咲-Saki-全国編 第1局「上京」〜第13局「旧友」

逐一書くはずが結局できなかったので、総括みたいな感じで。

“全国編”と銘打ってはありましたけど、原作がまだ準決勝の途中ですし、今期は1クールと表明されてたので、大まかなストーリーはアニメ1期を補完した全国大会前のエピソードと大会2回戦の試合だけだったのは想定通り。でも原作に目を通してたからわかっていたこととはいえ、なんとも呆気ないような盛り上がらない終わり方でしたね(苦笑)。清澄と共に勝ち上がったのは宮守女子でも、ましてや永水女子でもなく、姫松。準決勝で臨海女子と当たらせるには、ぶっちゃけ一番物足りないところ・・・違う言い方をすれば、見せ場がほとんど無かった永水女子の“神代小蒔”の存在って結局何だったの?としか思えない。準決勝の先鋒戦で臨海女子の辻垣内智葉が「あなたのお家って博徒の家系ですか?」と言いたくなるくらい百戦錬磨の勝負師的な強さを発揮していたので、尚のこと彼女に姫様をぶつけてみた試合を見てみたかったんですよね。姫様のCVが早見沙織さんだったので、余計にそう思ってしまったり(笑)。大将戦での締まらない幕切れといい、原作者には文句の1つも言いたくなるところですが、まぁ終わっちまったもんはしかたない・・・。姫様は個人戦にもエントリーしてるっぽいですけど、その個人戦のエピソードが何時になるのやら・・・というか今の激遅ペースで連載されることなんてあんのかしら?
13897204380078003
0155450734
0158330025
1391359325165
1391359337632
1391359338691
1391359398409
5247
1391359386082
1391359390480
1391359416577
1391359440640
1391359444628
1391359492653
1391359496647
1391359523058
1391359576715
さて、企業的には『咲-Saki-』シリーズでまだまだ稼ぎたいでしょうからアニメも遠くないうちに準決勝・決勝とやっていきたいのかもしれませんが、ただでさえ筆の遅い立っつぁんにスピンオフまで負わせているから、肝心の本編が・・・円盤の売上が右肩するようなら無理にやらんでもというのが私の意見。勢いが既に頭打ちな当作品に何時までも引っ張られるよりも、小野―浦畑コンビには『境界線上のホライゾン』の続編を期待してるんですよね。どういう大人の事情が働いたのか知りませんが、監督が小野さんと発表されたことで期待していた『魔法科高校の劣等生』には浦畑さん来なかったし(ブツブツ)。

 





咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A 第12局「約束」

この人もしかして・・・姫松の愛宕姉妹のオカン?
1341158789468
1341158799866
洋榎に顔を似せてるくらいやから、母親か年の離れた姉と思うのが普通ですが・・・。

それはさておき、怜がトリプル発動で見えたもの、それは
「ここでくるんか・・・阿知賀、松実玄」
亡き母との想い出からなかなかドラを捨てられなかった玄がドラを切る決断を下して勝負に打って出て、照に直撃でロンしたところで先鋒戦終了。まぁ予想通りの展開でしたけど、これまで千里山サイドの回想シーンが多すぎて、せっかくの玄がドラを捨てる決断して照に16600点の直撃をかましたシーンも少し霞んでしまったような・・・(苦笑)。
1341159281026
1341159294141
1341159303741
1341159310595
1341159457516
1341159531720
1341159546280
1341159622707
1341159629956
1341159748741
1341159754523

この時の解説でのすこやんの
「私も高校生の頃、跳満以上のダメージを、1度だけ受けたことがあります」
云々の台詞は、晴絵の伏線回収というところでしょか。
1341159771750
1341159784501

そして最後は怜を乗せた救急車を見送る阿知賀メンバーと和が偶然再会、決勝で相見えることを穏乃と和で約束し、宥が次鋒戦に望むところで終わり。あそこで再会シーンがなかったら阿知賀のモチベーションが千里山のそれを下回ること必定だったので、ストーリー展開的にはよかったと思います。
1341159967820
1341159987148
1341160000818
1341160042416
1341160047444
1341160163468
さて、この続きなんですが・・・小野&浦畑コンビもStudio五組もそれぞれに仕事抱えてますし、そもそも立さんの進みが遅いしで、
「まだまだいくよ!」
ったって、一体何時になることやら・・・(苦笑)。
1341160385739

 




アニメイトオンラインショップ
月額見放題1,000円開始バナー(画像ありver)

咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A 第11局「決意」

「捨てゴマ、まかされましたぁー!」
・・・すばらさん漢っす!マジ漢っす!!w
ココとこの後の
「でも一つだけわかっていることがある。
自分が納得できるほう!誰もトバさせない!」
がカッコよかったですね。新井さん、GJでした。
1340554397358
1340554457221
1340554469444
1340555252621

・・・というか、怜とすばらに美味しいところを持っていかれてる感じで、自分が1度も和了れてないことを気にするあまり視野狭窄な状態でモブ同然になってしまってる玄ちゃんの扱いがあまりにあんまりなんですけど・・・(苦笑)。漫画版と違って怜がトリプル発動させるところでバッサリBパート切られてしまいましたしね(その3巡先に見えたのが・・・だったのに)。竜華の叫び声なんて別にいらなかったのに、そこまで千里山プッシュというかStylipSプッシュせんでもええやろ思いましたが・・・次話で先鋒戦終わるのでしょうけど、この先鋒戦の落とし所がどうなるのか少し不安ではあります。
1340555257508
1340555354841
1340555388882

それとCパートで西田記者が出てきたのには驚かされました。どういった役回りなのでしょう?和と阿知賀チームとの引合せとかでしょうかね・・・。
1868
1874
・・・というか1年生組が直接会場に来ているだけでなく同じ部屋でTV観戦していた久・まこと福路・池田の会話内容から察するに、(まぁ当然わかっちゃいたけど)清澄が2回戦を勝ち抜けたのは確定なのねという本編ネタバレがさりげなくあった今話でもありましたとさ。まさかまこの広島弁が阿知賀編で聞けるとは思いませんでした。
1340554781031
1340554793647
1340554802963
1340554810034

 





アニメイトオンラインショップ
月額見放題1,000円開始バナー(画像ありver)
全巻読破.com

咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A 第10局「連荘」

怜が二巡先読みにチャレンジするところで今回は引き。阿知賀編と銘打ってあるのに、まるで千里山というか怜が主人公のような回でしたね。ちょっとしたサービスシーンもありましたし(笑)。
1339950427117
1339950433685
1339950441730
1339950447724
1339950554600
1339950581940
しとらす的には変なイントネーションの関西弁を聞かされるのは不快なのでアニメで千里山にはあまり長々とスポットライトをあててほしくないんですけどね(苦笑)。あと実況アナがリアルのサッカー中継でのそれ以上にウザいのはなぁ・・・漫画だと読み飛ばせてもアニメは否が応でも聞かされますからねぇ。

さて、照攻略の緒がわずかにでも見えた?とまではいいのですが、だからといって器用に打ち筋を変えてみるとかできないので結局は焼き鳥状態で涙目の玄。公式サイトの小野監督と浦畑さんのインタビューによれば先鋒戦は12話まで使い切るそうですが、残り2話の中で玄が一矢報いる場面がもしあるのなら、そこに至るまでのプロセスも運任せでなくそれなりにポジティヴな感じで描いてほしいですね。玄の手牌にドラが集まる能力は照相手にも一応通用してるようではありますが、現状では怜と煌しか攻略の模索をしていない印象が強いのはなんだかなぁ・・・と思いますので。
1339949419795
1339949429862
1339949442459
1339950231206
1339950241036
1339950253146

 




アニメイトオンラインショップ
月額見放題1,000円開始バナー(画像ありver)
全巻読破.com