京都市交響楽団 第492回定期演奏会

 ファンにとって、行きたいコンサートが同じ日の同じ時間に重なった時ほど、「分身の術が使えれば・・・」とか「なんで同じ日やねん!バカタレが!!」とか、いろんな恨みつらみを並べたくなるのですが・・・(苦笑)。京響は広上さんのエニグマに加えて宮本さんのファイナルツアー、大阪シンフォニカーは尾高さんが振るエルガーのシンフォニー。迷いましたよ、もう・・・。

ヽ(`Д´)ノ ウワアァァァン!!

2006年9月13日(水)19時開演
@京都コンサートホール(大ホール)

◆W.ウォルトン 戴冠式行進曲『宝珠と王の杖』
◆R.シュトラウス オーボエ協奏曲ニ長調
(休憩)
◆E.エルガー 創作主題による変奏曲『エニグマ』 Op.36

指揮:広上淳一
オーボエ:宮本文昭
コンサートマスター:渡邊穣

 今日は雨、先週の京響の演奏会も雨だったけど。そんな天気にもかかわらず、いつもよりやや観客が多かったような・・・。8割近くは席が埋まってたでしょうか?かつてケルン放送響の首席オーボエ奏者だった宮本文昭さん、今年度いっぱいでオーボエ奏者としての演奏活動を休止されるとのことですので、やはりそのせいもあるのでしょうか。かく言う私も、宮本さんのファイナルのことがなかったら、R.シュトラウスのオーボエ協奏曲は4月に素晴しい演奏を聴いてることもありますし、京響と広上さんには悪いけど、まず間違いなく今日は大阪シンフォニカーの方に行ってたでしょう(苦笑)。ネットで見る限りでは予想通り素晴しいエルガーの交響曲をホールに響かせていたとのことで、つくづく私は尾高さんには縁が無い・・・(とほほ)。

 今日の1曲目、ウォルトン。名前は知ってても聴くのはたぶん初めて(高校のときにFMで耳にしたかもしれないけど)。この曲は英国女王エリザベス2世のために作曲されたのだそうで、1953年6月2日にウェストミンスター寺院で行われた戴冠式において、実際にボールトの指揮で演奏(初演)されたそうです。だからかどうか知りませんが、なんかもう
「女王陛下のためにあれもこれもそれもみんなテンコ盛りで盛り合わせました!」
って感じにしか聴こえないような曲(なんやねん、これ)に思えました。曲の長さはともかく、構成はエルガーの『威風堂々』みたいにシンプル且つ筋の通ったものに、もう少しできひんかったんかなぁ~としょーもないことを考えながら聴いてました。英国女王の戴冠式だからこれぐらいでいいのかもしれませんが、豪華すぎ(笑)。

 2曲目。演奏後のカーテンコールで5~6回は呼び戻されてたでしょうか、それがすべてでしょう。最後ということもありますしね。今年4月のフランソワ・ルルーさん(@大フィル397回定期)ほどではありませんでしたが、こちらもとてもいい演奏でした。これで引退なんてもったいないなぁ・・・。大フィルの首席オーボエくらいならまだまだ立派に勤められそうなんだけどなぁ・・・(爆)。ただクラリネットの1番が小谷口さんじゃなくて某匿名掲示板でも悪名高いT氏だったのが非常に残念でしたけど。

 休憩後は『エニグマ変奏曲』。広上さんのタコ踊り全開だったことは横に置いといて(爆)、京響らしい期待通りの素晴しい演奏でした。小谷口さんはじめ木管のソロ(ちなみにこの曲では首席揃い踏み)の演奏やアンサンブル、金管のトゥッティでの音色の響きが、なんといっても良かったですね。弦もヴィオラやチェロのソロにもう少し頑張ってほしい部分はありましたが(R.シュトラウスでもそうだったけど、弦の最前列8人の力量が大フィルと比べるとやや物足りなく感じます、もちろん決して悪くはないけど)、アンサンブルはよかったし、フィナーレではよく音が鳴っていて曲の締めくくりに相応しい響きを聴かせていました。

 広上さんの指揮ですが、各変奏をインテンポでうまく聴かせながらも、フィナーレに標準をあわせて全体をよくまとめて構成したように思いました。表現も程よく抑制が効いていたのはよかったですし、速めのテンポで明るい曲想のところでの聴かせ方が特に印象的でした(こういったのは抜群に巧いんですよね)。ただ、ニムロードのようにゆったりめのところでも‘動きすぎ’が目立ってしまうのが残念でしたが・・・。エルガーですもん、出てくる音の表現だけではなくて指揮者ももう少し大人しくしてましょうや(笑)。それから、大フィルの6月定期の際に気になった広上さんの呼吸音ですけど、ステージに近い席だった人にはちょっと気の毒だったかな・・・と(苦笑)。昨年まではそれほど気にならなかったことなので、逆にちょっとお体のことが心配ではあります。取り越し苦労なんでしょうけど・・・。