京都市は伝統的な京町屋を「スマートハウス化」する取り組みを進めている・・・というお話

“電力とエネルギーを知る・買う・生かす”をキャッチコピーに節電・蓄電・発電に関する役立つ最新情報を紹介しているWEBサイト『スマートジャパン[http://www.itmedia.co.jp/smartjapan/]』というのがあるのですが、そこに京町家を使った面白い試みがなされている記事を見かけました。伝統的な木造建築の京町家で省エネどころか、HEMS (home energy management system) と呼ばれる家庭のエネルギー管理システムで家電、太陽光発電、蓄電池、電気自動車等を一元的に管理する住宅、いわゆる‘スマートハウス’をやってしまおうというのです。京都市の様々な助成制度を活用した実験になっているようですが、こういった市民の利益に手早く直結しそうな有効策には遠慮なく税金を使って実現させてほしいですね。

 

京都の伝統家屋をスマート化、どうやって?
【スマートジャパン:畑陽一郎 2014年8月13日】

京都市は伝統的な京町屋を「スマートハウス化」する取り組みを進めている。省エネ・創エネなどの最新設備を取り入れるだけでなく、自然を生かす知恵や工夫と省エネルギー改修に役立つ現代の建築仕様を組み合わせて実現した。

 エネルギー問題のカギは発電所だけにあるのではない。利用する側の改善が必要だ。国内では住宅に対する取り組みが遅れており、特に木造既築住宅にはあまり手が入っていない(関連記事)。木造既築住宅では壁や窓の性能を高めることが、省エネルギーに役立つ。加えて、建物全体のエネルギー性能を高めなければならない。

 京都市が進める取り組み「京都市次世代環境配慮型住宅~エコリノベーション・京町家~」は、このような問題意識に加えて、伝統的な外観の維持にも配慮している(図1)*1)。

[*1) 「エコリノベーション」という用語には4つの観点が含まれているという。(1)エネルギーや二酸化炭素排出量の削減、(2)現代のライフスタイルに合致、(3)住宅の価値が高まる、(4)比較的規模の大きな改修、である。]
Yh20140813kyoto_map_250px図1 京都市下京区の位置

 「都心部の古い住宅の保全再生が目的だ(図2)。古い住宅の良さを生かして新しい設備を入れてエネルギー利用を改善する、このようなリノベーションの1モデルを普及促進したい」(京都市産業観光局新産業振興室)*2)。機器の組み合わせをパッケージ化して普及させるというよりも、古い住宅でどのような効果があるのかを、その工夫を見せたいのだという。

[*2) 京都市は2010年にスマートシティ京都研究会を設立し、都心部における京都の住宅の在り方を職住共存地域分科会で研究。今回の次世代環境配慮型住宅の実証事業に至った。2012年以降の議論の結果、住宅のエネルギー利用を高めるには地域コミュニティーを通じたエネルギー融通が必要だという結論に達したという。]
Yh20140813kyoto_house_318px図2 京町屋の外観 出典:京都市

 「京都の町中では屋根面積が小さいことから太陽光発電システムもあまり普及していない。しかし、京町屋であっても実際にある程度の太陽光を導入できることを見せたかった。(都市ガスを利用して電気と温水を生み出す家庭用燃料電池)エネファームにも似たような課題がある。この規模の住宅だと(設置が難しく)導入例が少ない。だが、エネファームは災害時にはバックアップ電源にもなる。太陽光と並んで役立つ設備だと考えている」(同室)*3)。

[*3) 京都市には住宅改修、断熱工事、住宅窓改修などの建物の省エネリフォームの他、太陽光発電システムや蓄電池などの助成制度があり、今回の改修でもこれらの助成制度を利用した。]

どのような住宅なのか

 改修の対象となった住宅は京都市下京区にあり、もともとは青果店だったという。五条通と堀川通の交差点である堀川五条の南東側の区画に位置する。小規模な住宅が集まる住宅地だ(図3)。住所は京都市下京区油小路通五条下る卜味金仏町(ぼくみかなぶつちょう)178番地5。
Yh20140813kyoto_streetmap_590px
図3 改修住宅の所在地 出典:京都市

 改修の対象となった住宅は、連棟住宅のうちの1棟。いわゆる長屋であり、建物の構造材などが連結している。一般にリフォームが難しいとされるタイプの住宅だ。独立したスマートハウスを新築で立ち上げるよりも数段難しい取り組みだ(図4)。住宅は2階建であり、延床面積は84.17m2(1階部分44.03m2、2階部分40.14m2)。
Yh20140813kyoto_beforeafter_590px
図4 改修前後の外観 出典:京都市

どのような改修を施したのか

 改修の内容は、大きく2つに分かれる(図5)。エネルギー関連設備の導入と、主に熱性能に関係する受動的な建築仕様の導入だ。

 まず、太陽光発電システムを南側の屋根面に2.28kW導入できた。街並みの景観と調和しつつ、利用できるということだ。「太陽光発電システムの設備全体を京セラソーラーコーポレーションが提供した。ただし、太陽光発電の見える化などは日進システムズのHEMSを用いる」(京セラ)。HEMSは太陽光発電以外にも、住宅内の電力とガスの消費量や温湿度を計測し、エネルギーの見える化を担う。

 エネファームでは大阪ガスが協力した。発電効率と熱回収効率を合計すると、ガスが持つエネルギーの95%を利用できる設備だ*4)。「太陽光発電システムとはダブル発電の扱いになる」(京セラ)。今回の住宅は連棟住宅であり、室外に設置するエネファームの導入は難しかったが、小規模ながら庭スペースがあったことから、庭の景観を乱さないように配置できたという。

 空調は床下設置とした。京都の冬季の底冷えを防ぐ温風を得るためだ。

[*4) 大規模発電所ではガスが持つエネルギーのうち、41%しか利用できない。送電ロスはもちろん、排熱をあまり利用できないことが効率の低い原因だ。]
Yh20140813kyoto_structure_590px
図5 改修の内容 出典:京都市

 受動的なエネルギー対策は主に4点ある。住宅に出入りする熱の入り口のうち、最も大きいのは窓だ(関連記事)。そこで、複層ガラスを導入して断熱性を高めた。照明に掛かる電力を抑えるため、屋根面から採光できるトップライトを設けた。屋根自体にも断熱改修を施し、耐震補強も追加した。京町屋で使う土壁も断熱改修を加えて残した。

1年間生活して効果を測定

 「今回の改修は対象が伝統家屋であること、複数の省エネルギー機器や(受動的な)窓や壁の改修を含んでいることから、エネルギー消費量などの削減目標を事前に立てていない。その代わり、2015年2月から1年間、居住者に協力を依頼して効果を測定する」(同室)*5)。

 電力とガスの使用量の他、室内外の温度湿度を計測し、省エネ効果を分析する他、居住者へのアンケート調査も行う。

 今回の改修では、京都市次世代環境配慮型住宅エネルギー実証協議会が事業主体となった。協議会には大阪ガス、冨家建築設計事務所、日進システムズ、八清、京都高度技術研究所、京都市が参加している。大阪ガスはエネファームを供給、冨家建築設計事務所が全体の設計を担当し、日進システムズはHEMSを提供した。住宅を所有し、2014年8月30日から販売するのは八清だ。京都高度技術研究所は京都市の外郭団体であり、スマートシティ京都研究会で京都市と連携して研究・企画を進めてきた。

 「今回の事業の予算は2013年度と2014年度を合わせて約1100万円。2015年度からは新たに実証研究(計測分析)の予算を組む予定だ」(京都市産業観光局新産業振興室)。

[*5) 省エネ効果の前提となる建物外壁や内壁の熱伝導率や熱損失率は京都大学大学院工学研究科(鉾井修一教授、伊庭千恵美助教)の協力を得て、改修前後に計測、分析する。]

 

小山郷六斎念仏@上御霊神社(2013年8月18日)

京都に来てからこの時期には何度か見に行ったことのある小山郷六斎念仏ですが、その際はいつも六地蔵めぐりの時に上善寺で見ていたので、こうして上御霊神社の例大祭で奉納されるのを見るのは初めてです。たまには違う場所で見るのもいいかと思って来てみたわけですが、よくよく考えてみたら、この神社に来たのも初めてだったりしました。地下鉄鞍馬口駅で降りてから歩いて行ったのですが、私が入ったのは西の楼門から。
P8180002

1467年(文正2年)1月18日に畠山政長と畠山義就がこの神社の境内の森で戦闘をはじめたのが応仁の乱の皮切りとなったのですが、夜に出かけたこともあって、そうした史跡とかまでは見て回れませんでした。

尚、六斎念仏については下記にて豊富な情報量で詳細にわかりやすく解説されてますので、ぜひご覧ください。
「京都の六斎念仏」千本六斎会のサイト http://rokusai.jpn.org/

さて、境内の舞殿にて奉納された小山郷六斎念仏、はじめる前に保存会メンバーの方々が氏子さんからお祓いを受けていたのと『発願』が省略されたのは、お寺じゃなくて神社っぽいな〜思ったのですが、その後・・・いや、準備の時に舞殿の北東角に『獅子』で使う碁盤を3段重ねて置いて写真を上に飾ってあるのからして異例だと感じてたのですが、そこに皆で向き直って「黙祷」・・・え?黙祷??・・・終わってからリーダーの方が挨拶されて、『獅子』の演目で獅子を担当されてた2人のうちの御一方が今年に入って急逝されたことを告げられまして、私も本当に驚きました。小山郷六斎念仏の『獅子』は3段重ねの碁盤を使ったアクロバティックな演技を披露するのが最大の見所の1つだったのですが、それだけに運動能力に優れているだけでなく年齢も若かったように記憶してましたが・・・保存会の方々にとっても貴重な若手の後継者でしたでしょうに・・・お名前は存じませんが拙サイトでも改めまして・・・・・・

故人のご功績を偲び、謹んで哀悼の意を表します。

・・・・・・閑話休題。

以下、時系列順で。帰宅して見返してみるとピンボケしたのばかりで・・・う〜ん、マニュアルのモード選択ミスったかなぁ?ピント合わせたつもりが・・・ともあれ今回は失敗作ばかりの画像ですみません。ポップアップの拡大画像は無しにしていますのでご了承ください。

・打出し~鳥追いの曲
P8180006

・三社・しのぶうりの曲
P8180007

・四ツ太鼓
P8180009
P8180010
リーダーさんだけ遺影のある向きに変えて演じられていたのには関係者ではない単なる一見学者の私でもグッとくるものがありました。

・万歳(まんざい)
P8180012

・祇園囃子
P8180014

・猿廻し
P8180018
P8180020

・てまりうた
P8180021

・獅子
P8180025
P8180027
P8180029
獅子に頭をかじられると無病息災になる由縁から、希望する人に向かって獅子が頭を齧って回る儀式があるのですが、ちゃんと撮れてたのが1枚もなかったので掲載はパス。
・・・すみません m(_ _)m ・・・
舞台を一通り回ったところで眠る獅子に土蜘蛛の登場↓獅子が土蜘蛛を追い出して終わりです
P8180039
P8180043
P8180045
P8180047
P8180049
P8180050
獅子は急造の組合せでコンビネーションに苦労している様子も少しありましたが、ともあれ無事に終えられてよかったです。

今夜の奉納が終わってからも、小山郷六斎念仏保存会では明後日8月20日に干菜山光福寺で、六地蔵めぐりの初日8月22日に上善寺で、それぞれ公開奉納がありますので、未見の方はぜひお出かけなさってください。

上御霊神社%%http://maps.google.co.jp/maps?q=35.036516,135.761590+(%E4%B8%8A%E5%BE%A1%E9%9C%8A%E7%A5%9E%E7%A4%BE)&hl=ja&ie=UTF8&z=16%%35.036516%%135.761590%%16

 


真夏の上賀茂神社と下鴨神社に行ってきました

ちょっと所用ができて午後から2つの賀茂社に行ってきました。このところ足が遠のいてしまってて葵祭の時も行ってませんし随分と久しぶりです。

まずは上賀茂神社〔正式名称は賀茂別雷神社(かもわけいかづちじんじゃ)〕[http://www.kamigamojinja.jp/]
P8060001

有名な枝垂桜ですが、今は真夏なので桜色ではなく緑色(笑)↓
P8060003

ニノ鳥居↓
P8060004

手前が楽舎、中央奥のが土舎↓
P8060005

細殿↓前にあるのは立砂で、御神体である柊野の神山を模したものだそうです
P8060006

楼門↓
P8060007
P8060008
・・・で、この門をくぐってお参り・・・なのですが、2年後の式年遷宮に伴う文化財修復の準備ということで工事用のテントとかがドンと置いてあったりしてたので、武骨なのを撮ってもしかたないと思い撮影は止めておきました。

 

次に向かったのは下鴨神社〔正式名称は賀茂御祖神社(かもみおやじんじゃ)〕[http://www.shimogamo-jinja.or.jp/]。上加茂神社発の市バス4番系統に乗ってバス停‘下鴨神社前’で降り、西参道からまっすぐ本殿に進みました。奥に鎮座してあるのを真正面から撮るのはさすがに気が引けたので少しだけ角度をズラしてます。
P8060009

言社↓本殿前にある七つのお社で十二支の守り神
P8060010
P8060011
P8060012

本殿に入る中門↓
P8060013

毎年7月の土用の丑の日には御手洗祭があって、この小川から御手洗池まで裸足で浸して歩いて行き蝋燭を供えて穢れを祓い無病息災を祈願するのですが、私は今年もとうとう行きませんでしたし・・・つべをあさってたら何方かアップしたのを見つけたので、それで雰囲気だけでも味わってください。
P8060014
P8060015

楼門↓夏越祓の茅の輪があるとは思いませんでした。
P8060016
P8060017

写真左が舞殿、右が橋殿↓
P8060020

神楽殿↓
P8060021

南口鳥居↓
P8060022

北側から見た糺の森↓
P8060023

7・8年前に京都市埋蔵文化財研究所が発掘調査していた一帯です。私が出かけた現地説明会では祭祀の遺構という話があったように記憶しています。真中に写っている案内板に詳しく説明が書かれているのでしょうけど、今の時期に奥まで分け入って蚊に刺されるのも嫌でしたので見に行くのは止めました。
P8060024

 

で、所用というのがこの安産御守↓私じゃなくて知人にプレゼントするものです
P8060025
衰退の道にまっしぐらの今の日本に生まれてくるのが正直言って気の毒ではあるのですが、何にせよ懐妊はお目出度いことなので、せめて無事出産を終えることと、生まれてくる子が物心つく時代には日本の社会状況がもうちょっとマシになってくれることを願うのみです。

 

下鴨神社%%http://maps.google.co.jp/maps?q=35.038510,135.772308+(%E4%B8%8B%E9%B4%A8%E7%A5%9E%E7%A4%BE)&hl=ja&ie=UTF8&z=13%%35.038510%%135.772308%%13

 


桃の花見@京都御苑

そろそろ桃の花も見頃だろうと気軽に考えて出かけたのですが、バスがぎょうさん止まってるわの人が多いわの、ついでに警備も多いわでビックリ・・・

・・・あぁ、そうか、京都御所の一般公開が今日からなのか・・・

チェックしてなくて現地に来るまで知りませんでした(苦笑)。

もっとも、わざわざ並ぶ気力もなかったし、この後ヤボ用がありましたしで今回はパスしました。今日は桃の花が目当てでしたし。枝垂桜もチェックしておこうかと思ってましたが、あちらは人が多そうなのでやめました。

天気が曇り気味でしたので少し暗めに写ってるかな・・・せっかく綺麗に咲いてたのに、ちょっと残念(苦笑)。
P4040001
P4040004
P4040005
P4040007
P4040009

京都御苑%%http://maps.google.co.jp/maps?q=35.023892,135.762116+(%E4%BA%AC%E9%83%BD%E5%BE%A1%E8%8B%91)&hl=ja&ie=UTF8&z=14%%35.023892%%135.762116%%14