祇園祭:花傘巡行、還幸祭・・・(2013年)

山鉾巡行と神幸祭から1週間が経った今日、花傘巡行と還幸祭が執り行われました。どちらも所要で見に行けなかったのですが、還幸祭まで行われましたから祇園祭の主だった行事は殆ど終わったことになります。毎年この時期になると祭が終わった後の一抹の淋しさを感じます。とはいっても八坂神社[http://web.kyoto-inet.or.jp/org/yasaka/]の神事も一部残ってますし、正確には全部の行事が終わったわけではないんですけどね(苦笑)。

来年からは後祭巡行が復活するのでは?と言われていますが、そうなると花傘巡行はどうなるんでしょうね?元々後祭巡行をしなくなった代替で始めたようなものですから、個人的には無くなっても別に構わないと思うのですが(神事というわけでもないし)。

 

 

華やか台車 にぎにぎしく 祇園祭・花傘巡行 850人練る【京都新聞 2013年7月24日】

 祇園祭の花傘巡行が24日、京都市内で行われた。曇り空のもと、子ども神輿(みこし)を先頭に、華やかな衣装を身につけた女性や囃子(はやし)方を乗せた台車など、総勢約850人の行列がにぎやかに練った。

 1966年に山鉾の後祭巡行が前祭(さきまつり)(17日)に統合されてなくなった代わりに始まった行事。現在、来夏に後祭巡行を復活させようと条件整備などが議論されている。時間や経路が重なる花傘巡行との調整も注目される。

 花傘巡行列は、午前10時に八坂神社(東山区)を出発し、四条、河原町、寺町の各通りを進んだ。朱色の傘を台車に差した花傘を中心に、児武者(こむしゃ)や鷺踊(さぎおどり)の子ども、太鼓や鉦(かね)を響かせる六斎念仏の台車がにぎにぎしく進み、芸舞妓らが彩りを添えた。

 下京区四条通寺町東入ルの御旅所で「くじ改め」をした後、正午ごろに神社に戻った。24日夜には還幸祭がある。

20130724123310ip130724tan000026000_
〔※写真:観光客らが見守る中、四条通を進む花傘巡行の行列(24日午前10時25分、京都市東山区)〕

 

神輿躍動、高く熱く 祇園祭・還幸祭【京都新聞 2013年7月24日】

 祇園祭の還幸祭が24日、京都市内で行われた。3基の神輿(みこし)は、担ぎ手が高く差し上げたり、「ホイット」の掛け声とともに勇壮に練った後、深夜に東山区の八坂神社に戻った。

 神幸祭(17日)で神社から四条御旅所(下京区四条通寺町東入ル)に運ばれた神輿を、神社に戻す神事。

 夕方に御旅所に鎮座する3基の神輿が出発。高辻通や大宮通など別々のルートを進んだ。もう一つの御旅所、御供(ごくう)社(中京区)からは、3基とも三条通など同じルートを通って八坂神社に向かった。沿道では、そっと手を合わせるお年寄りや、荒々しい神輿の渡御に酔いしれる人の姿が見られた。

 午後11時40分、3基が神社にそろうと、すべての照明が落とされた。静寂の中で神輿に乗った祭神を神社に戻す「御霊遷(みたまうつ)し」が行われ、約6時間かけた還幸祭を終えた。

 祇園祭は31日の夏越(なごし)祭で幕を下ろす。

20130724231619kankosai
〔※写真:大勢の参拝者が見守る中、威勢のいい掛け声とともに八坂神社に戻ってきた神輿(24日午後9時55分、京都市東山区)〕

 

四条御旅所%%http://maps.google.co.jp/maps?q=35.003622,135.767233+(%E5%9B%9B%E6%9D%A1%E5%BE%A1%E6%97%85%E6%89%80)&hl=ja&ie=UTF8&z=14%%35.003622%%135.767233%%14