シベリウス:交響曲全集/パーヴォ・ベルグルンド&ヨーロッパ室内管

今日付でNMLに登録された中の1つです。とはいっても別に新譜とかではなく、ワーナー系列のレーベルがNMLに参加するようになってからバラ売りのものがチビチビ登録されてはいたのですが、今回のは箱物として新たなナンバーをふられて登録されたみたいです。サイト内で1つのページに纏めてある方がストリーミングで聴くにしても便利なので、こちらとしても助かりますが。

かつてはフィンランドを代表するレーベルだったFINLANDIAはワーナー傘下に入ったのを経て現在では消滅してしまったレーベルなので、本来であれば市場に残ってるの以外は入手不可のディスクばかりなのですが、幸いにもこのシベリウス交響曲全集については日本ではタワーレコードが復刻販売していて、しかも指揮者ベルグルンドへのインタビューなども日本語訳されたブックレットも付いているという有り難い一品となっています。

 

シベリウス:交響曲全集/パーヴォ・ベルグルンド&ヨーロッパ室内管(4CD)【FINLANDIA】

ジャン・シベリウス
・交響曲第1番 ホ短調 Op.39
・交響曲第3番 ハ長調 Op.52
・交響曲第2番 ニ長調 Op.43
・交響曲第6番 ニ短調 Op.104
・交響曲第4番 イ短調 Op.63
・交響曲第5番 変ホ長調 Op.84
・交響曲第7番 ハ長調 Op.105

指揮:パーヴォ・ベルグルンド
管弦楽:ヨーロッパ室内管弦楽団

録音時期:1995年9月(4,6,7番)、1996年12月(5番)、1997年10月(1,2,3番)
録音場所:ロンドン、ワトフォード・コロシアム(4,6,7番)、
     オランダ、ナイメーヘン、タウン・ホール(5番)、
     オランダ、ヒルフェルスム、RFOホール(1,2,3番)

http://ml.naxos.jp/album/825646619429

[※↓画像をクリックするとタワーレコードの商品ページにリンクします]
825646619429

 

ベルグルンド3度目の録音。ここでも昨年1月に彼の訃報に接した時に少し触れていますし、なにより多数のファンからの折り紙付きの評価を得ている演奏に敢えて言葉を付け加えることもないでしょう。しとらす的には、第3・4番からとりわけ5・6・7番で顕著になる透明で精緻な響きによって紡ぎだされた、数多のマクロコスモスを1つのミクロコスモスにまで凝縮したかのような音楽が印象深くて、とても気に入っています。

なぜ北欧のオケではなく小編成オケのヨーロッパ室内管[http://www.coeurope.org/]を起用したのか?1番・2番シンフォニーでは弦セクションを増員して14型編成にしていますが、3番以降では小編成を採っているとのこと。この室内オケ自体も確かに若手の腕利き揃いで有名ですが、彼らに何を望んでシベリウスを演奏したのか、提示された音楽を聴けば自ずと納得がいきます。録音も良好ですし、シベリウスでこれ以上の交響曲全集はもう出ないのではないでしょうか。