F_000205
甘い雰囲気の中でみうと新吾がイチャラブところまでちゃんと描いていたのはよかったと思いますし、クリスマスイヴの日に勝ち組と負け組ですっかり色分けされてたような集まり方でしたけど、恋に敗れても彼女なりに心に区切りをつけようとする紗凪や、恋には踏み込めずに身を引いた愛理の心情もキチンと描写されていたのが、変な嫌味もなく可愛らしくてキャラ自身のフォローになってて、見てる側もなにか気持ちの整理ができたように思えて、今回の話の展開はとても良いと思いました(さすが浦畑脚本)。紗凪と愛理が発情する子猫に絡めて新吾を弄ってるシーンも、コミカルな描写でしたけど溜飲が下がるような感じでしたね、「去勢しちゃえば」とかw
1323796371273
1323796388709
1323796393156
F_000275
F_000276
F_000278
F_000279
F_00027b
F_00027c
「いいわよ別に、一生独身で」
「あたしは絶対、恋なんてしないから」
と(心の中で少しは強がってるのかもしれませんが)自然体でサラリと言い切った愛理の表情が、小野涼子さんの演技も相まって、とてもイイ女って感じで素敵に見えました。キャリアウーマン宣言にも取れますが、こういうところは天羽親子とは別の意味合いで母娘似た者同士なのかなぁ・・・という気がしました。そういえば蘭華と結子が出くわしたシーンで過去に何かあったようなことを匂わせてましたけど・・・。
F_000140
F_000141
F_000143
ラストは学園統合話で締めでしょうか。落とし所をどうするのか興味深いところです・・・って昔コミカライズで見た愛理ルートがどうだったのか、コンプエースにあったはずなのにさっぱり覚えてない(苦笑)。

ところで、今回のエンドカードは涼香[http://www.ryohka.jp/]さんでした。愛理めっちゃかわいい〜!
F_00028f




アニメイトオンラインショップ

ましろ色シンフォニー -The color of lovers- 第10話「なみだ色の雨やどり」

なんかネット界の一部でいつの間にか某作品をもじって“正妻戦争”と言われるようにまでなってましたけど、今回でその“正妻戦争”に決着がついたということでしょうか(いやまさか聖杯戦争みたいに第4次とか第5次とか何回もないよね?いくらなんでも・・・)。まぁ・・・でも、失恋シーンは見たらやっぱり切なくなりますねぇ・・・。
F_0001f4
F_0001f5
F_0001fa
F_0001fb
F_000195
F_0001ff
F_000203
F_000205
2人の接近が急ぎ過ぎな感が少しありますけど、新吾がみうを選んだこと自体は納得のいく展開です。彼のような性格では紗凪相手では神経を擦り減らすだけでしょうし(アンジェはさすがにない、桜乃はアニメではあくまで妹扱いでしか描かれてない、愛理は初めの頃の刺がなくなってきてて聡い子でもあるので充分可能性はあったと思いますが・・・いかんせん7話以降が描写不足で謎)、『迷い猫』の巧と文乃のように同じ境遇の幼馴染ならともかく、そうでなければ悪態ついてくる相手に短い時間でプラスの感情は持ちにくいでしょうから。外の冷たい水で洗い物していた時に気を回してあげるとかあればよかったのでしょうけど、逆に突き放すだけで自ら赤い糸を切って自爆してしまった感じですしね。それで男に振り向いてくれというのはさすがにないかと。

それと、6話でお風呂イベントまであったのに何故か部発足後急にフェードアウトしてしまったように見える愛理なんですが、ブランコで泣いてる紗凪に
「バカ、泣くぐらいなら、男なんて好きになるんじゃないわよ」
と言ったのが引っかかりました。好意を持ってはいたけど恋にまで踏み切れなかったという意味にも取れますね。幼い頃に両親が離婚という設定が愛理にあるようなので、それなら恋愛に臆病で踏み切れなかったのも宜なるかなとは思いますが・・・。
F_000201
F_000204
F_000206
やはり作中での扱いが前半と後半で断絶に近い形で変わってきたように見えるのが気になります。愛理は新吾への接し方に刺がなくなっただけでなく、彼の性格もそれなりに理解しはじめてましたし、なにより(多少虚勢を張って校内でお嬢様キャラ演じてることはありますが)聡くて人当たりもいいので、みうルートでなく愛理ルートでも納得なんですけど・・・構成の拙さなんですかね?他が良いだけになんか勿体無い。境ホラで力量を示している浦畑・砂山・冨田各氏が関わってるだけあってか、各話個々では話の展開がそれなりにしっかり作ってあると思うのですが。

さて、残り2回?どんな話になるんでしょうね。学園統合話は放置かと思ってましたが、やるのかしら?
F_0001df
F_0001e0
F_0001e1
しかし・・・蘭華さんも部下にキツイこと言うよなぁ・・・(苦笑)。半分は自虐ネタなんでしょうけど。




アニメイトオンラインショップ

ましろ色シンフォニー -The color of lovers- 第9話「おなじ色のフタリ」

「よろしければ、今度は私と一夜を過ごしてみませんか?・・・だめ?」
「あの子はよくて、私はダメなの?」
「で・・・私と新吾さんが契りを結ぶ日は、いつにいたします?」
大きな胸を押しつけて大人の色香を漂わせながら言うなんて破壊力ありすぎです、結子さんw
F_000205
1322587190052
1322587194361
1322587198650
1322587284570
上のとみうのヤキモチ&素肌さらしで、9話の他全部を危うく忘れるところでした(苦笑)。
1322587315505
1322587320325
1322587509747
1322587514083

あぁ、でもみうの照れる表情というのは今回とても多かった気がします。
1322587384155
1322587406169
1322587595799
1322587600438
1322587679589
1322587718983

で、看病とか家へのお招きとかいろいろありましたし、互いが互いを気遣う接し方がこの2人だけ早い段階から描かれていたので、それが恋愛に近い好意に変わるのはありがちでしょうけど、反対に思いきり派手に玉砕しそうな紗凪の作中での扱いをもう少しマイルドにできないかなぁ・・・という気がしました。そりゃ口より手足が先に出てくる乱暴な娘ではありますけど・・・紗凪が恋愛に関して不慣れかつ不器用というのはわかりやすく描かれていると思いますが、う〜ん・・・新吾が空気を読むのが急に下手になってるように見えるのも気がかりです。彼のみうへの恋愛感情がこういう鈍さにも現れてるのかな、という解釈もできますけど・・・。
1322587626801
1322587727591
1322587759530
そう言えばED見ると今回の脚本は境ホラ9話と同じ冨田頼子さんになってました。境ホラ9話はMBSの放映事情で昨日Web配信で見たばかりですので、はからずも2日続けて彼女の担当回を見ることになりましたが、向こうの脚本がトリプルAをあげたいくらいだったのに比べると点数が低いかもという印象です。ただ私はましろ色の原作ゲームを全然知らないので、原作ゲームをご存じの方が今回のを見たらどんな印象を持たれたのか・・・浦畑回の7話を見ても思ったのですが、脚本以前の段階の問題なのかな、という気が個人的にしています。




アニメイトオンラインショップ