超次元ゲイム ネプテューヌ 第12話「明日への絆(ビヴロスト)」

アノネデスのいうクライアント=ラスボスとネプテューヌら女神たちの最終決戦を予想してたら、全然違った中途半端な幕切れで終わったので残念だったでござる、の巻(苦笑)。とりあえず、小林画伯は熱演乙ということで(をい)。
1380298061140
0108380813
0108570375
5140
0117360739
0117520668
0117560235
0118410946
0118460007
2641
0118560358
0119090367
2751
0119220308
2915
2939
0119450610jpg
3038
事件の大元もしくは主たる正犯(=アノネデスのクライアント)を見つけて叩かなければ何の解決にもならないはずなのに、結末はというとタリの女神と化したキセイジョウ・レイを倒して最悪の事態を免れただけで終わってしまいましたし、しかも彼女のシェアクリスタルを破壊して最終的なトドメを刺したのはアンチクリスタルを持って来たマジェコンヌ&ワレチューのコンビという、女神とイストワールの立場的にはなんとも締まりの悪い終わり方・・・メインキャラの陽気な雰囲気と萌え要素を殺してまで重い展開を持ってきたわりには根本的な解決が見えなかったというのでは、ストーリー的にはどうにも擁護しがたい印象を受けました。う〜ん、結局は想像の斜め上を行く中途半端に出来の悪いシナリオを見せられて、絵的にもバトル描写が繋がりがよくなくてパッとしなかったし、なんだかなぁ・・・という気持ちですかね。ゆるふわな軽いノリのまま押し切っちゃえばまだいっそ清々しく感じられたのですが、無理にキャラをたくさん出してイイオハナシを作ろうとして失敗しちゃった感アリアリ?というところです。ぶっちゃけ総括するなら3話アバンでやった5pb.のライヴシーンのワクワク感を返せと・・・(ブツブツ)。

 

超次次元ゲイム ネプテューヌRe;Birth1 《限定版》[PlayStation Vita]↓Amazonにて予約受付中!
91ydvts4zpl_aa1500_
913czwhgecl_aa1500_



アニメイトオンラインショップ
月額見放題1,000円開始バナー(画像ありver)

超次元ゲイム ネプテューヌ 第12話「明日への絆(ビヴロスト)」」への6件のフィードバック

コメントは受け付けていません。