閃光のナイトレイド 第6話「乱階の夜」

ついに本人が登場しましたね。高千穂勲。
Maru1273509759677
三木邸で葵に仕掛けた攻撃はなんだったんでしょうね。特殊な能力というよりも“心の一方”のように見えましたけど。気絶した葵に心で語りかけているところなどは兄妹で同じ能力を持っているのかな?とも思いましたが。

アジア各地の独立運動家を前に高千穂勲は当時の汎アジア主義の枠組みをも超えた大風呂敷を広げてみせました。悲願であり直面してもいる民族の独立を現実的な課題として抱える運動家達からは相手にされませんでしたが、手の内を隠して理念だけを語った彼には想定内のリアクションだったようですね。
Live1273510329204
始末しようと思えばできた葵を生かしておいただけではなく会合も傍聴させたのはなぜでしょう?リベラルな思想の持ち主である葵なら理解を示し、あわよくば味方にと考えているのか、単に葵を通じて桜井や陸軍上層部に宣戦布告するためだけだったのか・・・?彼の口ぶりからは満州事変を起こす派閥とは一線を画しそうな感じが今のところしますけど(というかあそこまで言っておいて事変を起こす方に加担するならホンマに口だけいうことになりますし)。

それと、妹も無理に引き入れようとはしませんでしたし、葵にメッセージを託しただけで会おうとすらしませんでした。部下の久世なんて100%敵と看做して攻撃を仕掛けるすらしてましたしね。もっとも、雪菜の方も葛に「(信してもらえなかったのが)たまらなく心外です」とキッパリ言ってるので、こういったところは似た者兄妹なのかもしれませんけど(笑)。
Live1273509926691
1005110150320450
Maru1273510477471

今まで回想シーンに登場しただけですでに鬼籍に入っていると思わされていた葵の婚約者が、最後に高千穂勲が右翼の大物を見送りに来ていた港に姿を見せていてましたね。その前にも葵に日傘だけを見せていたり、雪菜の精神に感応して茶館の地図を置き土産で残していったり。生きているだけでも予想外でしたが、どうやらただの良家のお嬢さまというわけではなさそうで、そちらの方がもっと驚きだったりします。勲のグループに属しているのか全く別の目的なのか・・・前者の方がわかりやすくはありますが(だから身を隠すために死んだことにしたとか)、なぜ茶館の場所を雪菜たちに知らせたのかいうのもありますし(・・・あ~、それは男女の情とかあるのか)。いずれにしろ、葵の回想シーンではいかにもな深層の令嬢ぶりしか見せていませんでしたので、魑魅魍魎が跋扈する世界で彼女がどんな役割を担っていくのか注目ですね。回想で屈託のない笑顔を見せていた彼女も港で佇む表情は憂いを帯びた影のあるものになってましたし。
1005110143560293
Live1273510553788

来週は地上波では特別編「預言」を流し、第7話「事変」はストリーミング配信だそうです。現場スケジュールの都合なのか別の大人の事情なのか・・・役者も揃ってこれから佳境に入っていくと思っていただけに、なんかすっきりとしない放映形態ですね。見れるだけマシではありますが・・・。



閃光のナイトレイド 第6話「乱階の夜」」への21件のフィードバック

コメントは受け付けていません。