たまゆら ~もあぐれっしぶ~ 第12話「そして・・・旅立ちの季節、なので」

たくさんの「ありがとう」に彩られた2期の最終話。ふとしたことから楓が意識するようになった‘別れ’・・・でも今回の場合は‘巣立ち’と言った方が適切ですね。離れてはいくけれど自らの道をそれぞれが歩んでいく、そうしたのは別れで

続きを読む

たまゆら ~もあぐれっしぶ~ 第11話「今年もありがとう、なので」

今年も年末に開催することになった「私たち展」、そして、かなえにとっては最初で最後の「私たち展」。普通科の高校3年生ともなれば部活やってる人は引退するまでは受験勉強との両立で大変なのが相場でしょうけど、楓の写真部設立時に入

続きを読む

たまゆら ~もあぐれっしぶ~ 第7話「ついに、みんなで来たよ!なので」

今話の汐入編、ももねこ様が一番アグレッシブだったんじゃないのという印象でした。デンジャラスゾーン真っ赤っ赤なさよみ運転の車にヒョイと乗り込んで、横須賀に着いたらあちこち見て回るどころか女(雌猫)こしらえてハーレムしてるし

続きを読む

たまゆら ~もあぐれっしぶ~ 第6話「もう届かない笑顔を訪ねて、なので」

おぉ〜作中初の水着回か!?と思ったらすぐに尾道観光案内になって、それから和馬の元同僚や彼の提案がきっかけでB&Bスタイルの宿をはじめた老夫婦が語る、楓の知らない父・和馬の回想エピソードが語られてだんだんジワッと涙腺が緩く

続きを読む

たまゆら ~もあぐれっしぶ~ 第5話「明日のためにレッツフォト、なので」

今回のオチは顧問のむつこおねーちゃんでした。さよみが登場したのでオチも彼女担当かと思ってたんですけどね(をい)。まぁ顧問ったって新米教師だし応募の締切をちゃんと確認しなかったのもドンマイと思ってたのですが・・・次のコンテ

続きを読む

たまゆら ~もあぐれっしぶ~ 第2話「どきどきの新しい一歩、なので」

年度明け、2年では4人とも一緒に同じクラスのようです。写真部の設立も申請が無事に通ってなによりでした。まぁ心霊スポット云々とか変なの(笑)じゃないし、前年暮れに楓たちで私達展を開催した実績と堂郷先生のプッシュがあれば話も

続きを読む

『エキレビ』に「たまゆら」2期制作決定ということで佐藤順一監督へのインタビューが掲載

先日2期制作が発表されたアニメ「たまゆら」。既にご覧になられた方も多いと思いますが、exciteの『エキレビ』のコーナーに、3回に分けて「たまゆら」2期に関する佐藤順一監督へのインタビュー記事が上がってました。 私もいろ

続きを読む

たまゆら~hitotose~ 第12話「新しいひととせ、なので」・・・♪〜A HAPPY NEW YEAR〜♪

まさかの一番乗りは、ももねこ様!w 自分がモデルになった写真と絵にすっかりご満悦(笑)の様子でしたが、1ゲット狙いとかもうスペックすごいと思うんよ・・・さすがヌシさま。 というわけで、最終話は“私達展”→年越しという流れ

続きを読む

たまゆら~hitotose~ 第11話「聖夜のものがたり♪ なので」・・・お父っつぁんが最後に全部持ってったぁー!

えぇえぇ、Cパートで全部持ってかれましたさ(笑)。 こんなドンデン返しになるとはまるで予想外でした。 視聴者に涙顔のままで終わらせたくないというスタッフの心配りは大変ありがたいのですが(『たまゆら』のそういう作風が大好き

続きを読む

たまゆら~hitotose~ 第9話「ももねこさまの憂鬱、なので|失恋カメラ、なので」・・・ももねこさまVer.『男はつらいよ』?

AパートとBパートで随分と雰囲気が変わりましたね。7話で告白すると意気込んでたお姉さんのホロ苦い後日談があるとは思いませんでしたが、今回の肝はやはりAパートの方でしょうw 人語を喋らない代わりに表情と字幕で感情表現される

続きを読む

たまゆら~hitotose~ 第7話「竹灯りの約束、なので」・・・安芸の小京都にて“たけはら憧憬の路”

アニメに描かれていた竹灯りのイベントは毎年10月のようで、観光協会のサイトを見ると今年も先月末に実施されてたようですが、その代わり?今週末に 『たまゆらの日2011 ~おかえりなさい、あたたかな町へ~』 http://t

続きを読む

たまゆら~hitotose~ 第6話「それはいつかの日のこと、なので|そしてある日のこと、なので」

○「お好み焼き、食べたぁ〜い」 ×「そこそこ、おったまげた〜?」 ×「ドンドコ、ズンドコショ〜?」 ・・・「まだまだだな、おぬしら」 ・・・・・・って、そんなのわかるわけねーだろーがーーー!(爆) ・・・といった感じでC

続きを読む

たまゆら~hitotose~ 第5話「ちひろちゃんがきてくれたよ! なので」

ちひろが夏休みに竹原へ遊びに来ましたな回。いきなり降りる駅を間違えてましたが、こういう間が抜けているところや引っ込み思案なところとか、楓とちひろってわりと似た者同士な部分もありますね。 かおる達が手を差し伸べてもなかなか

続きを読む

たまゆら~hitotose~ 第4話「潮待ち島に聞こえる音、なので」・・・そうだ、大崎下島の御手洗に行こう

大長から御手洗へ向かう途中に描かれていた観光案内板が気になって少しググってみたのですが、御手洗は一時期瀬戸内航路の潮待ち・風待ちの中継港として大いに栄えていたそうですね。最盛期には藩公認の遊女屋4軒に100人以上の遊女を

続きを読む

たまゆら~hitotose~ 第3話「出現!たたかう女の子、なので」・・・出現したのは恋のライバル?!

香をめぐってのりえとこまちの愛憎劇が・・・なわけないですね(笑)。でも前回の堂郷といい、新キャラが騒々しいのばかりなのは何故でしょうか?w のりえだけでも充分賑やかなのに(しかも小学校低学年の挑発にやすやすとのっかってる

続きを読む

たまゆら~hitotose~ 第2話「やさしい香りに包まれた日、なので」・・・竹原の竹まつりは5月初旬だそうな

OVAとTVアニメの時系列をどう調整するんだろうと思ってましたが、結局OVA→2話という流れになりましたね。やはりというか、だからネット配信で見れるようにしてたのか。それと竹まつりは観光協会のサイト[http://www

続きを読む

たまゆら ~hitotose~ 第1話「わたしのはじまりの町、なので」/OVA 第1話〜4話まとめて

EDテーマの「神様のいたずら」をバックに、大好きだった父親を亡くして以来5年ぶりに訪れる街、一抹の不安を抱えたまま降りた駅で、足元の「おかえりなさい」の文字と、久しぶりに会う幼馴染のかおるが昔と同じように暖かく迎えてくれ

続きを読む