今年の葵祭の斎王代に長瀬摩衣子さん

投稿者:

今年の葵祭の斎王代が発表されました。聖心女子大3年生の長瀬摩衣子さんだそうです。

・・・もうそんな時期ですか。早いものですね。昨年は雨で路頭の儀が1日順延されましたけど、今年の5月15日は天候に恵まれるといいですね。

葵祭の有料観覧席等の詳細は京都市観光協会の特設ページをご覧ください。
京都市観光協会:葵祭 http://www.kyokanko.or.jp/aoi/

 

斎王代に長瀬摩衣子さん 第58代「心込め務める」
【京都新聞 2013年4月15日】

 京都三大祭りの一つ、葵祭(5月15日)のヒロイン、第58代斎王代に、京都市左京区出身の聖心女子大3年、長瀬摩衣子さん(20)=東京都渋谷区=が選ばれた。15日、葵祭行列保存会が発表した。

 摩衣子さんは、プラスチック製造販売「キョーラク」の長瀬孝充社長(56)と伊津美さん(49)夫妻の長女。趣味は料理で、ゴルフとテニス、フルートをたしなむ。摩衣子さんは、祖母弘子さん(82)が見立てた着物で記者会見に臨み、「感謝の気持ちで心を込めて務めさせていただきたい。凛(りん)として、笑顔を心掛けてすてきな斎王代さんになれたら」と抱負を語った。

 発表会場の京都平安ホテル(上京区)の敷地には、昭和10年代まで摩衣子さんの祖父舜造さんの住居があり、日本庭園は当時のままだという。孝充さんは「長女の斎王代がここで発表となり、父が生きていれば一番喜ぶと思います」と話した。

 斎王代は、平安時代に上賀茂、下鴨両神社に使えた内親王「斎王」に代わって葵祭の神事に奉仕する。鎌倉時代前期に廃絶した斎王を、1956(昭和31)年に斎王代として復活させた。

20130415204523saiou005
〔※写真:今年の斎王代に決まり笑顔を見せる長瀬摩衣子さん(15日午後3時5分、京都市上京区・京都平安ホテル)〕

 

葵祭ヒロインに聖心女子大生【MSN産経ニュース 2013年4月15日】

 京都三大祭のトップを切る葵祭(5月15日)のヒロイン、第58代斎王代(さいおうだい)に15日、京都市左京区出身の聖心女子大3年、長瀬摩衣子(まいこ)さん(20)=東京都渋谷区=が選ばれた。

 長瀬さんは、合成樹脂製品製造販売会社「キョーラク」(本社・大阪市)の社長、長瀬孝充(たかみつ)さん(56)の長女。上賀茂神社(京都市北区)が氏神で葵祭との縁は深いという。

 ゴルフやテニスのほか、肉じゃがなどの料理が得意という長瀬さんは、成人式で着たピンク地に松がさねの振り袖姿で会見。「身に余る光栄。凛として、笑顔を忘れず、すてきな斎王代になれれば」と話した。

 斎王代はかつて神社に仕えた未婚の内親王「斎王」の代理。京都ゆかりの未婚女性から毎年推薦で選ばれ、行列では十二単(ひとえ)姿で輿(こし)に乗る。

Wlf13041519360011p1
Wlf13041519360011p2
Wlf13041519360011p3
〔※写真:斎王代に選ばれた長瀬摩衣子さん=15日午後、京都市上京区の京都平安ホテル(恵守乾撮影)〕