グリーグ:ピアノ協奏曲、プロコフィエフ:ピアノ協奏曲第3番/ニコライ・ルガンスキー(ピアノ)、ケント・ナガノ&ベルリン・ドイツ響

今日付でNMLに登録されたディスクで私が注目したいのが2枚ありました。まずその1つ。Ambroisieレーベルの新譜で、来年3月に京響と共演する予定のピアニスト、ニコライ・ルガンスキーがケント・ナガノ&ベルリン・ドイツ交響楽団[http://www.dso-berlin.de/]と組んで演奏したグリーグとプロコフィエフのコンチェルトです。

 

グリーグ:ピアノ協奏曲、プロコフィエフ:ピアノ協奏曲第3番
 /ニコライ・ルガンスキー(ピアノ)、ケント・ナガノ&ベルリン・ドイツ交響楽団
【Ambroisie】

エドヴァルド・グリーグ
・ピアノ協奏曲 イ短調 Op.16
セルゲイ・プロコフィエフ
・ピアノ協奏曲第3番 ハ長調 Op.26

ピアノ:ニコライ・ルガンスキー
指揮:ケント・ナガノ
管弦楽:ベルリン・ドイツ交響楽団

録音時期:2013年2月
録音場所:ベルリン、シュテークリッツ=ツェーレンドルフ区 ダーレム、イエス・キリスト教会

http://ml.naxos.jp/album/AM210

Am210

 

グリーグとプロコフィエフの3番、両曲とも私としてはこうしてじっくり聴いたのは珍しいかもしれません。

まず、グリーグのコンチェルトは北欧というよりもドイツ・ロマン派の延長線上にあるような印象をもたらすほど、硬派でスケール感ある質実剛健な演奏だと思います。ソリストしかり、伴奏のケント・ナガノ&ベルリン・ドイツ響しかり。ピアノの強い打鍵でも透明さを維持しつつもあまり叙情性に傾きすぎることなく、終楽章を壮大に締めくくっているのには好感が持てます。

そしてプロコフィエフの3番コンチェルト、やるときはやるもんですねぇ〜(笑)。めっちゃスリリングな印象でした。特に両端楽章で。ルガンスキーの冴えわたる技巧は数々の難所もいともあっさりサクッと弾きのけちゃってるし、彼のスピードに伴奏のオケもしっかりついてきていて、両者がっぷり四つに組んでの快演に聴き手のボルテージが上がりまくりといったところです。

この、グリーグとプロコフィエフの3番でソリストとして見事な演奏を披露したルガンスキーが京響定期ではラフマニノフの2番を演奏する・・・ソナタの録音では骨太なラフマニノフ像を見せていた彼のことですから、コンチェルトでも‘おセンチ’などという類の言葉とは真反対のものを示してくるんでしょうね。同じラフマニノフの2番シンフォニーで音を録ってなかったのが勿体ないほどの素晴らしい演奏を定期公演で披露していた広上&京響とルガンスキーが組んで、どういった化学反応を起こしてくれるのか大いに楽しみです(逆に言うとセンチメンタルなラフマニノフが好きという人は誠に残念ながら絶対に期待しない方がいいwww)。