『京響創立50周年記念誌』が届きました

投稿者:

「友の会の会員の皆様、お待たせいたしました」

という感じなのでしょうが、昨日届きました。郵便よりも料金の安いクロネコメール便で発送というのが嬉しいですね(笑)。

 全部で152頁なのですが、とりあえずはお約束?で桝本市長と大友さんの挨拶やら歴代常任からのメッセージやら、あとは思い出の写真の数々やら、楽団員さんたちによる座談会が19頁分あったり、定期演奏会をはじめとした自主公演の記録や歴代の指揮者・コンマス・楽団員・楽団長等のデータが載ってたり、顔写真付で楽団員と事務局員の名簿ももちろんありで、随分と頑張ったなぁ・・・という印象です。
 前コンマスの工藤さんも参加された座談会は突っ込んだ話もあって読み応えがありましたし、京響の定期に通いはじめてまだ年数の浅い私には定期公演の記録はかなり助かります。ちなみに表紙の写真は東響と合同で『グレの歌』を演奏した時のもの。

 で、なにより嬉しいサプライズだったのが・・・

昨年4月の第487回定期での『英雄の生涯』のライヴ録音CDが付いてたこと!

それで期待半分怖さ半分(苦笑)で聴いてみると・・・

あれれ?!こんなに上手かったかしら?
(・・・ごめんなさいゴメンナサイ御免なさい・・・)

 生演奏では感動できても後日(このライヴ録音が)CDとしてリリースされたものを聴くとガッカリすることが多いのですが、元々の演奏の完成度が高かったこともあってか、大友さんと京響らしい整った演奏で熱気も充分、とても聴き応えがありました。ちなみに、演奏終了後の拍手付です。咳などの客席ノイズのカット以外は特に弄ってなさそうで、残響具合から考えても素直な録音だと思います。

というか、この日、(ホール備え付けの吊り下げ以外に)録音マイク立ってたかしら?全然記憶にない・・・(をい)。

 これ、記念誌のオマケじゃなくて自主制作CDとして市販しても立派に通用しそう。これほどの演奏ができるのですからこれからも定期での演奏は全部録音して、一定水準以上の使えそうなのは自主制作レーベルとしてCDリリースして、京都市の財政難解消に少しでも役立てたらいいのに・・・と思いました。
 もちろん価格は国内盤のような3千円近い値段ではなく、海外で自主制作CD出してるロンドン響やロンドン・フィル、ハレ管並みの価格設定にしないと意味がありませんけど。ちなみに公式サイトでの通販価格は1枚モノで

 ロンドン響・・・CD £5.99, SACD £8.99
 ロンドン・フィルハレ管・・・£9.99

になってます。1ポンド=230円としても消費税率が日本よりも高いことを考えると、やっぱり日本の大手レコード会社が相当ボッタクって(以下略)・・・というのはおいといて、録り直しや切り貼り編集とかでやたら録音を弄ったりしなければ、(コンチェルトは別として)CDの制作費用自体はそれほど高くないでしょうし、CD価格を1,500円前後にでも設定して自主制作レーベルやらへんかなぁ・・・と、この『英雄の生涯』を聴きながらしみじみ思った次第です。

 蛇足ですが、一発録りならオケもより集中力が増すでしょうし(無駄に緊張するだけかも・苦笑)、
「CDにするからチラシをガサゴソしたり無駄に咳したりせんと静かに聴いとけ」
というアナウンスを(もちろん丁寧な言い回しで・笑)演奏前にでもしておいて、老人連中を筆頭にお行儀の悪い京響の聴衆を少しでもおとなしくさせるとか(爆)。

京響ならびに市の文化市民局の方々、自主制作レーベルなんぞいかがでしょう?