初能奉納・観世流能『翁』@八坂神社

毎年1月3日に執り行われる八坂神社[http://web.kyoto-inet.or.jp/org/yasaka/]の『翁』の初能奉納は観世流と金剛流とで隔年ごとに催されますが、今年は観世流の番(千歳之舞をシテ方の演者で観たいという私の好み)なので、初詣には行かなくとも『翁』は観てきました。

今冬が暖冬というのは、こういう時には助かりますね。早朝の気温が2〜3℃高いだけでも随分と寒さが和らぎますし。

本日の演者は以下の通りでした。曽和さんは昨春に“鼓堂”と改名されたのですね。2年ぶりに拝見しましたけど貫禄が増したようで。

 


 

観世流『翁』

翁:片山九郎右衛門
三番三:山下守之
千歳:梅田嘉宏
面箱:島田洋海
笛:杉 市和
小鼓頭取:曽和鼓堂
 〃 胴脇:成田達志
 〃 手先:古田知英
大鼓:石井保彦
後見:味方 玄、橋本忠樹
狂言後見:茂山正邦、松本 薫
地謡:青木道喜、分林道治、田茂井廣道、深野貴彦、武田大志

 


 

まずは役者の登場から。〔※以下、画像をクリックすると拡大写真で見れます〕
P1030005
P1030007
P1030008

 

千歳之舞
P1030010
P1030012
P1030014

 

翁之舞↓安定感あるのは流石ですね
P1030016
P1030019
P1030021

 

山下守之さんの三番三、揉之段↓
P1030023
P1030025
P1030026
P1030028

てっきり茂山千五郎家の血縁の誰かが務めると思ってましたので、現ご当主のお弟子さんとはいえ山下守之さんの起用には驚きましたが、当の本人もはじめはガチガチに緊張されてたようで、表情もどことなく硬かったし大声出してるはずの掛け声が遠くに届いてない(いわゆる腹の底から出てないみたいな)感じ。気合が少し空回りしてるような。でも舞の方は動きにもキレがそこそこあって悪くなく、一昨年の誰かさん(苦笑)よりは良かったと思います。

揉之段を無難に終えられて一息つけたのか、祝言の呪歌と鈴之舞では硬さもとれてスムーズに。
P1030032
P1030034
P1030036
P1030039

 

八坂神社・能舞台%%http://maps.google.co.jp/maps?q=35.003390,135.778553+(%E5%85%AB%E5%9D%82%E7%A5%9E%E7%A4%BE%E3%83%BB%E8%83%BD%E8%88%9E%E5%8F%B0)&hl=ja&ie=UTF8&z=16%%35.003390%%135.778553%%16

初能奉納・観世流能『翁』@八坂神社

あけましておめでとうございます。
本年も拙サイトを宜しくお願いいたします。

今日は毎年この1月3日に執り行われる八坂神社[http://web.kyoto-inet.or.jp/org/yasaka/]の『翁』に行ってきました。観世流と金剛流とで隔年ごとの初能奉納ですが、今年は観世流の番。翁はというと・・・

十世片山九郎右衛門キタ━━━(゚∀゚)━━━!!!

片山清司さん・・・もとい十世九郎右衛門さんの翁はまだ拝見したことがなくて、ぜひ観たいと思っていたので、今年はツイてました。お金あれば12日の京都観世会例会でも片山九郎右衛門さんの『翁』があるので行くところなんですが、コミケと重なるこの時期は懐具合が厳しくなるので迷ってたんですが、今回は財政的にも助かりました(苦笑)。

本日の演者は以下の通りです。

 


 

観世流『翁』

翁:片山九郎右衛門
三番三:茂山逸平
千歳:武田大志
面箱:井口竜也
笛:杉 伸太朗
小鼓頭取:曽和尚靖
 〃 胴脇:成田達志
 〃 手先:古田知英
大鼓:石井保彦
後見:青木道喜、青木忠樹
狂言後見:丸石やすし、網谷正美
地謡:梅田邦久、橋本礒道、橋本光史、田茂井廣道、深野貴彦

 


 

まずは役者の登場から。〔※以下、画像をクリックすると拡大写真で見れます〕
初能奉納・観世流能『翁』@八坂神社 1

 

「とうとうたらりたらりら。たらりあがりいららりどう。」
初能奉納・観世流能『翁』@八坂神社 2

 

千歳之舞
初能奉納・観世流能『翁』@八坂神社 3
初能奉納・観世流能『翁』@八坂神社 4
初能奉納・観世流能『翁』@八坂神社 5
今回の千歳の武田大志さんは見ての通りのキリッとした面構えで舞もわりとしっかりしたように見えましたが、欲を言えば翁の露払役としてもう少しキレのあるところを感じさせてくれるとよかったかな、と思いました。

 

翁之舞↓お父様譲りの端正な優雅さの片鱗を見せつつも歳相応の壮健な謡と舞は期待通りでした。さすがやわぁ〜。
初能奉納・観世流能『翁』@八坂神社 6
初能奉納・観世流能『翁』@八坂神社 7
初能奉納・観世流能『翁』@八坂神社 8
初能奉納・観世流能『翁』@八坂神社 9
初能奉納・観世流能『翁』@八坂神社 10
初能奉納・観世流能『翁』@八坂神社 11

 

茂山逸平さんの三番三。充電が足りなかったのかコンデジのバッテリーが切れかかっていて鈴之舞まで撮れなかったのが残念でしたが、観賞の印象としては危惧していたとおり(苦笑)。たまたま本調子じゃなかったのかもしれませんが、声に張りがないし舞も体が重そうな感じ。
初能奉納・観世流能『翁』@八坂神社 13
初能奉納・観世流能『翁』@八坂神社 14
初能奉納・観世流能『翁』@八坂神社 15
初能奉納・観世流能『翁』@八坂神社 16
初能奉納・観世流能『翁』@八坂神社 17
初能奉納・観世流能『翁』@八坂神社 18
初能奉納・観世流能『翁』@八坂神社 19
彼は昨年も千歳を務めていたのを観ましたが、こうして2年続けて『翁』に出演されたのを拝見した印象では、20代までの稽古の質と量が30過ぎてから正直に出てしまうもんだな、と。狂言方は単体でのお笑いエンターテイナー「狂言」の役者であると同時に「能」の舞台役者の一端を担っているわけで、その点ではベースというか基本になるものはシテ方やワキ方と重なる部分も多いと思うんです。そうした能の役者の基本というか舞での立ち姿や足捌きとか謡での発声とかの型がしっかり身についているかどうかは三番三や間狂言だけでなく単体のお笑い「狂言」にも影響してくると思うんですね。先年亡くなられた千作さんと千之丞さんのご兄弟は戦後に多方面なジャンルで活躍されて一時は能楽協会から退会勧告を受けるほどでしたけど、映画や演劇・ドラマに出演するなど能・狂言以外でご活躍されながらも、それらの経験を上手くフィードバックしつつ歳を重ねる毎に狂言の芸風に磨きをかけていったのには、やはり自らが寄って立つ古典芸能のベースを疎かにしなかったというか若い頃に能・狂言の基本についてしっかりと稽古を重ねて精進されていたからこそだったのではないでしょうか。

それを思うと、兄貴含めてこっちの兄弟は先がかなり危ういというか・・・もっとも千五郎家全体としては腰椎椎間板ヘルニアの手術をされて復帰したばかりの茂さんの状態が気がかりな他は跡取り=正邦さんがしっかりしてるんで、千五郎家のこちらの2人と善竹隆司・隆平兄弟とで関西の中堅・若手世代を引っ張ってくれればいいかなと思ってます。そういえば善竹家の2人は最近なかなか見れてないなぁ・・・どれだけ貫禄が増したかぜひ観てみたいものですが。

%%http://maps.google.co.jp/maps?q=35.003717,135.778574+()&hl=ja&ie=UTF8&z=15%%35.003717%%135.778574%%15

 


上鳥羽六斎念仏@鳥羽地蔵:浄禅寺(2013年8月22日)

今日と明日8月23日は京都で六地蔵めぐりという伝統行事が行われます。できることなら6ヶ所全部巡拝に回って“お幡”を買い求めたいところなのですが、夏コミ新刊で好きなサークルさんのを買ってたら財布にそんな余裕もなく(苦笑)、せめてどこか1ヶ所でも六斎念仏を見に行こうと思って今回行ってきたのが上鳥羽。ここの六斎念仏は京都でも3団体しか残っていないという念仏六斎系のうちの1つです。初めて見学にいったのがもう10年近く前だったかなぁ・・・自転車で苦労しながら往復したのと初めて見た念仏六斎が芸能六斎とは随分と趣きが異なってて印象深かったのを覚えてます。

尚、六斎念仏については下記にて豊富な情報量で詳細にわかりやすく解説されてますので、ぜひご覧ください。
「京都の六斎念仏」千本六斎会のサイト http://rokusai.jpn.org/

さて、上鳥羽まで行くのは今回が2度目。さすがに猛暑の中を自転車で行く体力はありませんのでバスで行きました。浄禅寺に行くには四条大宮から市バス18番系統に乗って「地蔵前」というバス停で降りて目の前なのですが、ここは門前の道路が一方通行なので下りと上りでバス停の位置が異なるのに要注意です(たまたま私と同じバスに乗ってた人が運転手さんに質問していたのを見ていたので気付けましたが、そうでなければ帰りは迷子になってたかも?w)。

ちなみに、今回はそれなりに撮影できた(笑)ので、クリックすると拡大画像が見れます。

浄禅寺の前↓(帰りしなに撮ったのでまだ賑わいが残っています)
P8220035

20時から始まるのですが、その前に係の方がパンフを配布してました。
P8220036
前に行った時にはこういったのをもらった記憶がないので、作成もここ数年のことかと思います。
表と裏はこんな感じ↓
P8220037
P8220039

門をくぐってすぐ左に御朱印を受付けたりお幡を扱ってたりする場所が↓
P8220002
P8220003

地蔵堂↓30分も早く着いたので、まだそれほど混んでません。
P8220004
P8220006
P8220007
・・・お幡は買わなかったけど、お線香をお供えするくらいは一応やりました(苦笑)。

地蔵堂に左脇にはこうしたのもあります↓
P8220008

時間が来たので奉納の始まり。前に来た時は赤敷の段のようなものはなく、もっと地味で簡素な雰囲気だったように記憶しています。18軒の講中の方々だけでは念仏六斎を継承していくだけでも手一杯でしょうから、見学者用に資料のパンフを準備したりとかの余裕すらもないでしょうし、文化財保護関係で予算出たとかあったのかしら?(ちなみに京都の六斎念仏は国の重要無形文化財に指定されてます) まぁともあれ納めた税金がこうした日本の伝統芸能の保護に使われるのは大歓迎です。
P8220011
(つーかこれこそが「保守」の在り方であって自公維新や神社神道とか右翼・ネトウヨとかの連中はこの辺の根本で穿き違えてるんだよね・・・っと、閑話休題)

曲目・・・という言い方でいいのかな?そうしたのがいくつかあるようなのですが、基本的にはどれもリーダーの方が小さな鐘を鳴らしながら念仏を唱和して“南無阿弥陀仏”と唱えて締め、という感じです。中には太鼓や鉦を使ったのがありましたが、あれが『焼香太鼓』かな?よくわかりません。私は浄土宗の信者ではないし経典とかの仏教関連の知識とか全く疎いので、唱和で何を言葉にされてるのか全然わかりませんです。なんとか理解できたのは、最後の方でこの場にいる人たちや地域の方々の無病息災を祈願しているのくらい(苦笑)。それでもこうした十世紀近くの長きにまでわたるか否かという伝統行事が存在して、それを私のような貧乏人間でも認知し且つ生で見ることができるのは、文化や宗教の違い云々を超越した凄いことだと思います。日本でこの手のものはたいてい織豊・徳川政権発足期やら明治維新やら第二次大戦やらを契機に途絶えてしまってるでしょうし。悪貨の如きものが駆逐される分にはいいのですが、逆は悲しいですよね。というわけで、内容はよく理解できないまでも全部で30分ほどの儀式を有難く拝見させていただきました。
P8220013
P8220016
P8220022
P8220025
P8220032
P8220033
P8220034

この後に実は子どもたちのグループによる『四ツ太鼓』の奉納があるのですが、これも以前来た時にはなかったものですね。近年始めたような話もしてたかな?上りのバスの時間が迫ってたので私は中座して帰りましたけど(それに『四ツ太鼓』って念仏六斎じゃなく芸能六斎っぽいものって感じで個人的にあまり気乗りしなかったし)。

ググったらツベに一昨年の奉納の映像がアップされてたのを見つけたので、参考までにどうぞ。

鳥羽地蔵:浄禅寺%%http://maps.google.co.jp/maps?q=34.958375,135.743528+(%E9%B3%A5%E7%BE%BD%E5%9C%B0%E8%94%B5%EF%BC%9A%E6%B5%84%E7%A6%85%E5%AF%BA)&hl=ja&ie=UTF8&z=14%%34.958375%%135.743528%%14

 


小山郷六斎念仏@上御霊神社(2013年8月18日)

京都に来てからこの時期には何度か見に行ったことのある小山郷六斎念仏ですが、その際はいつも六地蔵めぐりの時に上善寺で見ていたので、こうして上御霊神社の例大祭で奉納されるのを見るのは初めてです。たまには違う場所で見るのもいいかと思って来てみたわけですが、よくよく考えてみたら、この神社に来たのも初めてだったりしました。地下鉄鞍馬口駅で降りてから歩いて行ったのですが、私が入ったのは西の楼門から。
P8180002

1467年(文正2年)1月18日に畠山政長と畠山義就がこの神社の境内の森で戦闘をはじめたのが応仁の乱の皮切りとなったのですが、夜に出かけたこともあって、そうした史跡とかまでは見て回れませんでした。

尚、六斎念仏については下記にて豊富な情報量で詳細にわかりやすく解説されてますので、ぜひご覧ください。
「京都の六斎念仏」千本六斎会のサイト http://rokusai.jpn.org/

さて、境内の舞殿にて奉納された小山郷六斎念仏、はじめる前に保存会メンバーの方々が氏子さんからお祓いを受けていたのと『発願』が省略されたのは、お寺じゃなくて神社っぽいな〜思ったのですが、その後・・・いや、準備の時に舞殿の北東角に『獅子』で使う碁盤を3段重ねて置いて写真を上に飾ってあるのからして異例だと感じてたのですが、そこに皆で向き直って「黙祷」・・・え?黙祷??・・・終わってからリーダーの方が挨拶されて、『獅子』の演目で獅子を担当されてた2人のうちの御一方が今年に入って急逝されたことを告げられまして、私も本当に驚きました。小山郷六斎念仏の『獅子』は3段重ねの碁盤を使ったアクロバティックな演技を披露するのが最大の見所の1つだったのですが、それだけに運動能力に優れているだけでなく年齢も若かったように記憶してましたが・・・保存会の方々にとっても貴重な若手の後継者でしたでしょうに・・・お名前は存じませんが拙サイトでも改めまして・・・・・・

故人のご功績を偲び、謹んで哀悼の意を表します。

・・・・・・閑話休題。

以下、時系列順で。帰宅して見返してみるとピンボケしたのばかりで・・・う〜ん、マニュアルのモード選択ミスったかなぁ?ピント合わせたつもりが・・・ともあれ今回は失敗作ばかりの画像ですみません。ポップアップの拡大画像は無しにしていますのでご了承ください。

・打出し~鳥追いの曲
P8180006

・三社・しのぶうりの曲
P8180007

・四ツ太鼓
P8180009
P8180010
リーダーさんだけ遺影のある向きに変えて演じられていたのには関係者ではない単なる一見学者の私でもグッとくるものがありました。

・万歳(まんざい)
P8180012

・祇園囃子
P8180014

・猿廻し
P8180018
P8180020

・てまりうた
P8180021

・獅子
P8180025
P8180027
P8180029
獅子に頭をかじられると無病息災になる由縁から、希望する人に向かって獅子が頭を齧って回る儀式があるのですが、ちゃんと撮れてたのが1枚もなかったので掲載はパス。
・・・すみません m(_ _)m ・・・
舞台を一通り回ったところで眠る獅子に土蜘蛛の登場↓獅子が土蜘蛛を追い出して終わりです
P8180039
P8180043
P8180045
P8180047
P8180049
P8180050
獅子は急造の組合せでコンビネーションに苦労している様子も少しありましたが、ともあれ無事に終えられてよかったです。

今夜の奉納が終わってからも、小山郷六斎念仏保存会では明後日8月20日に干菜山光福寺で、六地蔵めぐりの初日8月22日に上善寺で、それぞれ公開奉納がありますので、未見の方はぜひお出かけなさってください。

上御霊神社%%http://maps.google.co.jp/maps?q=35.036516,135.761590+(%E4%B8%8A%E5%BE%A1%E9%9C%8A%E7%A5%9E%E7%A4%BE)&hl=ja&ie=UTF8&z=16%%35.036516%%135.761590%%16