ラジオStrikerS 第18回(ゲスト:久川綾)

劇場版の公開から2週間以上経ちましたが、客足は以前絶好調のようですね。今月6日からという来場者特典の第2弾の告知が公式サイトでありましたけど、MOVIX京都によると先着順でプレゼントされる特製A3ポスターというのは下のいずれかの選択だそうです。
O_3203_1
O_3203_2

ちなみに、京都でのスケジュールを見ても終了予定の文字が付いてないので、まだしばらくは上映されるんでしょうかね?改めて人気の高さを感じてます。

さて、今回のラジオStrikerSのゲストはスクルドリンディさんな久川綾さん。高橋さんいわく“夢の親子共演”。

パーソナリティより一回り以上年長の声優さんって一条さん以来なんですね。久川さんが劇場版制作の噂を高橋さんから初めて聞かされた時には、まさか無印のリメイクとは思ってなくて自分の出番はないだろうみたいな会話をしていたそうです。

トークでクロノに話題が移った時にキャロの役を決める際にもオーディションがあったことが高橋さんの口から明かされましたが、久川さんから
「自分が演じたキャラを余所の役者さんがやってるのを見るのって、どう?」
と逆質問された高橋さんの答えが、一言
「恨めしい感じ、でしたね」
久川さんも「自分の子どもを変な事されちゃった感じ」と同意してましたが、クロノの場合は変声期をまたいだという仕方ない面はあるのでしょうけど、実際に取り組んでいる声優さんからすると確かにそう簡単には割り切れない部分はあるのでしょうね。

さて、今回の放送でしとらすが個人的にツボったのは

1.右と左の区別が一瞬で区別つかないというリスナーからの相談に話が手の甲にでも書いておけばいいとなって、その際に久川さんが
喜久子さんもよくやってるよ
・・・なんでそこで17才教さんが出てくるんですかぁーーー?!スクルドさん!(爆)
なんでもイベントで台詞や歌詞を忘れないようにとかでよくやってるそうなんですが、高橋さんにも「おねーちゃん!」とバカウケでした。

2.「管理局24時」で先攻だった久川さん、速度という条件を無視してゆっくり原稿を読んだこと。しれっとして狡猾なほどしたたかなのはさすがリンディさん(笑)。原稿を読み終わってから
「え?これ、ゆっくりじゃだめなの?」
勝負の基準は速度とわかりやすさなので、と高橋さんに言われると、
無理!」「私の歳だと、やっぱりゆっくり読まなきゃね
・・・あ~、そのマイペースっぷりもリンディさんらしいというか(笑)。そのわりにスタッフの判定のボードに“美佳子先輩”とあったのを見て、めざとく‘先輩’の文字にツッコんでましたが・・・。ちなみに、噛みまくった高橋さんとの勝負は明らかだったのですが、高橋さんに頼まれて2人で告知コーナーやってました。久川さんの‘渋谷にいそうなギャル’、ベテランらしくなかなかのものでした。

ところで、次回以降のゲストは、プレシアな五十嵐麗さん、エイミィの松岡由貴さん、リニスの浅野真澄さん、そしてスカリエッティ成田剣さん。しばらくは劇場版に出演された方が続きますが、その後の成田さんは意外でした。



ラジオStrikerS 第18回(ゲスト:久川綾)」への1件のフィードバック

コメントは受け付けていません。