魔法少女リリカルなのはViVid:Memory02「昔はいろいろありました」

・・・・・・

・・・なんのかんのと思いながらも、結局発売日初日にコンプエースを買ってしまったしとらすは、いったいなんだったんでしょうねぇ~と自問自答しつつ(苦笑)。

作画担当の藤真さんのブログに扉ページの絵が置いてあったので↓
Vivid02_tobira


藤真拓哉オフィシャルブログ
http://fujima-blog.cocolog-nifty.com/blog/

Vi_showphp

今月号ではカラーの記事ページにも2ページ割かれていて、1つはリオとコロナのイラストと都築さんの簡単なキャラ紹介、もう1ページには“キャラクター・ファイル”として大きくなのはのジャケット姿のイラスト。藤真さんのブログによると「毎月1人のキャラをクローズアップして描く」ということなのだそうで、次号以降も楽しみですね。

・・・あぁ、これで結局毎月買うハメになるのが・・・(爆)。

聖王モードのヴィヴィオが随分と心配そうなフェイト(なんかStSの頃以上に心配性と過保護ママっぷりに拍車がかかってないですか?・笑)に、大人への変身=聖王化ではないし魔法や武術の練習には大人姿の方が便利だからと宥めるヴィヴィオ。それでもなお心配そうなフェイトに
「なにより変身したってヴィヴィオはヴィヴィオのまんま!」
ゆりかごもレリックもないしクリスのサポートもあるからと言い、さらにダメ押し?で

「それに、そもそもですね?
ママたちだって今のヴィヴィオくらいの頃にはかなりやんちゃしてたって聞いてるよ?」
Vivid02

と切り替えされて、フェイトもなのはも二の句が告げられなくなります。

・・・つーか、上の絵なんですが、あの特有の字体で“全力全開”“疾風迅雷”とか、いったいどこのレディースなのかと(爆)。ヴィータも真っ青なヤンキーっぷりじゃないですか・・・ヴィヴィオに誰が吹き込んだのか知りませんが(ユーノかアルフか・・・はやてはPT事件にはかかわってないし、リンディやエイミーなら嬉々としてバラしそうですけど・笑)、2人にとってはあまり触れられたくない過去なんですね(苦笑)。

それから、なのはが付き添ってヴィヴィオはクリスと魔法の練習に出かけ、その間にフェイトはエリオ&キャロと「親子の定時連絡」。早速ヴィヴィオの変身の件で愚痴ってますが、エリキャロだって知ってるわけないって・・・。ただ、フェイトと違ってまったく動じずに「勉強するのが好きですから」「あれでしっかりしてます、心配ないと思いますよ」と応じてて、どっちが年上かわかりません(笑)。

近くの公園内の練習場(ミッドには公共施設で魔法の練習の専用スペースがあるのか)で練習に入る前に、いたずらや遊びで大人モードにはならないこと(あくまで魔法と武術の練習・実践のみ)をヴィヴィオに改めて約束させるなのは、
「・・・心まで大人になるわけじゃないもん・・・ちゃんと順番追って大人になってくよ・・・」
などと応えるヴィヴィオは随分とおませさんですねぇ~(笑)。

「ちょっと生意気!」「せっかくイイ事言ったのにー!」とじゃれあう2人を羨望の眼差しで見つめるクリスが可愛らしくて、レイジングハートが羽でクリスをポフポフと慰めてるのがまたよかったり。練習でもいちいちヴィヴィオと同じポーズをとったりしてるクリスですが、なまじぬいぐるみ姿で表情を顔で表しているせいか、デバイスにしては随分と感情豊かに見えます。これでレイジングハートやバルディッシュみたいに言葉を話すようになったらどうなるのやら?

そして、場面はほぼ同時刻でナカジマ家へ。

スバル以外は勢揃いで晩御飯。鍋を器用に箸でつついて・・・ん?なんでチンクだけフォークなんだ?取扱注意な戦闘機人とはいえかわいい女の子を5人も娘に持って、ゲンヤさんはさぞかし勝ち組に見えそうですが、一家のエンゲル係数が相当な数値になってそうで別の意味で恐いかも(爆)。

ヴィヴィオがノーヴェに伝えた後なのか、食卓でもヴィヴィオが晴れてデバイスを持てるようになったことが話題になり、チンクがノーヴェにちょっとからかうように
「ヴィヴィオの武術師範としてはやはり嬉しいか」
と話してますが、ノーヴェがヴィヴィオに武術か・・・フェイトじゃなければてっきりヴォルケンリッターの面々がしごいてるのかと思ってましたが、それぞれ要職についてそうだから時間的に無理か・・・。真っ赤に照れながら「別に師匠とかじゃないよ」と言うノーヴェは相変わらずのツンデレさんですが、それでもゲンヤのことをちゃんと“おとーさん”と呼んでたり。

で、「明日教会に行く」と言い出したノーヴェに「セイン姉と双子をからかいに」とウェンディ、「姉も行きたいな、久し振りに」とチンクも同行する意思を見せて、翌日の朝、聖王教会の一室、カーテンを開けにきて午後にヴィヴィオとノーヴェたちが会いに来ると話しかけるセイン、その話しかけた相手はベッドでいつ覚めるともわからない眠りについてるイクス。

ここで第2話は終わり。

サウンドステージXで登場した古代ベルカ・ガレアの王、“冥王”イクスヴェリアをVividで再登場させるとは思いませんでした。前回で“覇王”が出てきてますし、当然絡ませるのでしょうけど・・・ということは眠りから起こすのか?聖王ヴィヴィオに新登場の覇王イングヴァルド、そしてイクスこと冥王イクスヴェリアを再登場・・・思ったよりも話が大きくふくらみそうですね。

ちなみに、次号では藤真さんのイラストによるヒロインコレクションポスターが付録につくそうです。来月は月末に娘TYPEのVol.2も出るんだっけなぁ・・・。これは、祇園祭を楽しんだ後に“なのは”で楽しめ、ということなんですね?!(たぶん違う)



4 Replies to “魔法少女リリカルなのはViVid:Memory02「昔はいろいろありました」”

  1. ピンバック: 夢の残滓
  2. ピンバック: 陽出る処の書紀

Comments are closed.