TARI TARI 最終話(第13話)「晴れたり 泣いたり あとは時々歌ったり」

いやぁ〜、ホンマに良い最終回でした。金の亡者にはもっとギチギチにいわしてほしかった気もしますが、汚い土俵に一緒に上がって同じ勝負(ウィーンの実家の財力に物をいわせるやり方)やってしまっては、せっかくの雰囲気というかこの作品の爽やかさが失われるでしょうし、美人秘書の前で恥をかかせて「今日のところはこれでカンベンしてやろう」ってところですかね?(笑)

それにしても合唱部の5人だけでなくて声楽部にバックコーラスやらせて吹奏楽部までオペラハウスの座付きオケよろしく駆り出し、当日も駐車場口を開ける手配をこっそりやっておくとか、高倉教頭も随分と女を上げましたね。おかげで予想よりもゴージャスな舞台が見られましたし、お客さんもたくさん入ったり雨上がりの背景を入れたり、開催直前まで様々な障害にぶつかりながらもラストとして最高に近い舞台がAパートで見られて、この作品なりの音楽のパワーの表現がされていたのは良かったですね。
1348407916314
1348407924415
1348407984818
1348407991372
1348407998350
改めて振り返ってみると、『TARI TARI』は音楽をキーとした和奏たち5人の友情と成長物語であると同時に、高倉直子の原点回帰と大人の教育者としての成熟物語でもあったのかもしれませんね。

それと、白祭に家族が来てるのは当然として、ケータイからのネット配信の生中継でコンドルクインズの3人も見てるカットが入れてあったのには、人の絆の深さの一端を見られた気がしてワンシーンながらもいい演出だと思いました。
1348407981864

アバンで小噺的な笑いをとってきたのはらしいといえばらしい、でしたけど、やや短めのBパートで5人のその後が描かれ、さりげない描写ながらもいろいろと想像や希望を持たせる内容だったのにも好感が持てました。大智と紗羽はちゃんと遠距離恋愛できるのかな〜とか(笑)。また、会話内容からも察するに天才肌だったまひると正反対の努力家タイプで似た者同士な和奏と教頭、その2人が個人レッスンの学生と教師として共にポジティヴに音楽に向き合っていこうとする姿も印象的でした。
1348408242902
1348408246922
1348408271893

そしてこの特殊EDの入り方、心地よい爽快感はもう言うことない素晴らしさです。ウィーンもヤンに再会できてメデタシメデタシ。セミの鳴く頃に「ただいま」と言って笑顔で帰って来た和奏というのがラストシーンでしたけど、父親や飼い猫の出迎える様子を見ると、彼女は無事に音大に進学したと受け取っていいのかな?ともあれ、スタッフの皆さん、良い最終回をありがとう!という感想です。
1348408419823
1348408436407
1348408449533
1348408595059
オリジナルアニメで質の高い作品が生まれ出会えるのは喜ばしいことです。個人的に『たまゆら』より少し山あり谷ありな起伏のある(そして悪役もいるw)物語という印象でしたけど、爽やかな明るさが一本の芯として貫いてあったのには好感が大いに持てました。

 




アニメイトオンラインショップ
月額見放題1,000円開始バナー(画像ありver)

TARI TARI 第12話「重ねたり 響いたり」

和奏の
「やろうよ!白祭」
の呼びかけから、歯車を回して牽引するかのように合唱部の5人が他の生徒をどんどん巻き込んでいく展開が熱くクレッシェンドしていくようで良かったですね。紗羽の土下座での懇願で地元商店街の大人たちまで味方に引き込み、親バカのお父ちゃんはポスター貼りに精出してるし(笑)。
1347807632254
1347807640085
13479005430079002
13479005430626001
13479005430698002
13479005430927001

それと、まひるの墓前での和奏と教頭の会話もなかなかに味のあるものでしたね。若かりし頃のピュアなハートを取り戻させるような会話の内容が好印象でした。
13479005430477002
13479005430477003
13479005430477005
これで残る障害はお天気(来夏が雨女だなんてねぇ・笑)と理事長ですね。天候はともかく、人の頬を札束で張り倒すタイプの権力亡者には、改心なんて生ぬるいものではなく、マネーパワーで倍返しするくらいの展開になってほしいものですが、さて、次回の最終話、どうなりますやら?

・・・で、オマケ↓ちゃんと自分のベストアングルを心得てる紗羽がある意味で凄いwww
1347802576612

 




アニメイトオンラインショップ
月額見放題1,000円開始バナー(画像ありver)

TARI TARI 第11話「満ちたり 欠けたり」

一瞬SAOか何かと見間違えたか思いましたが、違いましたね(笑)。
13472945700117003
13472967360243018

それにしても、音楽科だけでなく全校廃止(+学園祭も急遽中止)で金持ち老人向けマンション建設とは予想を超える展開でしたね。それでも最後に出来上がった楽譜を抱えた和奏が他の4人に笑顔で駆け寄って
「私、お母さんと作った歌を、みんなで歌いたい。
学校がなくなっちゃうのは、私たちの力ではどうしようもないけど、
それで私たちが終わっちゃうわけじゃないでしょ?・・・やろうよ!白祭」
と言うシーンは、(来夏と紗羽になし崩し的に引っ張られるだけだった)物語初期とは正反対でポジティヴにみんなを引っ張っていこうとする意志の強さと音楽に対する熱情とがはっきり現れていて、感慨深いものがありました。Cパートで曲を聴いてもらった後の満足した笑顔も良かったですね。
13472957330299003
13472957330299004
13472957330299005
13472957330299006
13472957330223001
13472957330223003
・・・さて、残すところ後2話。まさか和奏の曲を歌ってお終い・・・とはとても思えないのですが、どうなんでしょう?学校法人ってそう簡単には潰せないはずですし、ウィーンの実家の富豪設定をどこかで最後のカードとして切ってくるかと予想しているのですが・・・???

ところで、コレ↓見えてるよね〜、絶対(爆)。
1347200073420
1347200076406

 




アニメイトオンラインショップ
月額見放題1,000円開始バナー(画像ありver)

TARI TARI 第10話「萌えたり 燃えたり」

置き引き犯が自転車で逃げるのを捕まえるのにトコトン追いかけて、犯人に殴られて蹴られたウィーンが夕陽をバックに歌って立ち上がり、他の4人も追いついて歌いながら集まる、しかも和奏がハイトーン混ぜたりとか、ショウテンジャーでここまで開き直って突き抜けてくれたら、もう素直に笑うしかありませんてwww
13466915140039004
13466915140039005
13466915140095006
13466915140164001
13466915140164003

Bパート終わってみたら途中までのしんみりしたエピソードはどこ行ったんだ?!って感じでしたけど(苦笑)、作曲の相談で教頭が和奏に的確なアドバイスできたのは、2人が天才肌のまひるとは違って生真面目な努力家肌なところが似てるから同じような悩みで躓く、といったところでしょうか。自分の死期が近いことを正直に話したシーンは、まひる→教頭への想いが高校の頃と変わらないピュアな友情を見た気がして、少しウルッときました。
13466904460462003
13466904460517002
13466904460517004
13466904460576002
1346593706181
1346593712711

さて、学園祭が近づく一方で測量班が校舎に来ていましたけど、こちらはどう展開させて話を畳むのでしょうね?この進捗状況からひっくり返すなら上手にマネーパワーを絡めないと薄っぺらいだけで終わる気もするのですが・・・。
13466915140164012

 




アニメイトオンラインショップ
月額見放題1,000円開始バナー(画像ありver)