ストライク・ザ・ブラッド 第6話「戦王の使者篇 2」

クソTBSのおかげで6話が1週遅れの放送になってしまった関西圏。1週間先まで待てるはずもなくMBSより先にニコ生で視聴したのですが・・・

『カンピオーネ!』の悪夢再びというか、花田十輝がまたまたヤラかしたいうか・・・

前回ではカットに順序入れ替えとかかなり改変されてヴァトラー登場で引きでしたけど、この後もただでさえイベント盛り沢山で尺が足りないってのにアバンは前回の引きのリピートという時間の無駄遣いをし、あげく今回もまた区切りどころが中途半端。原作2巻にあたる「戦王の使者篇」は前編と比べてバトルのスケールが桁違いに大きくなるので、その戦闘シーンを見栄え良くするためにも、どうせ4話しか使えなくてカットの嵐になるのなら、せめて原作2巻の第2章が終わるところまではストーリーを進めてくれた方がまだマシだったのですが・・・「戦王の使者篇」は4回とも花田十輝が担当という情報をどこかで見た気がするので、もしかすると構成まで彼にお任せしてしまったのでしょうか?だとするなら、後々困るような構成にしてしまった花田はやっぱりセンス無い破壊神としか思えないし、彼に原作2巻丸々任せる決断を下した人間の責任も大きいですね。オリジナルは中堅作家の手によるだけあって充実した中身で面白かったし、アニメでもメインキャラの声優さんたちがそれそれに頑張って個性を上手く表現してるし、劇伴BGMもここまでは雰囲気を壊すような下手はうってないしで、作画がイマイチなのくらいだけなら大目に見るつもりでいましたが(今話では那月ちゃんの仕事部屋の様子が見れただけでもGJかな?w)、構成とシナリオがダメダメでは・・・紗矢華役の葉山さんなんかツイッター読むかぎりメッチャ気合入ってるっぽいのに、彼女の活躍の場がシナリオで表現できないというのは不憫や・・・もちろん紗矢華だけでなく浅葱もなんだけど。
13846259540345002
13846268040047002
13846268040064001
13846268040107001
13846268040107002
13846268040107003
13846268040107004
13846268040323006
13846268040384001
13846268040538004
13846268040538006
13846268040610003
13846268040644001
13846268040683002
13846268040774003
13846271380148004
13846271380148005
13846271380352009
13846271380352011
13846271380376003
13846271380376006
1384628204422
13846271380402005
1384628269034
13846271380462010
3929
4020
4250
4409
13846271380516002
1384628435208
13846271380516003
13846271380516004
13846271380516005

 

10月10日発売の原作最新刊↓三雲岳斗『ストライク・ザ・ブラッド 〈9〉 黒の剣巫』
51ajvpknw2l_sl500_aa500_





アニメイトオンラインショップ
月額見放題1,000円開始バナー(画像ありver)

ストライク・ザ・ブラッド 第6話「戦王の使者篇 2」」への9件のフィードバック

コメントは受け付けていません。