2015年12月31日(木)のツイートまとめ

出かけるのが億劫で、今年も年越しは家の中(苦笑)。買ってはいたけど未見だったプッチーニの『西部の娘』のブルーレイを観てました。ニーナ・シュテンメ目当てで買ったこのディスク、演出はオーソドックスっぽかったし、スウェーデン王

大貫妙子『Library Anthology 1973-2003』、尾崎亜美『ザ・プレミアムベスト 尾崎亜美』

『たまゆら』2期はOPが大貫妙子[http://onukitaeko.jp/]さんでEDが尾崎亜美[http://www.ozaki-amii.com/]さんが曲を提供したという、私らの年代からしたら1期同様に涙モノのシ

パット・メセニー・ユニティ・バンド『Unity Band』 [※第55回グラミー賞受賞作品・その1]

第55回グラミー賞[http://www.grammy.com/]が発表され、授賞式も滞りなく終わったようですが、クラシック系の部門で受賞した作品からピックアップして紹介しようかと考えていた矢先、よく見るとベスト・ジャズ

トゥーツ・シールマンス/Live at Le Chapiteau [DVD]

はじめは昨年末発売という触れ込みでタワレコに予約かけてたのに、年が明けても一向に発送メールが来なくって焦らされたこと焦らされたこと(笑)。ようやく今日になって届いたので、さっそく視聴してみました。   ★トゥー

オイゲン・ヨッフム20枚組BOXが4,403円、カール・シューリヒト8枚組BOXが2,125円の限定生産で9月リリース

なんでもEMIレーベルのICONという廉価盤シリーズとかで、ヨッフムの20CD箱物はベートーヴェン全集+ブラームス全集+ブルックナー全集+バッハのロ短調ミサ、シューリヒトの8CD箱物はパリ音楽院管とのベートーヴェン全集に

リヒャルト・シュトラウス:管弦楽作品集/ルドルフ・ケンペ&シュターツカペレ・ドレスデン

明日の京響定期は4曲中3曲がリヒャルト・シュトラウス(以下、R.シュトラウス)の、それも『ティル』以外はちょっと変わった選曲。関西でも管楽器に自慢の首席陣を揃えている良さを売りにしたフルオケだからなのか、指揮者の好みもあ

グラズノフ:バレエ『四季』、他/アンセルメ&スイス・ロマンド管

今日で4月も終わりです。今年の3月なんて「いつまで冬が続くんだ?!」とばかりに寒い日が多かったですが、今月に入ってから暖かい日が続いてようやく春らしくなってきました。遅咲きの桜もピークを過ぎてしまい、明日からもう5月です

ナイアガラトライアングル vol.2 30th Edition (2CD)/杉真理・佐野元春・大滝詠一

大滝詠一さんによる永遠のロングセラー『A LONG VACATION』の翌年に、彼が当時ブレイク寸前だった杉真理・佐野元春両シンガーソングライターと組んでリリースされたのがこのアルバム。以前20周年記念に『NIAGARA

グレゴア・マレ『GRÉGOIRE MARET』

今日は朝から京都マラソンをやってたようで、(交通規制とかあるし)外出するだけ損だよねとばかりに、iPhoneのradiko.jpアプリでα-STATION聴きながら布団干したりウダウダ家事やったりしてたんですが、とある番

ケヴィン・レトー『Another Season』

今日で大震災からちょうど1年が経ちました。のーたりん内閣とそれを背後で動かす財務省を筆頭とした霞が関軍団のおかげで肝心の復興もロクに進まず迷走中の国政はさておき(だって「オザーさんガンバレ!」言うしかないもん・苦笑)、あ

『休日カフェ』・・・せっかくのお休みの日、疲れやストレスを癒して心も体もリフレッシュするために

Della[http://www.della.co.jp/]からカフェ・シリーズの新しいCDがリリースされました。その名も『休日カフェ』これまで出たものの中から休日の過ごし方に焦点を当てて選曲したコンピレーションアルバム

ドビュッシー主要作品集・・・ブーレーズ、ミュンシュ、ティルソン=トーマス、他【2012年03月 発売予定】

さすが生誕150周年だけあってドビュッシーのセット物がいろいろ出るなぁ・・・思いながらHMVのニュース記事眺めてたんですけど、ブーレーズとミュンシュの録音が混ざっていることにふと気づいて、 「???」 となったんですが・

coba『MONDO coba』・・・20年目のcoba、解禁。

私がcoba[http://www.coba-net.com/]というアコーディオン奏者を知ったのは、『太陽のポスティーノ』『雪のアトリーチェ』『風のナヴィガトーレ』の地中海3部作をリリースして間もない頃でしょうか。当時

リスト:巡礼の年/ニコラ・アンゲリッシュ(ピアノ)

今年が生誕200周年というメモリアル・イヤーということで、年初のウィーン・フィルのニューイヤーでも採りあげられるほど何かと演奏機会の多かったリストですが、正直私はあまり好んで聴いてる作曲家ではありません(苦笑)。そんなし

かとうかなこ『Bon appétit!』

先程の記事で『異国迷路のクロワーゼ』を評価する際にギタリストの笹子重治[http://www.sasa-g.com/]さんの名前を出しましたけど、それでふと思い出したアルバムがありましたので、ここでご紹介を。 ・・・とい

サン・ルイ教会の晩課〜シャルパンティエ宗教音楽作品集/オリヴィエ・シュネーベリ&レ・パージュ・エ・レ・シャントル

私がマルク=アントワーヌ・シャルパンティエというフランスのバロック音楽作曲家とAlphaというフランスのレーベル両方の名を強く印象づけられるようになったCDです。 プレリュードのオルガン・ソロ、そして“Deus in a

大江千里/『WAKU WAKU』『Pleasure』

「たまゆら」つながりならユーミンだけ採り上げるのは不公平だと思うので、ED作詞作曲の大江千里さんの方も・・・といっても古いのしか知らなくてすみませんが(Amazon見たら廃盤になってるっぽいんですよね・苦笑)。 ★大江千

松任谷由実『REINCARNATION』

どうせユーミンのアルバム紹介するなら「A HAPPY NEW YEAR」の入った『昨晩お会いしましょう』の方じゃないの?ってツッコミきそうですけど、アルバムトータルで見たら私が聴いたのは『REINCARNATION』が初

初めて聴いたスティールパン・・・アンディ・ナレル『THE LONG TIME BAND』

アニメ『迷い猫オーバーラン!』のED曲『イチャラブCome Home!』のイントロの最初に出てくる音が何かの楽器によく似ているようでとても気になってて、第1話の時はそれが何の楽器かを思い出せないまま放っておいたのですが、

菅野よう子『YOKO KANNO SEATBELTS 来地球記念コレクションアルバム スペース バイオチャージ』

遅ればせながら、たまたまですが最近耳にする機会がありまして・・・。 DISK1から聴いていったのですが、最初の2曲がそれぞれ雰囲気の異なるカッコいいインストゥルメンタルで、ほほぉ、という気にさせられ、3曲目の「荒野のヒー

ティルソン・トーマス&サンフランシスコ響、マーラーの8番がグラミー賞3冠達成!!!

第52回グラミー賞[http://www.grammy.com/] ビヨンセ? 誰それ?? このサイトを何だと思ってるんですか(爆) というわけで、遠く京都の地からもマイケル・ティルソン・トーマスとサンフランシスコ交響楽

家カフェ~テラス/アコースフィア

「心と身体にやさしい音楽」をテーマに様々なディスクをリリースしているDella[http://www.della.co.jp/]が2007年12月にリリースした安らぎ系のアルバムに、“アコースフィア”[http://ww

α波オルゴールの響きでクリスマスを・・・『ハッピー・クリスマス』

あと10日ほどでクリスマスですが、みなさんどのようにお過ごしでしょうか? クリスマス向けのCDとして、今回はオルゴールの音色による音楽を紹介します。 ★『ハッピー・クリスマス』 [収録曲] 1. Happy Xmas S

ブロムシュテット&シュターツカペレ・ドレスデンの‘第9’

個人的にはあまり好ましく思っていない現象なのですが、日本の師走はクラシック界にとっては‘第9’のシーズンでもあります。つまりは稼ぎ時ということで・・・。 ちなみに、CDで聴くなら何がいいか?みなさんの愛聴盤はどれでしょう

大滝詠一『A LONG VACATION』・・・永遠の想い出のアルバム

今日から7月。夏を迎えるにあたって、しとらすの個人的に想い入れの深いアルバムを紹介したいと思います。 ★大滝詠一『A LONG VACATION』 私にとって音楽に目覚めさせてくれる大きなきっかけとなった1枚です。小学生

Jusqu’a Grand-Pereの新譜

これからの季節にピッタリのインストゥルメンタルの新譜を紹介。 ★Jusqu’a Grand-Pere『dansez』 [Amazonで視聴可] ☆Jusqu’a Grand-Pere http:/

スーパー駅長“たま”、DVDデビュー

和歌山電鉄貴志川線貴志駅のスーパー駅長として有名な“たま”ちゃん、TVの取材は当たり前(笑)、昨年には写真集まで出たほどでしたが、このたび、写真集の第2弾とDVDが本日付でリリースされるそうです。 DVD『たまはスーパー

あなたも「朝美人」してみませんか?

「心と身体にやさしい」をテーマにするDella[http://www.della.co.jp/]の新譜リストにこんなのが出ました。 その名もズバリ 『朝美人』 1. めざめ 2. 森のささやき 3. Fresh Gree

心と身体にやさしい“Della”の新譜

「心と身体にやさしい音楽」をテーマに様々なディスクをリリースしているデラDella[http://www.della.co.jp/]の新譜でユニークなのがありましたので、まとめて紹介しておきます。 ★ウォーキング・セラピ

私らしくない私のお気に入り?-LAVA、吉澤はじめ

「私らしくないって何?」 なんて言われそうですが、音楽といえばクラシックがメインで他にはヒーリング系にイージーリスニング、ラテン系を採りあげることの多いこのサイトで、えっ?こんなのも聴くの?とちょっと以外に思われそうなお

京の街にはParis Musetteが似合う?!

京都は急に冷え込んできたみたいで、ちょっと風邪気味です。まあ、でも11月らしくなってきたといえばそうですし、これで紅葉が進んでくれるといいんですけどね・・・。明日辺りから寒波が来るとかこないとか・・・ですので、気をつけな

ウェルザー=メスト&チューリッヒ歌劇場『ばらの騎士』 in東京 ・・・そしてDVDで『タンホイザー』『マイスタージンガー』

小澤征爾さんの後任で2010/11シーズンからウィーン国立歌劇場音楽監督に就任することが決まったフランツ・ウェルザー=メスト。ウィーンに行ってしまったら日本で聴く機会がガクンと減ってしまうので(だって来日してもチケット取

ブルックナー:交響曲第7番/ブロムシュテット&ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管

半年ほど前にリリースされて高い評価を受けている、ブロムシュテット&ゲヴァントハウスのコンビによるブルックナーの8番。今回リリースされたのは一昨年の来日公演の記憶も未だ冷めやらぬ7番です。 ★A.ブルックナー 交響曲第7番

寺尾聰『Re-Cool Reflections』・・・NHKで見た久しぶりの寺尾さんの姿

今夜22時半からNHK総合の『SONGS』という番組で寺尾聰さんが出演されるというのを少し前に知って、慌てて他の雑事を片付けて見ました。 寺尾さんの歌ってる姿・・・うわぁ、懐かしい! そして私が小学生の頃にTVで知ったあ

大萩康司、南島、羽衣伝説・・・『島へ(To the Island)』

★大萩康司『島へ(To the Island)』 《収録曲》 ・藤井敬吾/羽衣伝説~山入端博の旋律に基づく~ ・武満徹/ヒロシマという名の少年~2台ギターのための~ ・横尾幸弘/“さくら”による主題と変奏 ・渡辺香津美/

J.S.バッハ:無伴奏チェロ組曲/鈴木秀美

今日は神戸松蔭女子学院大学のチャペルで行われた鈴木秀美[http://www.hidemisuzuki.com/]さんのリサイタルを聴きに行きました。曲はバッハの無伴奏チェロ組曲から1・4・6番でした。この松蔭女学院チャ

ヴィセンテ・アミーゴ/音の瞬間

フラメンコ界で期待のギタリストの1人、ヴィセンテ・アミーゴ[http://www.vicente-amigo.com/]。 今日は左京区北白川(京大のキャンパスから少し北)の京都造形芸術大学のキャンパス内にある京都芸術劇