Disc 2

・J.S.バッハ:ヴァイオリンとオーボエのための協奏曲 BWV.1060
・J.S.バッハ:オーボエ協奏曲 BWV.49&169
・J.S.バッハ:オーボエ協奏曲 BWV.1055
・J.S.バッハ:オーボエ協奏曲 BWV.1056

 ハンス=ペーター・ヴェスターマン(Ob&Ob・ダ・モーレ)
 メアリー・ウティガー(Vn)
 カメラータ・ケルン

[HMV解説より]ムジカ・アンティクァ・ケルンとウィーン・コンツェントウス・ムジクスの首席奏者も務めているバロック・オーボエ奏者ヴェスターマンのソロによる協奏曲集。彼のコクのあるオーボエの音は、非常に情感豊かなのが特徴。(元北ドイツ放送交響楽団首席オーボエ奏者でもあります)。ここに収録された作品は、現在「チェンバロ協奏曲」や「カンタータのシンフォニアの一部」として残っている作品ですが、実際はオーボエ(・ダ・モーレ)の協奏曲であったとされ、その曲を復元して演奏されています。
【録音】 1992年 (原盤:05472772902)