葵祭の路頭の儀、雨で5月16日に順延

昨日はずっと雨でしたので行列の方は無理だろうなと思ってましたが、下鴨神社・上賀茂神社での社頭の儀は予定通り昨日行われ、路頭の儀のみ今日に順延されたのですね。今日は朝から晴れてましたので、1日の順延ですんでよかったです。

・・・まぁ。どのみち今年は行けなかったしとらすさんなんですけどね(苦笑)。

葵祭絵巻、晴天の都大路に輝く【京都新聞 2012年5月16日】

 京都三大祭りのトップを飾る葵祭が16日、京都市内で繰り広げられた。平安時代の高貴な装束をまとった511人の行列が都大路を優雅に進み、沿道では約1万9千人(午前11時、京都府警調べ)が華やかな王朝文化の雰囲気を楽しんだ。

 葵祭は上賀茂神社(北区)と下鴨神社(左京区)の例祭。正式には「賀茂祭」だが、参加者がアオイの葉を身につけることから、この名で呼ばれる。起源は6世紀で、天皇が国の安泰や五穀豊穣(ごこくほうじょう)を祈った故事にさかのぼる。今年は雨のため15年ぶりに行列「路頭の儀」が順延され、15日は両神社で「社頭の儀」が行われた。

 さわやかな晴天の下、長さ約1キロの行列が午前10時半に京都御所(上京区)の建礼門前を出発した。本列(近衛使(このえづかい)代列)はフジの花で彩った牛車を水干姿の子どもが引き、騎乗した近衛使代が威儀を正して進んだ。

 後方から斎王代列(女人列(にょにんれつ))が続いた。優美な十二単(ひとえ)に身を包み、腰輿(およよ)に乗った斎王代が女官(にょかん)や童女(わらわめ)を従えて近づくと、沿道の市民や観光客は清らかな美しさに見とれていた。
20120516123414aoimatsuri
〔※写真:雨天順延の昨日から一転して好天に恵まれ、大勢の市民や観客が見守る中、京都御苑堺町御門から出て都大路を進むる葵祭の行列(16日午前11時8分、京都市上京区)〕

仕切り直し「葵祭」行列 新緑を練り歩く
【MNS産経ニュース 2012年5月16日】
Wlf12051611120007l1
Wlf12051611120007l2
Wlf12051611120007l3

 京都三大祭りのトップを飾る葵祭が16日、京都市内で行われ、平安装束に身を包んだ約500人の行列が新緑まぶしい都大路を練り歩いた。

 全長約1キロに及ぶ行列は、午前10時半に京都御所(京都市上京区)を出発。藤の花で飾られた牛車(御所車)や、十二単(じゅうにひとえ)姿の斎王代を乗せた腰輿が通ると、沿道から歓声が上がった。

 葵祭は五穀豊穣を祈って約1400年前に始まった下鴨、上賀茂両神社の例祭。毎年5月15日に実施されるが、今年は15年ぶりに雨天順延となっていた。

〔※写真:上から順に、十二単姿(ひとえ)で「腰輿(およよ)」に乗り両親と言葉を交わす葵祭のヒロイン「斎王代」の亀井敦子さん=16日午前、京都市上京区、京都御所から出発した葵祭の行列=16日午前10時59分、京都市上京区(安元雄太撮影)、京都御所から出発した葵祭の行列=16日午前10時59分、京都市上京区(安元雄太撮影)〕