RDG レッドデータガール 第12章「世界遺産の少女」

野々村が伝言した姫神憑き紫子の予言
「泉水子さんは、今日目覚める」
その泉水子の素の能力は波動を高いレベルで扱えるというもの。これは考え様によっては文明度が高まり科学技術が発達すればするほど絶大な効果を発揮しそうですね。だから未来人の泉水子=姫神は地球上の人類を滅亡させることができたのか、と。ただ、泉水子本人に自身の能力を的確に言語化して伝えたのが、彼女に浮気して言い寄ってくる真澄とは・・・彼はとことんトリックスターなんですかね?(笑)
1371657733999
1371657747392
0107440256

今回、最終話の大筋は深行が(中の人的に)バナージを彷彿させる奮戦ぶりで泉水子を深層から呼び戻し、互いの気持ちを確かめ合うところだったのでしょうけど、アニメ絵で見るとソ○○○○クのお父さん犬ポチにされた高柳がどうにも目立ってしまって真剣味が薄れるというか・・・(笑)。とりあえず今話で物語が締めくくられたわけですが、尺が12話しかなかったとはいっても、もう少し工夫して学園祭イベントに比重を置いた構成が採れなかったのかな、と残念に思います。全体の中でもこの部分が最大の見せ場だったでしょうに、原作未読でも中抜き加減がいろいろ見えてしまうくらいでしたし、かといって原作買ってまで知りたいと思うほどアニメで省かれたところが気になるかというと、そうでもなかったような・・・角川文庫創刊65周年記念作品と銘打つほどのインパクト残せたのか・・・。荻原規子さんのファンにはこのアニメ化がどう映ったんでしょうか?
13716568900562001
Ep1019668
Ep1019670
Ep1019671
Ep1019680
Ep1019684
Ep1019690
0121050870
0121170955
0122020359
0122240175
Ep1019705
Ep1019707
Ep1019710
Ep1019711

追記:最終話のエンドカードかこれかよ!?www だからこの親父は息子に嫌われるんだろうに(苦笑)。
Ep1019734
Ep1019737

 




アニメイトオンラインショップ
月額見放題1,000円開始バナー(画像ありver)

RDG レッドデータガール 第11章「はじめての拒絶」

「来ちゃダメ・・・でないと、みんな捕まる」
と直感で判断して深行にそう言い残した泉水子。高柳は彼女を丸め込もうとするも、策士策に溺れる(苦笑)なのか深行の名前を口にしたことで自身の洗脳を解いた彼女を逆に
「私のこと、コントロールできると思ったのね!」「そんな態度、絶対に許せない!」
と激怒させてしまった、という流れ。エンドカードが見事にそれを象徴していますね(笑)。
1371060532027
・・・というわけで、激怒した彼女が姫神の憑いてない状態にもかかわらず具体的にどんな事象を引き起こしたかは次の最終回に持ち越し。自分の能力を見せてしまったことで普通の女の子でありたいとの願いも虚しく絶望の淵に追い込まれた彼女がどうなるか?も次へ・・・。
Ep1012494
Ep1012498
Ep1012499
Ep1012505
Ep1012506
Ep1012511
Ep1012513

それにしても、尺が足りないとはいえ原作未読者にすら端折り過ぎと思わせるシナリオや構成は今更ながらになんだかなぁ・・・という印象です。真響が深行に提案を持ちかけたシーンも唐突に感じましたし、高柳のバックボーンに関する描写がこれまで殆ど無かったせいで、彼や泉水子をめぐる構図も単なる校内の派閥争いに矮小化されて見えますし・・・。

 




アニメイトオンラインショップ
月額見放題1,000円開始バナー(画像ありver)

RDG レッドデータガール 第10章「はじめての学園祭」

前回の八王子城跡での深行と姫神=泉水子のあの引きを見せられて、今回の始まりがいきなり寮に戻った深夜でのワンシーンでは、ガッカリ感というか端折られた悪い印象しか持てませんでした。それなりの大物作家の作品を元にして角川文庫創刊65周年記念作品と銘打ってるわりには1クール12話しか割り当てられなかったことを今更どうこう言ってもはじまりませんが、ここに限らずエピソードの取捨選択や演出での圧縮を篠原監督やシリーズ構成と脚本を一手に引き受けている横手さんがもう少しどうにか工夫できなかったのか・・・残り2話、この作品最大のクライマックスに向けて個人的には不安が一層募る内容でした。
0100430778

とりあえず今回の話で泉水子と深行の関係性の変化以外にわかったのは、誰かがというか高柳なんでしょうけど八王子城合戦の怨霊たちを学園祭開始時には学内に呼び寄せていたらしいこと、真澄が真響を無視して学内にある呪術の気配を察知していながらも便乗してトリックスター的なことをやらかそうとしているっぽいこと、くらいでしょうか。クラシック音楽で例えるならコーダの前にクレッシェンドかけていく・・・つもりなんでしょうけど、そう見えないのがなんとも・・・。
1370448756354
1370448785239
1370448817142
1370448994500
1370449022485
0125000853
0125080673

 




アニメイトオンラインショップ
月額見放題1,000円開始バナー(画像ありver)

RDG レッドデータガール 第9章「はじめてのお披露目」

姫神様はショタコンでした。 ・・・いや、泉水子に憑依した姫神が深行に誘惑するような素振りを見せていたのがあまりにハマっていたので・・・日本の神話に出てくる八百万の神々は妙に人間臭いお歴々が揃ってますけど、この作中での姫神はオリジナルが実在のレディでしたという・・・自分の眷属から老人扱いされて怒るし、鈴原で間に合ってると言う深行に拗ねてみせるとことか、どこのワガママ熟女お嬢様ですかと(ゲフンゲフン)。
Ep1000901
Ep1000907
Ep1000919
Ep1000922
Ep1000924
Ep1000929
Ep1000933
Ep1000936

閑話休題。

いうなれば人生のリセット2回目という姫神の昔語りを見ていて私がパッと連想したのがガンダムXに登場するファースト・ニュータイプでした。アチラの彼は遺伝子レベルまで解体して月面基地にシステム化して置いといたということになってましたけど、この作品でもオリジナルは1人の人間で、先代の姫神も脳と卵巣だけを取り出して他は処分したにもかかわらず人類滅亡という効力を発揮した、それが今話で明らかにされたわけですが、こういった設定があるのに原作未読でも元から話がかなり端折られてるように感じてしまうのが勿体ないですね。

ここからは原作未読な私の憶測ですが、前話で九頭龍大神を封印したようなスピリチュアル的能力はオリジナルが一度死んでからの後付けみたいなもので、先天的な能力は1話で泉水子が無意識にコンピュータールームの電源を全てシャットダウンさせたような機械類や電子機器を無効化する何らかの物理的なパワー、なのかなと。’80年代の漫画『パイナップルARMY』で最後のエピソードにトラックコンテナ1台分の使用済み核燃料をブリュッセルで爆破させることで欧州全土を壊滅しようとするテロ組織云々がありましたけど、そこまでしなくとも、一定地域の電源とコンピューターを一斉にシャットダウンしたらどうなるかというのは一昨年のことを思い出せば容易に想像つきますからね。電気も自動車もなかった近世までならいざ知らず、科学技術が高度に発達して人間の生活がテクノロジーに依存すればするほど効力を発揮し人類の脅威となる、そういったのが先天的な姫神オリジナルの能力なのではないでしょうか?

さて、残すもあと3話となりましたが・・・原作の分量を考えると2クールは欲しかったですかね、やっぱり・・・。

 




アニメイトオンラインショップ
月額見放題1,000円開始バナー(画像ありver)