ストライク・ザ・ブラッド 第5話「戦王の使者篇 1」

「それならもう1人いると思うんですけど!もう1人いると思うんですけど!!」
・・・電撃文庫創刊20週年記念ということで今秋に発売された公式海賊本『20de20』、レーベルを代表する作家さんたちがそれぞれに書き下ろしの短編小説を投稿されてますので、通販等で購入された方も多いのではないかと思いますが、ここで三雲さんが『ストライク・ザ・ブラッド』で書いたのは20年後から誰かさんと誰かさんの子どもがやって来たというifモノで、それを読んでから今話のあんなのやこんなのやを見てたらニヤニヤが止まりませんでした(笑)。零菜と萌葱がエレベーターでの会話とか見たら何と思うかなぁ〜とかwww 前者はメインで書かれてたように性格がパパよりっぽいのですが、後者もどちらかというとパパ寄りのような気がしなくもなくて・・・ヴァトラーが意味深な挨拶をしてきたところで引きでしたけど、今回の脚本を担当したのが『カンピオーネ!』のアニメを駄作化した張本人の1人だったことに大きな不安を憶えながら思考を脱線させつつ見てました。5話だけならまだしも原作2巻該当の残り3話もとなると、古城の口癖じゃないですけど勘弁してくれと・・・ただでさえ作画がヤバめになってきてるのに嫌だなぁ(浅葱とちょろいさんの扱いががががが)。
1383322769490
13833181010208006
13834202040289005
1383443259481
13834213970613002
13834213970707006
13834213970749004
13834213970749006
1383321097178
13834213970749007
13834213970781002
13834213970781006
13834213970847006
13834213970913010
13834213970936002

 

10月10日発売の原作最新刊↓三雲岳斗『ストライク・ザ・ブラッド 〈9〉 黒の剣巫』
51ajvpknw2l_sl500_aa500_





アニメイトオンラインショップ
月額見放題1,000円開始バナー(画像ありver)

ストライク・ザ・ブラッド 第5話「戦王の使者篇 1」」への10件のフィードバック

コメントは受け付けていません。