Disc 8

・ヴィヴァルディ:歌劇『オリンピア』序曲
・ヴィヴァルディ:弦楽のためのシンフォニア RV.158
・ヴィヴァルディ:協奏曲 Op.3-10
・J.S.バッハ:管弦楽組曲第4番 BWV.1069
・J.S.バッハ:3つのヴァイオリンのための協奏曲 BWV.1064
・J.S.バッハ:カンタータ第42番~シンフォニア

 トーマス・ヘンゲルブロック(指揮&Vn)
 フライブルク・バロック・オーケストラ

[HMV解説より]バッハの管弦楽組曲4番は初版の(トランペット&ティンパニ無し版)を使用しての演奏。通奏低音群の「音楽の喜び」を感じる演奏が、彼らの演奏を支えているのです。
【録音】 1992年9月 (原盤:05472772892)