たまこまーけっと 第11話「まさかあの娘がプリンセス」

たまこ本人の拒否権は誰も考慮しないのかと周囲の騒々しさに呆れつつ、彼女自身は恋愛の“れ”の字も知らないマイペースっぷりで、商店街ポイントで貰える景品のことしか頭にないという流れ。景品のメダルを紛失してたまこが大騒ぎしているところに偶然それを拾った王子が現れたところで引きでしたが、敢えて大真面目な言い方をするとシャーマンの託宣を覆すとしたら王権の行使とかに大抵は限られてくるわけで、次回の最終話でどんなオチが待っている?というところでしょうか。
13637934730601002
13637934730887002
13637942220532003
13637942220575001
13637942220575002
13637942220612002
13637942220612003
13637942220794001
13637942220794002
13637942220898003
13637942220898004
13637949650039003
13637949650039004
13637949650030001
みどりともち蔵の沈み具合は予想できたりアクションでしたけど・・・それにしても豆大とーちゃんは下戸だったのか・・・あの顔と性格からは想像できひんかったwww

 




アニメイトオンラインショップ
月額見放題1,000円開始バナー(画像ありver)

たまこまーけっと 第11話「まさかあの娘がプリンセス」」への22件のフィードバック

コメントは受け付けていません。