ロクでなし魔術講師と禁忌教典(アカシックレコード) Lecture Ⅴ 「女王と王女」

今話、起承転結の‘転’といったところでしょうか。ルミアとグレンの大ピンチその2なエピソードですが、この危機を切り抜ける鍵は、アリシア女王がホンマはエルミアナ王女もといルミアのことが可愛くて可愛くてしかたがないほど深い愛情を未だに持ち続けている心中を、グレンが軍役を退いた今でも断言できる程度に理解していて、その一点に関してはアリシアを絶対的に信用していることにあります。そして、その一方で、アリシアのグレンに対する信頼の大きさもまた然り。アルベルトとリィエルの登場で今回のエピソードの役者も揃いましたし、次回でどのように幕引きをうまく見せてくれるのか、脚本と演出の腕の見せ所ですね。
14937457540698004
14937457540749003
14937457540749008
14937457540778001
14937457540778008
14937457540801001
14937457540801002
14937457540801003
14937457540801004
14937457540843004
14937457540843005
14937457540843006
14937457540878001
14937473680211010
14937473680241003
14937473680241005
14937473680314001
14937473680314007
14937473680343004
14937473680343007
14937473680374001
14937473680374004
14937473680374006
・・・それにしても、リィエルの破壊力はアニメ画で見ても凄まじいですな(苦笑)

今回のエンドカードはこぶいち[https://twitter.com/kobuichi]さん↓でした
1493740616943

 




ロクでなし魔術講師と禁忌教典(アカシックレコード) Lecture Ⅴ 「女王と王女」」への8件のフィードバック

コメントは受け付けていません。