三雲岳斗『ストライク・ザ・ブラッド』15巻発売、“聖殲編”完結!

昨日5月10日に『ストライク・ザ・ブラッド』15巻〈真祖大戦〉が発売され、著者の三雲さん曰く第一部最終章の完結となりました。前巻・前々巻まではちゃんと伏線回収できるのかいなとハラハラしましたが、今回は頁数もかなり厚目で、

続きを読む

ストライク・ザ・ブラッド 第22話「錬金術師の帰還篇 3」

う〜ん、前回・前々回もそうでしたけど、今話はクライマックスを含めてでしたから、余計にセカセカした進め方のようでした。テンポは悪くなかったからストレスはありませんでしたけど、‘十二番目(ドゥデカトス)’が出現して暴走しはじ

続きを読む

ストライク・ザ・ブラッド 第21話「錬金術師の帰還篇 2」

買ってきたばかりの『ストライク・ザ・ブラッド』の原作10巻を読んでからアニメで夏音ちゃんのシーン見ると、ついニヤニヤしたくなるのは気のせいでしょうか?(笑) 10巻ではあ〜んなことになってましたし、前話で古城に下着の好み

続きを読む

ストライク・ザ・ブラッド 第20話「錬金術師の帰還篇 1」

ランジェリーショップでのお買い物で、 「本当に来ないの・・・ですか? お兄さんがどういうのが好きか知りたい、でした」 と夏音が古城におねだりする台詞、原作にはありませんでした。アイスを食べてる時のやりとりは一部省かれてま

続きを読む

ストライク・ザ・ブラッド 第15話「蒼き魔女の迷宮篇 3」

ラ・フォリアの 「困りましたね、紗矢華」「これでは、わたくしが世継ぎを作れません」 が削られたらどうしてやろうかと思いましたが、さすがにそこは外しませんね(笑)。 紗矢華が女体化した古城を見て驚くシーン、なにもガニ股にし

続きを読む

ストライク・ザ・ブラッド 第14話「蒼き魔女の迷宮篇 2」

ラ・フォリア本領発揮(笑)。頭脳明晰、ヴァトラーを相手にしても腹の探りあいで後れを取らない強かさがあって悪戯好きともなれば腹黒王女と呼ばれるのも仕方のないところですが、空気読めるというか然るべき時には分をわきまえてるいう

続きを読む

ストライク・ザ・ブラッド 第13話「蒼き魔女の迷宮篇 1」

雪菜と凪沙のクラスの担任教諭、笹崎岬。“仙姑(せんこ)”の異名を持つ武闘の達人でもあるのですが、原作の挿絵で今まで描かれたことがなくて、ビジュアルは実は今話が初お披露目だったりしたのですが、まさかこんな大胆な服装だとは思

続きを読む

ストライク・ザ・ブラッド 第12話「天使炎上篇 4」

アルディギア現国王の過保護な親馬鹿っぷりを示す 「父がわたくしを誰にも嫁がせないと言い張るせいで――」 「うちの娘に手を出す不埒者がいれば、騎士団と軍の総力をもって叩き潰すと。その覚悟があるならかかってこいや、と父は申し

続きを読む

ストライク・ザ・ブラッド 第9話「天使炎上篇 1」

原作3巻にあたる「天使炎上篇」が今話からスタート、ようやく花田十輝の呪縛から逃れてホッとしながら見てたんですが、ビジュアル的には浅葱の下着姿とか研究室で素っ裸にされてた初登場キャラの夏音あたりに目が行きがちなんでしょうけ

続きを読む

ストライク・ザ・ブラッド 第8話「戦王の使者篇 4」・・・能無し花田十輝のせいでクライマックスもご破算(怒

あぁもう、花田十輝に原作2巻を丸投げした責任者はマジで屋上に来い (゚Д゚#)ゴルァ!! ・紗矢華について 彼女の男嫌いの理由と獅子王機関が彼女を絃神島に送り込んだ真相、2つの大事な要素をカットした時点でアウト。紗矢華

続きを読む

ストライク・ザ・ブラッド 第7話「戦王の使者篇 3」・・・花田十輝にシリアスとアクションの才は欠片も無く・・・

なんつーか、もう・・・本来であればもっとテンション上がってるはずが危惧していた以上に緊迫感に欠けた薄味な出来になってしまってましたね。 ・・・ですから・・・ こんな糞シナリオ書いた花田十輝はちょっと表に出てもらおうか(怒

続きを読む

ストライク・ザ・ブラッド 第4話「聖者の右腕編 4」

これから先、山場のシーンで何度も聞くことになる古城と雪菜の決め台詞 「ここから先は、第四真祖(オレ)の戦争(ケンカ)だ!」 「いいえ先輩、わたしたちの聖戦(ケンカ)です!」 ・・・と今話でアニメ初となる2人のこのシーンま

続きを読む

ストライク・ザ・ブラッド 第1話「聖者の右腕編 1」

電撃文庫からリリースされている三雲岳斗『ストライク・ザ・ブラッド』のアニメがはじまりました。これはアニメが始まるまでになんとか原作(既刊の8巻まで)読み終えられました。既読の方はいろんな連想が浮かんだと思うのですが、私の

続きを読む