『勇者超人グランブレイバー #26「覚醒の光」』 on 迷い猫オーバーラン! 第7話「迷い猫、乗った」

ホンマに別番組かと思いました。内海賢二さんのナレーションからして全然違うしw ここまでやってくれるといっそスッキリしますけど(苦笑)。
1005182300270898
1005182300360133
Aパートだけかなぁ、とか、Cパート用意してそこでオチを・・・と思いながら見てましたが、次回予告で明かすまでずっと通しきるほどの徹底ぶり。『迷い猫』らしかったのは最後にグランアタックを繰り出す際の
「アンタなんか、2回しねェー!」
と叫んだ時だけか?逆に清々しいほどでしたが、さすがにもう『迷い猫』では見たくないですね(苦笑)。

ご丁寧にも敵役に大御所をを担ぎ出して専用のOP・EDテーマも作っただけじゃなくて作画もかなりよかったし(・・・そういやクレジットにサンライズの名前がありましたねぇ・・・)、力の入れ具合の斜め上っぷりがいやはやなんとも・・・もっとも、変な方向に媚びてるわけじゃなかったので、4話に比べたらはるかに見れる内容ではありましたかね(内海さんもキディ・ガーランドの時みたいに変なコトやらされなかったですし)。それと、蛇足ですが艦長席に座ってた早乙女博士=乙女のバストの揺れ方がマリューにどことなく似てたような(作監が椛島洋介さんでしたが、まさかねぇ・・・?)。

でも、千世が作らせたというわりには主役はほとんどはづき=夏帆のように見えましたが、気のせいでしょうか?しとらす的にはどうせならどこかでスターライト(ry
1005182301060944
1005182303410079
1005182307230260
1005182310390422
1005182317150560
1005182318130224

Cパートも地球に更なる試練があるかのように思わせぶりなエンディングが用意してあって、まさかと思うけど続き物じゃぁ・・・と嫌な予感がチラッと頭を掠めたところで、いつものメイドコンビによる次回予告。この2人を見ると安心してしまうのはなぜでしょう?w
1005182326560133
1005182326590931
1005182327020532
「「でも、どうして私たちは出ていないのでしょう?」」
ほんまやほんまや(爆)
なんか物足りん思うたらこの2人がいーひんかったからやw

1005182327050309
「次回、『迷い猫、抜いた』」
「いったい何を抜くおつもりでしょう?」
・・・そこで顔を赤らめないでください(爆)
見てるこちらが恥ずかしいんですけどw
・・・というか、この予告が一番の楽しみになってるのっていいんだろうか・・・?そろそろ誰かフツーに戻して欲しいものですが。

原作のイラストを担当されている‘ぺこ’さんの画集『ぺこのきせき』が発売されたそうです。『迷い猫』以外にもいろいろあるそうな。オールカラー、96Pだそうです。
51otnqiavgl_ss500_






『勇者超人グランブレイバー #26「覚醒の光」』 on 迷い猫オーバーラン! 第7話「迷い猫、乗った」」への25件のフィードバック

コメントは受け付けていません。