京都市交響楽団2008年度定期発表

投稿者:

一昨日のニューイヤーで先に公表されたらしいのですが、私は残念ながら演奏会に行けなかったので、わからずじまい・・・。ようやく市の文化市民局の広報資料にひっそりと上がりました。
平成20年度京都市交響楽団自主演奏会年間スケジュール(pdf)
もうちょっとわかりやすく大々的に市を挙げて宣伝しようよ・・・>京都市
(追記:翌日には京響公式サイトにも→コチラ・pdfファイル

★第511回定期 2008年4月18日(金)19時開演  指揮:広上淳一
 コープランド:市民のためのファンファーレ(Fanfare for the Common Man)
 ハイドン:交響曲第104番ニ長調「ロンドン」Hob.I-104
 リムスキー=コルサコフ:交響組曲「シェエラザード」

★第512回 5月18日(日)14時30分開演  指揮:飯守泰次郎
 モーツァルト:歌劇「ドン・ジョヴァンニ」序曲
 J.シュトラウスⅡ:皇帝円舞曲 op.437
 ラヴェル:ラ・ヴァルス
 R.シュトラウス:交響詩「ドン・ファン」op.20
 R.シュトラウス:歌劇「ばらの騎士」組曲

★第513回 6月6日(金)19時開演  指揮:高関健
 メンデルスゾーン:交響曲第4番イ長調 op.90「イタリア」(1833/34年稿)
 バルトーク:ヴァイオリン協奏曲第2番 Sz.112〔vn 松山冴花〕
 オネゲル:交響曲第3番「典礼風」H.186

★第514回 7月8日(火)19時開演  指揮:大友直人
 ブラームス:大学祝典序曲 op.80
 モーツァルト:ピアノ協奏曲第25番ハ長調 K.503〔p フセイン・セルメット〕
 ブラームス:交響曲第4番ホ短調 op.98

★第515回 8月23日(土)18時開演  指揮:沼尻竜典
 グラズノフ:サクソフォン協奏曲変ホ長調 op.109〔sax 須川展也〕
 ショスタコーヴィチ:交響曲第8番ハ短調 op.65

★第516回 9月4日(木)19時開演  指揮:井上道義
 モーツァルト:アダージョとロンド K.617
  〔fl 清水信貴、ob 高山郁子、va 柳生厚彦、vc 中西雅音〕
 ヤニス・クセナキス:ノモス・ガンマ
 ホルスト:組曲「惑星」op.32〔cho 京響市民合唱団〕

★第517回 10月19日(日)14時30分開演  指揮:大友直人
 エルガー:行進曲「威風堂々」第1番ニ長調 op.39-1
 ヴォーン=ウィリアムズ:交響曲第5番ニ長調
 シベリウス:交響曲第5番変ホ長調 op.82

★第518回 11月21日(金)19時開演  指揮:下野竜也
 岡坂慶紀:哀歌(エレジー)~弦楽オーケストラのために~
 フリードリッヒ・グルダ:チェロと吹奏楽のための協奏曲〔vc 古川展生〕
 [Ⅰ序曲 Ⅱ牧歌 Ⅲカデンツァ Ⅳメヌエット Ⅴフィナーレ-行進曲風に]
 ベートーヴェン:交響曲第5番ハ短調op.67

★第519回 12月7日(日)14時30分開演  指揮:ジョン・アクセルロッド
 ガーシュウィン:キューバ序曲
 リムスキー=コルサコフ:スペイン奇想曲
 トゥリーナ:交響詩「幻想舞曲集」op.22
 ラヴェル:スペイン狂詩曲
 ラヴェル:ボレロ

★第520回 2009年1月23日(金)19時開演  指揮:広上淳一
 バーバー:弦楽のためのアダージョ op.11
 ガーシュウィン:ラプソディー・イン・ブルー〔p 清水和音〕
 バーンスタイン:管弦楽のためのディヴェルティメント
 バーンスタイン:「ウェスト・サイド物語」~シンフォニック・ダンス

★第521回 2月22日(日)14時30分開演  指揮:マルク・ゴレンシュタイン
 チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲ニ長調 op.35〔vn 南紫音〕
 スクリャービン:交響曲第2番ハ短調 op.29

★第522回 3月27日(金)19時開演  指揮:尾高忠明
 武満徹:トゥイル・バイ・トワイライト~モートン・フェルドマンの追憶に~
 武満徹:死と再生(映画『黒い雨』より)
 マーラー:交響曲第5番嬰ハ短調

《※会場は全て京都コンサートホール・大ホール》

それと転記してませんが、

・年末の第九(12/26)が広上さん
・ニューイヤー(1/11)が山下一史さん
・東京公演(09/02/28)は520回定期と指揮者・ソリスト・プログラム全て同じ
・“音楽の情景”と副題のついた今年の「こどものためのコンサート」は、6/15、8/10、10/5、1/18の4回(全て日曜日)で、いずれも大友さん指揮。
・「みんなのコンサート」といういわば巡回コンサートは7月下旬から8月上旬にかけて3プロ6回。開演前に楽器体験・ミニコンサートのロビーイベント付。

 え~・・・一番言いたいことは・・・
「就任披露に一発ドカンとやらないんですか?」
というか、広上さんが自分の回でもっと攻めてくるかと思ってましたので、一見して結構拍子抜けしたことは確かで、その点では大フィルでの大植さんと同様でしょうかね。・・・というか、ひょっとしてニューイヤーが就任披露の代わりですか?私行ってないのにぃ~
・・・(´・ω・`)

 あえて弁護?するなら、4月はメインこそシェエラザードですが、前半最初にロス五輪の開会式でも演奏されたらしい“Fanfare for the Common Man”という名のファンファーレを持ってきたことと(common man は市民よりも庶民・平民といったニュアンスらしいです)、2曲目のハイドンのロンドン交響曲も、来年がハイドンの没後200周年であり、今年開催の『UK-Japan 2008』という日英修好通商条約調印150周年に因んだ大規模イベントの2つを考慮して選択してあるのかなぁ・・・と思われる、という点でしょうか。
 また、1月のは大植さんが敢えて大フィルで避けている(で大山平一郎さんが2ヶ月前にシンフォニカー定期で実際にやったものとほぼ同じ)プログラムですね。ピアニストはできたらジャズ系の人にしてほしかったけど・・・(苦笑)。

 ザッと見ると在阪4オケとの比較ではもっとも保守的と思える感じですが、細かく見るといろんな工夫が垣間見えて、今年度よりも良い感じだと思います。今年はすぐ京都市長選が控えている(現市長は退陣決定済)ということもあって、予算とか苦労したのかなぁ・・・という都合のいい解釈にしておきましょう(苦笑)。来年はより一層のチャレンジを願いたいですね。

 客演指揮者陣はほぼ満足です。外国人があと1・2人でも多ければ、というのはあるし(この点では大フィルは思い切ったことをしていて大いに評価できる点)、日本人でも児玉宏さんを呼んでほしいとかありますが、下野さんが2年続けて来るのは嬉しいですし、沼尻さんの招聘も朗報(びわ湖でのツェムリンスキーで共演してるけど定期は初めてでは?)。尾高さん、高関さんはお久しぶりぃ~ですね。(私から見ると少なく思える)2人の外国人指揮者ですが、アクセルロッドはルツェルン歌劇場&ルツェルン響のシェフでエッシェンバッハがプッシュする米国人の新鋭で、ゴレンシュタインはかつてのスヴェトラーノフのオケ=旧ソヴィエト国立響を引き継いだヴァイオリン上がり(元々このオケの1stVnだったらしい)の指揮者です。2人とも日本自体が初めてのようなのですが、ググってみると俄然興味がわいてきます。京響とどういった音楽を作ってくれるのが、今からとても楽しみですし、この2人の招聘は評価していい点だと思います。日本で知られていなくて結構、今後もこういった指揮者を1人でも2人でも多く欧米から呼んでほしいですね。あと、外国人ということでは神奈川フィルのハンス=マルティン・シュナイトさんもぜひ!80近くと御歳をめされているので言うのを遠慮してましたが、来年札響の定期に客演に行くというのなら話は別です(笑)。横浜→札幌が可能なら横浜→京都だって全然問題ないでしょう?!(爆)シンフォニーオーケストラやオペラはもとよりバッハを筆頭に宗教音楽にも卓越した経験をお持ちの方ですから、ぜひ京響にお越しいただきたいですね。

 次にプログラムですが、大友さん、517回でのRVWとシベリウスの5番の組合せ、もうナイスだぁーーー!(笑)できれば514回も遠慮せんと英国モノでよかったのに。『UK-Japan 2008』ですもん、ドーンといきましょうよ・・・。
 飯守さんのはやや意外かも。確かにワーグナーは2月にやる直後で5月では採りあげられないでしょうけど・・・。高関さん、『イタリア』は珍しい?初稿での演奏。コンチェルトにバルトーク、メインにオネゲルというのは嬉しいチョイスです。ソリストの松山冴花さんは期待の若手の1人ですよね。
 沼尻さん、ツェムリンスキーでよかったのに~というのは置いといて、夏休み中の土曜日でソリストに須川展也さんというのは、もう中高生ブラスバンド部員諸君ぜひ来たまえ!というところですね。メインのタコ8はリス&大フィルと聴き比べですね。指揮者はともかくオケはショスタコに関しては京響が上ですが・・・。
 ミッチーのは18年前の京都会館での就任披露と全く同じ。リベンジですか?(爆)下野さんは前半に岡坂慶紀(愛知県立芸大教授だったこともあるらしい・・・比較的合唱曲の作品が多いようですが・・・)さんという人とあのグルダの作品の組合せというのがとても面白いと思います。3月に尾高さんが武満作品を採りあげますが、京響には今後とも積極的に邦人作曲家の作品を採りあげてほしいところです。グルダのはどんな曲なんでしょう?一応CDも出てるっぽいのですが・・・。
 アクセルロッドは キューバがらみ×1&スペインがらみ×4 というなかなか洒落た選曲です。京響の持ち味が活きるといいですね。ゴレンシュタインと組むソリスト南紫音さんは松山冴花さんよりさらに1世代下の1989年生まれ。3年前のロン=ティボーで2位だそうで。松山さんもそうですが私は名前しか知りませんので、若い2人がどんな演奏を聴かせてくれるのか楽しみです。そして、メインにスクリャービンの2番というのがまたなんとも。アクセルロッド、ゴレンシュタインとも日曜日に登場ということで、これは意図的な日程を組んだと思いたいですね。観客が大阪とかからも多く集まることを願ってます。尾高さんのプロは武満&マラ5。武満作品でも‘死’の絡む曲のチョイスにある種のこだわりを感じますね。

 それから、これは大いに評価したい点ですが、広報資料の6ページ目に

4 新しい取組
 さらに新年度からは,定期演奏会の開演前に指揮者や評論家などによる「プレトーク」を,終演後には指揮者や京響メンバーとの交流を深める「レセプション」を開催します。聴衆との距離を縮めることでクラシック音楽をより身近に感じていただき,京響ファンのさらなる拡大を図ります。

とあります。プレトークは関西では関フィルがずっとやっていて、いい試みだと常々思っていましたが、これを発展させる形で終演後にもレセプションを行なうというのはとても良い事だと思います。
 具体的にどういった形になるかわかりませんし、また終演後で団員さんたちは相当にお疲れのこととは存じますが、特に関係者や知り合い・教え子・・・等々の?がりのない(全く顔なじみのない)一般のお客さんにとって指揮者や団員と接する機会というのはあまりないことだと思いますので、お客さんにとって良い事はもちろんですが、団員さんたちにとっても、自分達の演奏が一般の方にどう受け止められているのか、直接知るいい機会だと思いますので、変にトラブルが起きることなく長く続くといいなぁ・・・と願いたいです。
 それに、京響定期の客はドライというかなんというか、演奏が終わったら拍手もそこそこに(どんなに水準の高い演奏であっても)あからさまに席を立ち去る人が多くて「オケが気の毒やなぁ・・・」と苦々しく思っていたのですが、これで少しは解消できるといいかな?(苦笑)

 今年度は(今のところ)定期ではずっと良質の演奏を続けている京響ですが、次年度は更なる上の水準を目指して頑張ってほしいと思います。新市長の下でたくさん予算を分捕って(爆)、その次の年から2日間公演を実現できるようになるといいですね。・・・って私の住民税はそのためだけに払っているようなものなんですけど(笑)。