9月26日発売の『魔法少女リリカルなのはViVid』コミック第10巻、買ってきた!

わけあって公式発売日から1日遅れになってしまいましたけど、『魔法少女リリカルなのはViVid』コミックの第10巻をゲットしてきました。

すでに藤真さんのブログで公開されてるように、通常版ですと↓こういった表紙
Vivid10_cov_a_2

・・・だったのですが、私が買いに行ったのはアニメイトでしたので、カバーがア二メイト限定版の「高町家のおやすみタイムver.」になってるのを書いました。
Vivid010_animate_limited_h
・・・ピンクと肌色に負けたとか言われても反論できない・・・(苦笑)。

実物はまぁこんなものです↓
20130927
収録はMemory48からMemory52まで。無限書庫内でファビアが大暴れする続きから、彼女が逮捕されるドサクサついでにリオが「エレミアの手記」を見つけて、ジークとアインハルト・ヴィヴィオが読みはじめたところまででしたけど、読後の感想として最初に浮かんだのが・・・

・・・あの、ユーノ司書長は?・・・

ファビアを捕縛するまでに書庫内でかなりドンパチやってて資料がかなり破損されてた描写があったのですが、いくら管理局司令のはやてが修復できたからって司書長が顔を出さないというシチュエーションも不自然かと・・・まぁ彼の出番を嫌う変に狂信的なファンにイチャモンつけられたくなかったのかもしれませんけど、大規模なトラブルがあって管理者たる長や幹部が出てこないというもの一般社会的には違和感ありまくりなので、(はやてが修復魔法をかける際に司書長のバックアップ云々とユーノの作業に触れる台詞があったとはいえ)顔出しがまったくないというんもどうかなぁ・・・と。

ところで、同じく昨日発売されたコンプエース11月号には付録でリリカルなのはViVid10巻収納BOXが付いているそうですが、今月は他に資金投入したいのがあってナノハサンしてる場合ではないので(苦笑)、既に予約が始まっているというコミックの11巻限定版にプラスして10巻通常版と一緒に楽天のHMVで一括購入することにしました。入手が遅れてしまいますけど、別に急いでるわけじゃないのでいいや(笑)。

 

 

完全限定生産のコミック第11巻限定版も予約がはじまってます。↓[※アニメイト]
Nanoha11_tyumon

 




アニメイトオンラインショップ
月額見放題1,000円開始バナー(画像ありver)

9月26日発売の『魔法少女リリカルなのはViVid』コミック第10巻、買ってきた!」への1件のフィードバック

コメントは受け付けていません。