祇園祭・長刀鉾の今年の稚児が発表

投稿者:

祇園祭の長刀鉾の今年の稚児と禿が発表されました。3人とも頑張ってほしいですね。

ところで、今年のお稚児さんに選ばれた徳力峰雪君、お兄さんの創一朗君も2003年にお稚児さんを務めていると記事にありますが、この2人は版画家の徳力富吉郎さんの曾孫なのだそうです。さらに言うと、徳力家は代々西本願寺絵所の家系だそうで、初代・二代・三代の作は国宝として現存、富吉郎さんが12代目になるとのこと。「京都版画館 版元まつ九 http://www.kyoto-matsukyu.jp/top.html」のサイトに紹介文がありますので、よろしければご覧ください。

京都版画館まつ九について http://www.kyoto-matsukyu.jp/info/index.html

長刀鉾の稚児に徳力君 祇園祭 禿に井尻君と本田君
【京都新聞 2010年6月8日】

 祇園祭の山鉾巡行(7月17日)で先頭を進む長刀鉾の稚児と補佐役である禿(かむろ)の2人が決まり、京都市下京区の長刀鉾保存会が8日、発表した。

 今年の稚児は、左京区の錦林小5年の徳力峰雪君(10)=情報サービス業、徳力滋さん(50)の次男。長男創一朗君(15)は2003年に稚児を務め、現在は囃子(はやし)方に在籍している。

 大役を担うことになり、徳力君は「(稚児に決まって)驚いたけど、本番では応援してくれる人に恩返しできるように、がんばりたい」と抱負を語った。

 禿は、中京区の御所南小5年の井尻佳吾君(10)=会社役員、井尻浩行さん(41)の次男=と、左京区の錦林小3年の本田崚君(8)=岡崎神社禰宜、本田享史さん(48)の次男=が務める。

 井尻君は「伝統あるお祭りなので、恥をかかないように務めたい」と話し、本田君は「本番に弱いので、練習がんばります」と意気込んでいた。

 稚児たちは「お千度の儀」(7月1日)や「社参の儀」(13日)などを経て、17日の山鉾巡行に臨む。

20100608191039tigo003
〔※写真:長刀鉾の稚児に決まり、笑顔を見せる徳力峰雪君(中央)と、禿を務める井尻佳吾君(右)、本田崚君(8日、京都市下京区・長刀鉾保存会)〕


長刀鉾の稚児は小5男児 来月17日、祇園祭のハイライトで大役
【MSN産経ニュース 2010年6月8日】

 京都・祇園祭のハイライト「山鉾巡行」で、先頭を進む長刀(なぎなた)鉾に乗る稚児と、補佐役の禿の児童2人が決まり、財団法人長刀鉾保存会が8日、発表した。

 稚児は京都市左京区の市立小5年の徳力峰雪君(10)。7月17日の巡行では、長刀鉾の正面に乗り、目抜き通りの四条通に張られたしめ縄を太刀で切断する大役を担う。

 7年前に兄も稚児に選ばれたという徳力君は「しめ縄を1回で切れるか不安だけど、お兄ちゃんにどうやればいいか聞きたい」と意気込んだ。

 禿には、同市中京区の市立小5年、井尻佳吾君(10)と、同市左京区の市立小3年、本田崚君(8)が選ばれた。

 巡行では山と鉾計約30基が市中心部を進む。保存会によると、長刀鉾以外の鉾には稚児の代わりに人形が乗る。

Trd1006081740008p1
Trd1006081740008p2
〔※写真:「祇園祭・長刀鉾稚児発表」 ポーズをとる稚児の徳力峰雪くん(中央)と禿の井尻佳吾くん(右)、禿の本田崚くん =8日、京都市下京区(撮影・柿平博文)〕