梅の花@京都御苑|魔法少女リリカルなのはViVid:Memory10「望んだ強さ」

投稿者:

ViVidの話に入る前に・・・今日は寺町のゲーマーズに行く前に、京都御苑に梅の花見に行ってきました。雨だったので人もわずかでしたが、ゆっくり見ることができました(雨降ってて花粉の心配もいらないし)。ケータイ画像なので写りはご容赦いただくとして、雨でも少し離れたところまで梅の香りが漂うものなんですね。
20100226image020
20100226image022
京都御苑の梅は今が見頃、早咲きと思われるのは少し散ってましたが、まだ蕾も多かったので、もうしばらくは見頃だと思います。桃の花はさすがにまだ早かったですね。あの様子では当分先かなぁ・・・。

では、ここからViVidのお話。京都では梅が見頃ですが、今月号のコンプエースは表紙が桜の先取りです。
Comp1003_h_syoei3


見ての通りで2号続けて藤真さんの表紙絵です。今回はアインハルトを入れて4人で桜の花見というシチュエーション、ヴィヴィオの服がとてもかわいらしいですね。藤真さんGJ!ちなみに、ゲーマーズで買ったので表紙と同じイラストのポストカードが貰えました(下の写真右)。
20100226image023

それから、今回の扉絵はこんな感じです↓
Vivid10

次世代型文系格闘魔法少女、がんばってます。
 絶賛発売中!→Amazon 楽天ブックス 7neticon e-hon
Vivid1syoei_2

藤真拓哉オフィシャルブログ
http://fujima-blog.cocolog-nifty.com/blog/

Vi_showphp

書棚のある部屋ではルーテシアがリオとコロナに回顧録(現物ではなく後世の写本)を読んで聞かせる形で、一方では食器の後片付けを終えてアインハルトがヴィヴィオに語って聞かせる形で、クラウスとオリヴィエの関係について話していきます。ルーテシアはアインハルトの事をノーヴェから聞いているそうですが、リオとコロナがヴィヴィオの正体を知ってたのにはちょっと意外な気も。それだけ仲がよくて信頼しあってるということなのかな。

歴史研究においてはクラウスとオリヴィエは生きた時代が違うというのが有力説らしいのですが、クラウスの回顧録では聖王家のオリヴィエが国交のあるシュトゥラに留学という形で滞在していて、2人は姉弟のように育ったとあるそうです。ただオリヴィエが聖王家の中でも継承権が低かったとかで、その点からルーテシアは表向き留学でも実際は体のいい人質だったのではと見ていて、それを聞いたリオとコロナはgkbr(笑)。

乱世のベルカ、悲しき時代。そんな中にあってオリヴィエと過ごした時間が(回顧録の中で頁を割いて書き記すほど)数少ない楽しい想い出のひと時。しかし、オリヴィエはやがて“ゆりかご”で命を落とし、彼女を失ったクラウスは武の道に打ち込んで実力を上げるものの、彼もまた短い生涯を終える羽目に。アインハルトはヴィヴィオにクラウスのことを話して聞かせる中で、彼が望んだ本当の強さというものを得られないまま亡くなったと言います。
「守るべきものを 守れない悲しみを もう繰り返さない強さ」
クラウスが生み出した覇王流の強さを証明すること、このことが自分の受け継いだ悲願だとヴィヴィオにきっぱり言うアインハルト。

正直に話してもらえたはいいけれど、悲しい歴史の話なのでヴィヴィオの表情もすっかり曇ってしまいます。しまったと思うアインハルト。なんとか明るい話題でも・・・とかいろいろと心の中で思案するのですが、そんな彼女の考え事が焦った顔とか困った顔とかのキャプチャ付きで書いてあるので、読んでる方はついニヤッとしてしまいます(笑)。そんな感じでアインハルトが困ってるところに、ノーヴェがスターズの模擬戦が始まるから訓練の見学をしないかと声をかけに来ました。それを聞いてとたんに明るい表情に戻ったヴィヴィオ。安心したアインハルトがノーヴェにこっそりお礼を言いますが、急に言われたって「?」なわけで。

道すがら、ヴィヴィオの母親達(=なのはとフェイト)も模擬戦に参加すると聞いたアインハルト、

「お二人とも家庭的で ほのぼのとしたお母様で 素敵だと思ったんですが
魔法戦にも参加されてるなんて 少し驚きました」

これを聞いて必死に笑いをこらえるノーヴェ。そうですよね、世の中知らない方がよかったなんてことはたくさんあります。パッと見やさしそうで家庭的な若いお母さんが世を忍ぶ仮の姿だったなんて、知らない方が幸せだったに違いないんですよ(爆)。まさかまさか、なのはとフェイトの真の姿が

×奥さまは魔女だったのです
○泣く子も黙るオーバーSランク空戦魔導師

だったんです・・・なんてねぇ・・・あれ?なんかピンク色と金色の・・・

というわけで、なのはが航空武装隊の戦技教導官で(1話で思わせぶりな記述があったので引退したのかと思ったら違いましたね)、スバルとティアナ2人をいっぺんに相手にしてるのを見てアインハルトはすっかり驚いてます。そして気配を感じて空を見ると「アルザスの飛竜・・・?!」大きなフリードに乗ったキャロとエリオ、横にはフェイトが飛んで来ました。スターズ3人で模擬戦を終えた後はフェイトとスバル・ティアナ・エリオがフィジカルトレーニング、キャロはなのはと魔法訓練。彼らの激しい訓練を見て、局の魔導師は皆ここまで鍛えているのか、と思わずヴィヴィオに尋ねるアインハルト。

六課メンバーの訓練に刺激されたヴィヴィオはアインハルトに声をかけてトレーニングに誘います(ミット打ちの練習でした)。2人を見送るリオとコロナ。今度はルーテシアがコロナに「例のアレ もう完成してるんだ」と話しかけます。嬉しそうな表情のコロナ。アレとはルーテシアお手製によるコロナのインテリジェントデバイスのことなんですね。「コロナ専用のカッコカワイイやつ!」と胸を張るルーテシア。あら、そんな才能もあったのね・・・。それを聞いて自分達も負けていられないとデバイスに話しかけるリオ。リオのデバイスは「ソル」というんですね。明日の練習では新魔法とか披露するとリオが張り切ってるので、子どもたちの魔法の練習ぶりもどうなるのか楽しみですね。

さて、場面は・・・湯気が立ってるから露天風呂かな?掃除しながらモニターで練習風景を見て「みんなホント元気でいいわねー」とつぶやくメガーヌ。独り言かと思いきや「いやまったく」と相槌が・・・誰かと思ったらセインでした。教会から新鮮野菜と卵を差し入れにきたというセイン、メガーヌから遊びたいくせにとツッコまれてあっさり認めたので、これは読者からシャッハさんにさっそくチクっておきましょう(笑)。
「ま せっかくだから 軽く温泉サプライズの 一つも仕掛けて」
みんなを楽しませてやろうとは思ってる、とセインが言うところで今回は終わりです。温泉ハプニング?なんて煽ってますけど、次回はあれですか、

エリオ逃げてーーー!!!

な展開ですか?他になんかあるっけ?しとらすの貧困な発想力ではこれしか思い当たる節がないんですけど・・・さてさて、まさか途中参戦があるとは思わなかった宮子セインが温泉でいったい何を仕掛けるのか・・・?

まだ旅行初日なんですが、随分密度が濃いですね。六課メンバーのトレーニングが入るからある意味当然なんでしょうけど。リオの口ぶりからすると子どもたちも遊び一辺倒ではなくて魔法の練習もするようですが、なのはが教えるという展開にでもなるのかしら?コロナの新デバイスのお披露目があるならクリスの本格的な出番もあるといいですね。現状ただの動くぬいぐるみだし(苦笑)。

それから、一生分全てを記憶しているわけではないと言いつつ残された回顧録の記述に沿った内容の独白をしていたアインハルトですが、彼女の言ったこと=クラウスの回顧録が事実なら、オリヴィエとクラウスは生きた時代が違うとする歴史研究における主だった説とは全く食い違うことになります。もっとも6話で(この辺の時代研究でも)明確ではないとあったので、戦乱で記録が散逸したとかなんとかで歴史研究が進まないのかなとも思いますが、この部分を今後掘り下げることはあるのか、それとも放置されるのか、少し気になるところではあります。触れる機会があるならユーノの出番を作ってほしいかなぁ・・・というしとらすの願望込みで。

ところで、次の5月号ではコンプエース5周年ということで、それを記念して武内崇×都築真紀による“なのは&Fate”コラボ企画があるそうです。本編以外にこちらも楽しみですね。


5件のコメント

  1. ピンバック: ちょっと寄ってって
  2. サイネリアの聖羅夢と申します。いつもTBでお世話になっております。
    相互リンクの件、了承です。
    早速、こちらもリンクさせていただきました。これからもよろしくお願いします。

  3. 聖羅夢さん、こんばんは。
    こちらこそお世話になってます。
    相互リンクの件でご了承いただき、ありがとうございます。
    このコメントで登録されたURLが
    http://saineria.at.webry.info/
    でしたので、こちらからのリンクは上記のブログの方にさせていただきました。
    今後ともよろしくお願いします。

ただいまコメントは受け付けていません。