小山郷六斎念仏@上御霊神社(2013年8月18日)

京都に来てからこの時期には何度か見に行ったことのある小山郷六斎念仏ですが、その際はいつも六地蔵めぐりの時に上善寺で見ていたので、こうして上御霊神社の例大祭で奉納されるのを見るのは初めてです。たまには違う場所で見るのもいい

嵯峨大念仏狂言と「お松明式」@清凉寺

今日は清凉寺(嵯峨釈迦堂)で午後から嵯峨大念仏狂言、夜は本堂での涅槃会大法要の後お松明式が行われました。 15時半からの今日の念仏狂言の演目は間隔を置いて『花盗人』『釈迦如来』『土蜘蛛』でしたが、私が観賞したのは18時半

初能奉納・金剛流能『翁』@八坂神社

あけましておめでとうございます。 本年も拙サイトを宜しくお願いいたします。 今年の年越しも例年通り除夜の鐘を常寂光寺で撞いて車折神社に初詣に行ったのですが、ウェルザー=メストが振った今年のニューイヤーを見てて、そういえば

法輪寺(達磨寺)の節分会と北野天満宮の節分祭

まずは円町にほど近い達磨寺から。たまに門前を通ったことはあるのですが、節分の日は初めてです。用足しついでに偶々前を通りかかったので立ち寄ってみたのですが、こんなに賑わっているのは知りませんでした。 厄除け開運にと大小様々

勧業祭2011(なのはParty4)に行ってきた

天気が悪くて今年は勧業祭行こうかどうしようか迷ったのですが、雨が止んだようで午後から自転車で出かけました。バスでも93系統一本で行けないことはないのですが、紅葉シーズンともなると道が混むのでバスは使いたくないんですよね。

六地蔵めぐりと上善寺の小山郷六斎念仏

今日と明日、京都では“六地蔵めぐり”いうのがあります。ポータルサイトの「e京都ねっと」には六地蔵めぐりについて 市内の6ヶ所のお地蔵さんを巡り、授与されたお幡(おはた)を入り口に吊るして家内安全、無病息災をお願いする、8

五山送り火と西方寺の六斎念仏

昨年は仕事で見れなかったので、送り火を見るのは2年ぶりになります。で、わざわざ松ヶ崎の方まで足を伸ばしたのは昨年見れなかった分を取り返そうとしたわけではなく、西賀茂にある西方寺というお寺で送り火の後に行われる六斎念仏も見

初能奉納・金剛流能『翁』@八坂神社

毎年観に行っている八坂神社の『翁』に今年も行ってきました。 オリンパスのデジカメを買ってからは初めてなので、せっかくですし少し写真を撮ってきました。できるだけ演者と他の観客の邪魔にならないようにと思ったので、枚数は少ない

京都各地で節分祭

壬生狂言か北野天満宮の節分祭(茂山千五郎社中による狂言の奉納があるので)か、どちらかに行こうかとも思ってたのですが、結局どこにも行かずじまいでした。 ・京都各地の節分祭・節分会に関してはこちらを  →e京都ねっと~京都の

時代祭&鞍馬の火祭

秋晴れの好天に恵まれた中、日中に時代祭、夜に鞍馬の火祭りが行われました。片や京都三大祭の1つ、片や京都三大奇祭の1つ、どちらも京都を代表する祭に名を連ねるものです。 嵯峨野から鞍馬までは遠いこともあって、火祭にはなかなか

六地蔵めぐり

今年も六地蔵めぐりの時期が来ました。ちょうど週末にあたってるので、各町内で地蔵盆を執り行うところも多いでしょうね(本来なら24日らしいのですが会社員が休みを取りやすい週末に行なうところも多いそうで)。 「六地蔵めぐり」と

京都で『五山送り火』

8月16日といえばコレ↓ [↑Yahoo!:時事通信より] しとらすは近くの「鳥居形」ですませてきました。場所は広沢池のやや西。ケータイで撮ったのですが、田んぼの稲と案山子まで一緒に写ってしまいました(笑)。 解像度が3

鮎の季節、鵜飼の季節

今週から解禁されたのでしょうか、昨日嵐山付近までふらっと出かけたら、桂川の渡月橋~松尾橋の付近で釣竿を握る人たちを何人か見かけました。もちろん、鮎釣りなんでしょう。遠目からですのでよくわかりませんが、あれがおそらく友釣り

京都薪能 60回目の記念公演@平安神宮

毎年6月の1日と2日に平安神宮で行われる京都薪能、今年で60回を数えるということで記念講演という位置付けのようでした。そうでなければこの時期に『翁』なんてまずやらないでしょうしね。見に行きたかったんですけど・・・今日も明

おにはぁそと!不景気も~外!!ふくはぁうち!

昨日から今日にかけて京都各地で節分の行事が執り行われましたが、みなさんはどちらに行かれたでしょうか? ★e京都ねっと「節分会・節分祭」 そうですね~、しとらすは茂山千五郎家の狂言と上七軒の芸妓さん・舞妓さんの踊りを目当て

初ゑびす「商売繁昌、笹もってこい」

格別寒いというわけでもなかったのですが、雨混じりで天気が今ひとつだったので、今年の初ゑびすは行かずじまい。 史上稀に見る不況ですから、きっとお参りに行った人も今年は多かったのではないでしょうか? ★京都ゑびす神社 htt

夏越祓・茅の輪くぐり@嵐山周辺

6月と12月の晦日に厄除けや防災として大祓(おおはらえ)の行事を行うのは全国探せばいろいろ出てくるのでしょうけど、京都ほど各地の神社で広く行われている街は他にないのではないでしょうか。 6月の大祓を夏越祓(なごしのはらえ

2007年 第58回 京都薪能@平安神宮

58回目を迎えた京都薪能ですが、今年のテーマは「雪月花」なのだそうです。私は初日のみ行きましたが、今日の演目は ・観世流能『嵐山』 ・金剛流能『雪』 ・大蔵流狂言「吹取」 ・観世流能『鵜飼』 でした。ちなみに2日目の明日

今年も初ゑびす

今年も恵比寿神社[http://www.kyoto-ebisu.jp/]まで“初ゑびす”に行ってきました。 門前の大和大路にはこの時期ともなれば屋台がズラーッと

嵯峨大念仏狂言&お松明式@清凉寺

今日は清凉寺(嵯峨釈迦堂)で午後から嵯峨大念仏狂言、夜は本堂での涅槃会大法要の後お松明式が行われました。 15時半からの今日の念仏狂言の演目は間隔を置いて『大黒狩』『釈迦如来』『土蜘蛛』でしたが、私が観賞したのは18時半

第11回 心味の会・・・テーマは“鬼”?!

『心味(こころみ)の会』 は京都の若手能楽師(結成当時は若かったんです、みんなw)5人で “能をヨリわかりやすく、おもしろく” をモットーに結成された会です。実力派揃いのメンバーは浦田保浩&保親さん兄弟(観世流シテ方)に

八坂神社・『翁』の奉納

『翁』は能の中でも非常に特殊なものだそうで、なるほど、能は古典といえど一種の“演劇”であり、あるストーリーを持って演じられる“芝居”なわけですが、『翁』は天下泰平・国土安穏・五穀豊穣を神様に祈祷する“儀式”というべきもの