超次元ゲイム ネプテューヌ 第12話「明日への絆(ビヴロスト)」

アノネデスのいうクライアント=ラスボスとネプテューヌら女神たちの最終決戦を予想してたら、全然違った中途半端な幕切れで終わったので残念だったでござる、の巻(苦笑)。とりあえず、小林画伯は熱演乙ということで(をい)。
1380298061140
0108380813
0108570375
5140
0117360739
0117520668
0117560235
0118410946
0118460007
2641
0118560358
0119090367
2751
0119220308
2915
2939
0119450610jpg
3038
事件の大元もしくは主たる正犯(=アノネデスのクライアント)を見つけて叩かなければ何の解決にもならないはずなのに、結末はというとタリの女神と化したキセイジョウ・レイを倒して最悪の事態を免れただけで終わってしまいましたし、しかも彼女のシェアクリスタルを破壊して最終的なトドメを刺したのはアンチクリスタルを持って来たマジェコンヌ&ワレチューのコンビという、女神とイストワールの立場的にはなんとも締まりの悪い終わり方・・・メインキャラの陽気な雰囲気と萌え要素を殺してまで重い展開を持ってきたわりには根本的な解決が見えなかったというのでは、ストーリー的にはどうにも擁護しがたい印象を受けました。う〜ん、結局は想像の斜め上を行く中途半端に出来の悪いシナリオを見せられて、絵的にもバトル描写が繋がりがよくなくてパッとしなかったし、なんだかなぁ・・・という気持ちですかね。ゆるふわな軽いノリのまま押し切っちゃえばまだいっそ清々しく感じられたのですが、無理にキャラをたくさん出してイイオハナシを作ろうとして失敗しちゃった感アリアリ?というところです。ぶっちゃけ総括するなら3話アバンでやった5pb.のライヴシーンのワクワク感を返せと・・・(ブツブツ)。

 

超次次元ゲイム ネプテューヌRe;Birth1 《限定版》[PlayStation Vita]↓Amazonにて予約受付中!
91ydvts4zpl_aa1500_
913czwhgecl_aa1500_



アニメイトオンラインショップ
月額見放題1,000円開始バナー(画像ありver)

超次元ゲイム ネプテューヌ 第11話「古からの使者(アグレッサー)」

「時は、満ちた」
・・・ふだんのネプテューヌが頭使って仕事しない怠け者のおバカさんだから、自分のとこだけシェアが急上昇してるのを異変な現象だとまで思考が及ばなかった、と・・・(苦笑)。怒ったブランの台詞とアノネデスがハッキングまでしてノワールを呼び出して伝えたことから考えると、さしずめイストワール級の何者かがルウィー・リーンボックス・ラステイションからシェアエナジーを吸い上げてプラネテューヌに集中させ、ついでにネプテューヌ企画のイベントで更に上昇して臨界点まで達した時点で昔に滅亡した国「タリ」の女神の復活が一丁上がり、というところなのでしょうか。女神化したレイに通信施設を破壊されたのもあるけど、それ以前に自身のKYな言動でほぼ四面楚歌な状況を招いてしまったネプテューヌがどこまで粘れるかでアニメは締めかしら? わざわざレイを1話でチラ出しさせたのはこれの伏線だったのかなとちょっとだけ感心したのと同時に、たぶんノワールが尻拭い役やらせられるのかなぁ・・・と思うと今から彼女に同情してしまいます(苦笑)。
1379692831640
0100590205
0104310909
0115270494
1803
0116580306
0117010087
0117270563
0118260241
0121030876
0121050171
0121150667
1379695364445
0124060794

 

超次次元ゲイム ネプテューヌRe;Birth1 《限定版》[PlayStation Vita]↓Amazonにて予約受付中!
91ydvts4zpl_aa1500_
913czwhgecl_aa1500_



アニメイトオンラインショップ
月額見放題1,000円開始バナー(画像ありver)

超次元ゲイム ネプテューヌ 第10話「忘却の戦線(コンフリクト)」

OPが絵だけ差し替わってましたけど・・・これが完成形? アノネデスとアブネスともう1人並んでいるカット絵で2人の間にいるのがアノネデスの言うクライアント、つまりは黒幕ってことでいいのでしょうか。今話でR18アイランドの施設を破壊して事態を一旦収束させて神次元イストワールとプルルートがピーシェを連れて元の世界に帰っていきましたけど、これで終わりってわけじゃないですよね、当然・・・っていうか、アノネデスの策略で事が大きくなってから神次元のイストワールがピーシェを探していた“大きな存在”のようだと言い出してるとか、2人のイストワールの間抜けっぷりが妙に思えてしかたないのですが、気のせいでしょうか・・・? あと、ネプテューヌとピーシェを少々強引にでも結びつけようと演出しているのも残り2話の展開と関係があるのか気になるところです。お別れとエンディングのシーン自体は選曲も含めて良かったですが。
1379088357598
1379088584519
1379088591973
1379088606892
2439
1379088639570
0106250265
1379088863913
1379091006361
0117200015
1379089052102
1379091255130
2522
・・・それにしても、洗脳されたデモ隊のプラカードとか見るにつけ、超次元世界を統治する4人の女神を規制推進の体制派に置く構図がどうにも気に入らないんですよねぇ・・・普通逆だろ、と(苦笑)。なんらかのアイロニーのつもりなんですかねぇ・・・?

 

超次次元ゲイム ネプテューヌRe;Birth1 《限定版》[PlayStation Vita]↓Amazonにて予約受付中!
91ydvts4zpl_aa1500_
913czwhgecl_aa1500_



アニメイトオンラインショップ
月額見放題1,000円開始バナー(画像ありver)

超次元ゲイム ネプテューヌ 第9話「エディンの挑戦(リベリオン)」

あぁ、やっぱ“クライアント”が別に存在するのね・・・アノネデスって享楽主義的なところはあっても自分からクーデターを起こす革命家というかリーダー的タイプには見えないし。

それはさておき、勧善懲悪っぽいストーリー展開のエピソードやるにしても、カラッとしたネアカな雰囲気に徹した方がメインキャラ的にもボスキャラ的にも合ってる(少々おバカっぽくなっても却ってわりきれる)でしょうに、何故に無駄シリアス入れてきますかねぇ・・・?明るくハッチャケた方向性でシナリオ書くのが存外に難しいのは理解できるのですが、ただでさえ人数増えてキャラ作りが中途半端な印象なのに、これではなぁ・・・TV放映では残り3話か、ラスボス誰にしてストーリーどう畳むんでしょうね?
1378484457752
1378483850086
1378483896634
1378484006922
1378484162290
1378484279239
1378484538688
1378484804773
1378486614336

 

超次次元ゲイム ネプテューヌRe;Birth1 《限定版》[PlayStation Vita]↓Amazonにて予約受付中!
91ydvts4zpl_aa1500_
913czwhgecl_aa1500_



アニメイトオンラインショップ
月額見放題1,000円開始バナー(画像ありver)