魔法少女リリカルなのはViVid Memory;09「インターミドル・チャンピオンシップ」

投稿者:

アバンでのヴィクターがギャップ萌えでとても可愛らしかったですね。ジークに話しかける時は母性的で慈しむような感じ、番長と啀み合ってる時にはタカピーで生意気なお嬢様、この辺の使い分けは遠藤綾さんGJさすがでした。あと、エルス役が新井里美という人選にはすっかり意表を突かれましたね。それでも1度聴いてしまうと、原作コミック読んでてもエルスが出てくると新井さんの声が脳内再生で自然と固定されそう(笑)なので、これはこれで良かった気がします。
14329219720777003
14329219720777006
14329219720777008
14329219720783001
14329219720783002
14329219720783005
14329219720783007
14329219720783008
14329219720799001
14329219720799006
14329219720799007
14329219720822001
14329219720822002
14329219720822006
14329219720822008
14329219720835002
14329219720835005
14329219720835007
14329219720863008

ちなみに、このカット↓は2人が運命の出会いという示唆みたいな感じで、ジークはこの時から直感で意識していたのですが、アインハルトはまだ全然わからなかったのです。
14329219720844008
14329219720863001

さて、2クールあるのはいいけど分割だというのを最近知ってテンションが少し下がってしまいつつ見てたのですが、今話は構成で時系列を変えてくる思い切った手段を取ってきてました。ハリーvsエルスとミカヤvsミウラの2試合を詰め込んで少し窮屈な流れにも思えましたけど、これで原作5巻までをほとんど終えたことになります。気になるのは今期の残り3話をどう使ってくるか?ですが・・・次回はサブタイからしてアインハルトvsコロナ入るのでしょうけど、これはじっくり丁寧に描写してほしい感動的なエピソードなので、期待を裏切られないよう願うばかりです。
14329219720911002
14329219720955007
14329227670145004
14329227670174011
14329227670194004
14329227670194005
14329227670219001
14329227670245001
14329227670267004
14329227670442005
14329227670470001
14329227670490004
14329227670506003
14329227670506005
14329227670506010
14329227670586002
14329227670586003
14329227670664008
14329227670710002
14329227670710012
14329227670732008
14329227670732010
14329227670732011
14329227670744002
14329227670744006
14329227670744007
14329227670744010
14329227670750006
14329227670750008
14329227670750009
14329227670768001
14329227670768003
14329227670768008
14329227670780005
14329227670785002
14329227670785005

P.S.
ところで・・・円盤情報、まだなのでしょうか?今になっても表に出てきてないところを見るとBOX?・・・しとらす的には『ARIA』全シリーズBlu-rayBOXも控えてるので、時期が被らないといいのだけど・・・

 

5月26日発売の原作最新刊↓都築真紀&藤真拓哉『魔法少女リリカルなのはViVid〈14〉』
81nuyynokl





8件のコメント

  1. ピンバック: ぬる~くまったりと
  2. ピンバック: のらりんすけっち
  3. ピンバック: 桜詩〜SAKURAUTA〜
  4. ピンバック: 空 と 夏 の 間 ...

ただいまコメントは受け付けていません。