のんのんびより 第4話「夏休みがはじまった」

今話はれんげ回。れんちょん、めちゃめちゃ気合入ってます!
「とあーッ!」
「なんか〜、飢えた熊みたいに取ったな」
・・・なして作画まで気合入っとっとねwww
13833259690347001
0206040946
13833259690347002
2904
13833259690347003
13833259690427001

そして、なにげに宮内家三姉妹の次女ひかげの初お目見え回でもあったわけですが、ご覧のようにちょこっと東京の学校に通ったくらいで都会風吹かすような、姉の一穂とは違うベクトルで残念な娘です(笑)。れんちょんが末っ子かつ年齢のわりにしっかりしてるのも、両親が農作業で忙しいのと歳の離れた姉2人がソコソコ賢そうでいて揃ってダメ人間だからかもしれません(爆)。
13833259690832003
13833259690871002
13833259690984002
13833277770045002
13833277770045003
13833277770136004
13833277770136005
13833277770136006
13833277770154002

さて、今回の残り3分の2は父親の実家に来たという石川ほのかとれんちょんとの交流エピソード。れんちょんが初見の相手に少し警戒心を抱くところ、地域内で歳の近い子が他にいないからコミュニケーションがとれはじめると機械に弱いことを素直に言ったりとことんフレンドリーになるところ、父親の仕事の都合で連絡もできないまま急遽ほのかが帰ってしまったことを知らされた後の様子、頭では仕方ないことだと理解しつつも心がついていかずに割りきることができない歳相応のリアクションを見せてたりしているのを、初めての風景と体験に新鮮で喜び一杯のほのかの表情の変化と合わせて細かく丁寧に描写してあってよかったですね。オチがほのかからのメッセージと写真という心温まるハッピーエンドだったのも、『のんのんびより』の作風に相応しい締めくくりでとてもいい演出だったのではないでしょうか。あと、ふと思ったんですが、石川の婆ちゃんから手紙を預かってきた一穂とれんちょんのやりとりとか見てると、この三姉妹って性格がどこかヘソ曲がりな一面があるのだけは似てるんかなぁ〜と(笑)。他にれんちょんのネーミングセンスとか何かしら残念な部分を持ってるところとか。
13833277770412002
13833277770412004
13833277770466002
13833277770466003
13833277770519004
13833277770558002
13833277770558003
13833277770578001
13833277770578002
13833277770578003
13833277770638001
13833277770726003
13833277770757001
13833277770807007
13833277770871004
13833277770961002
13833289060087002
13833289060157001
13833289060251003
13833289060251004
13833289060251005
13833289060274001
13833289060274003
・・・さて、次回は順当なら小鞠回なのでしょうけど、予告のカット絵を見るかぎりでは、どうやらアレをやりそうで・・・よりによってコマちゃん黒歴史をやるんか?www (ビジュアル的にはアニメ絵で動く美乳ほたるん期待w)

 

原作最新刊↓あっと『のんのんびより 6』 [Amazon]
Comics06




アニメイトオンラインショップ
月額見放題1,000円開始バナー(画像ありver)

のんのんびより 第4話「夏休みがはじまった」」への13件のフィードバック

コメントは受け付けていません。