ロクでなし魔術講師と禁忌教典(アカシックレコード) Lecture Ⅻ 「見つけた居場所」

あらあらまぁまぁ、最終話でバーナードとクリストフの出番を作ってくれるとは思ってませんでしたわ。原作でも「天使の塵(エンジェルダスト)」の操作と中毒者退治やってましたけど、こんなシチュエーションではなかったですし、グレンとの再会ももっと後(原作7巻)でしたから。隠密任務たる特務分室のメンバーがホイホイ一般人の前に現れちゃいけないはずなんですが、最終回だからオールキャストしたかったんでしょうけど、これはこれで嬉しい。
14979790900773003
14979790900773008
14979790900804002
14979790900804007
14979811440913003
14979811440913004

今回のエピソードのキモの1つは「見つけた居場所」というサブタイトルが示唆しているように、ジャティスとの泥沼のバトルが続くにつれてグレンが暗黒面に堕ちかけるのを、システィが頑張って引き摺り上げるところにあると思うのですが、システィ推しのアニメスタッフ流石というかw

でも一点だけ不満。
セラはグレンを庇って身代わりに殉死したんです、ジャティスの策略で2人だけ孤立させられて路地裏に大勢のエンジェルダスト中毒者に囲まれた中で。『メルガリウスの魔法使い』に出てくる正義の魔法使いに憧れていたけど現実は血み泥の薄汚い世界で、短期間で随分と精神を摩耗させられたけど、でもセラだけはグレンの夢を応援してくれて、だったらせめてそんなセラ―――彼女は彼女で自分の一族が長をやってた故郷をアルザーノ帝国の敵対国たるレザリア王国に攻め滅ぼされたので奪還したかった―――だけでも「僕には守りたいもの、守るべきものがあるんだ」してあげたかったのに、逆に守られて死なせてしまったので、ボッキリ心を折られたグレンは終に辞職した経緯があります。短い回想の描写だけど、そこは大事にしてほしかったでし。そもそもセラって“風の戦巫女”と異名をはせるくらいには実力者だったわけで。
14979790900950001
14979790900950002
14979790900950003
14979790900950004
14979790900950005
14979790900950007
14979811440993008
14979811440993009
14979811440993010
14979811440993011
14979824050007001
14979824050007002
14979824050007003
そんなこんなの最終話でしたけど、ラストはうまく改変してきれいにまとめられてたのではないでしょうか。原作でも“禁忌教典(アカシックレコード)”が何か明かされてない等々積み残してる部分も多いので。

今回のエンドカードはコミック版の作画を担当されている常深アオサ[@aosassa]さん。
0056550166

そして最終回の締めはやはり三嶋くろね[@mishima_kurone]さんでした。
1497974255484

51zfe2rsd9l81sin8vww8l

 




ロクでなし魔術講師と禁忌教典(アカシックレコード) Lecture Ⅺ 「決戦! 魔導兵団戦」

執行官ナンバー9《隠者》のバーナード=ジェスター(オッサンの方)と執行官ナンバー5《法皇》クリストフ=フラウル(やや緑がかった髪の美少年クン)、2人ともアルベルトと同じく特務分室でのかつてのグレンの同僚です。私の気分的にはキタ━━(゚∀゚)━━!!なのですが、残念ながらアニメの範囲では改変しなければ出番は今回限りなのが・・・特にバーナードのオッサンは入隊したてのグレンに帝国式軍隊格闘術の手ほどきをした師であり、かつ想像だけどグレンに酒やら悪い遊びやらイケナイことも教えた張本人っぽい愉快なキャラで、クリストフとのボケツッコミトークも面白いのですが、2期でもやらないとアニメで見れないのが残念だなぁ〜なのです。
14973743300791012
14973743300815001
14973743300815002
14973743300815003

さて、魔導兵団戦演習等々あった今話、セラの回想はたったそれだけ〜?!短すぎる(プンスカ)
14973743300900005
14973743300970006
ついでに愚痴ると、アニメではシスティ推しのワリを喰ってルミアの扱いが雑なんですよね。ルミアがバークスやレオスに見た第一印象(禍々しい狂気)を抱く場面、出すなら出すでストーリーの中にキチンと織り込んでほしかったのですが、なんかそこが中途半端。原作では彼女の直感を胸にしまいこむだけにはしておかなかったんですけど。
14973743300791005
14973743300791006
14973743300791008

それはさておき、レオスの顔、演習後にグレンに決闘を申し込んだ時や帰途の道についてた時には目の下に大きなクマを生じさせてましたが、夜更けにグレンとシスティの前に現れて乱入した青年の顔は色艶もよく、本来のレオスではありえない能力を使ってグレンを一蹴し、持ち得ないはずの情報でシスティを脅迫しました。一見さんでもまるで別人みたいと印象づけるシーンでしたが、実は“〇〇みたい”が“〇〇みたい”じゃないっていうのが次回最終話のキモです。お楽しみに(笑)。
14973724200759001
14973724200817003
14973724200817007
14973724200858001
14973724200858002
14973724200858008
14973724200897001
14973724200897002
14973724200919001
14973724200919004
14973724200938002
14973724200938003
14973764760018002
14973764760018006

今回のエンドカードは涼香[http://www.ryohka.jp/]さんでした。ルミアのお胸でかっw 「水着の中に手を入れる案がNG出たのは内緒です」だったそうですがwww、おっぱいおっきいルミアだけでも涼香さんGJですっ!
1497369436812

 




ロクでなし魔術講師と禁忌教典(アカシックレコード) Lecture Ⅹ 「逆玉!?」

早いものでアニメ版『ロクでなし魔術講師と禁忌教典』も10話目、原作5巻を元にしたラストエピソードのはじまりです。んでもって、セラ=シルヴァースの声に誰をあててくれるんだとうと思いきや、寿美菜子さんですか、そうですか(ニヤニヤ)。原作を読んだ印象では、セラはルミアとシスティの(性格と頭脳・能力と見た目のプロポーションと)良い所だけを取り出して足して2倍したような姉キャラ的お嬢さんwで、作中で既に故人になってるのが本当にもったいない女性ですし―――なんであんなゲスい眼鏡男の手にかかったんでしょうねぇ・・・神様は不公平ですよねぇ・・・―――、アニメ画で早く全身像を見てみたいですね。
0052080979
191505
0053060344
0053100839
0053180104
14967677170811008
0053310154
0053340647
0053350797
191758
14967677170821003
14967677170821004
14967677170821005
14967677170821006
14967677170821007
ところで、図書館でセリカとシスティが偶然出くわして、セリカが励ましの言葉をかけたシーンはアニオリです。しかも、
「何か成す者とは、歩み続ける愚者である。成せぬ者とは、歩みを止めた賢者である。」
という粋なモノ言い。セリカが言う“愚者”とはもちろんタロットで表されるような大それたものではなくて、どっかのグータラ息子wを指しての比喩表現みたいな、要は困難であっても夢を諦めるなみたいなニュアンスってことでしょう。システィと彼女の祖父レドルフの研究道をバッサリ切り捨てたレオスにグレンがマジギレしたことといい、つくづく似た者同士な師弟コンビでやんすw
0036190203
0036400452

今回のエンドカードは、なんと、つなこ[http://mayo.warabimochi.net/]さんでした!「アニメの担当スタッフさんがネプアニメと同じ方」という縁だったそうですが、ググってみると、あぁ・・・プロデューサーさんか。
1496764629771

91d1pax6yll640

 




ロクでなし魔術講師と禁忌教典(アカシックレコード) Lecture Ⅸ 「生きる意味」

“シオン”と聞いて

♪シオン 僕が内緒でつけた
シオン かわいい君の名前
秋の夜に まつ毛ふせる
あの花に とても 似ているから♪

なんて曲(沢田聖子「シオン」)を思い起こせる人はかなりレアでしょうけど、それはさておき、リィエルがイルシア=レイフォードから引き継いだ記憶の封印を解くキーワードが“シオン”だったというのはもう少しわかりやすく明示してほしかったし、イルシアが息を引き取る際の最期の言葉でリィエルの保護をグレンに託したところは省かないでもらいたかったけど・・・この辺の取捨選択はなかなか難しいものですね。
14961650260105006
14961650260105007
14961650260105008
14961650260119001
14961650260972006
14961650260972007
14961666700037001
14961666700037002
14961666700037004
14961666700037006
14961666700037008
14961666700078004
14961666700078005
14961666700078006

ついでにもう1つ、『Project: Revive Life』のみに拘っていたバークスやライネルと違って、エレノアには別の真の目的があって、そのためにルミアの体から何かを抽出して結晶体にしたものを大事にして逃走したのですけど、ぶっちゃけその先は原作でもフラグをちょっと立てた程度の、まだ足を踏み入れていない未知の領域なので、だからでしょう、彼女のモノローグはアニメではカット&改変されてしまいました。気になる方はぜひ原作ををばw
14961666700399008

今回のエンドカードは藤真拓哉[http://www.fujimatakuya.com/]さんでした。
1496159825298