スクリャービン:『法悦の詩』、『神聖な詩』、他/ネーメ・ヤルヴィ&シカゴ響、ロイヤル・スコティッシュ・ナショナル管、デンマーク国立放送響

今日付でNMLの「今週の一枚」として紹介されたディスクです。今年4月に永眠されたシカゴ交響楽団の元首席トランペット奏者アドルフ・ハーセスさんは今日7月25日がお誕生日なのだそうで、第2次大戦後間もない頃から半世紀以上にわたってシカゴ響の首席トランペット奏者を務め、“トランペットの神様”とまで賞賛されたハーセスさんを偲んで、という趣旨のようです。トランペットのソロが大活躍=ハーセスさんの演奏を堪能できる(協奏曲以外での)管弦楽作品としてよくパッと思い浮かぶのが『展覧会の絵』や『ツァラトゥストラはかく語りき』などだったりしますが、なるほど、スクリャービンの『法悦の詩』もあるのですね。

ちなみに、この2枚組CDに収録されているスクリャービンの交響曲3曲全てがシカゴ響の演奏ならば、一時期は世界最高とまで称されたこのオケのブラスセクションを充分堪能できるところだったのですが、そうは問屋が下ろしてくれなかったようで残念ながら違います(苦笑)。まぁそれでもレベルの高いオケを起用してるので、値段的には元が取れるとは思いますが・・・。

 

スクリャービン:『法悦の詩』、『神聖な詩』、他/ネーメ・ヤルヴィ&シカゴ響、他(2枚組)【Chandos】

アレクサンドル・ニコラエヴィチ・スクリャービン
・交響曲第4番『法悦の詩』 Op.54
・交響曲第2番ハ短調 Op.29
・交響曲第3番ハ短調『神聖な詩』 Op.43
・管弦楽のための前奏曲『夢想』 Op.24

指揮:ネーメ・ヤルヴィ
管弦楽:シカゴ交響楽団(法悦の詩)、デンマーク国立放送交響楽団(神聖な詩)、
    ロイヤル・スコティッシュ・ナショナル管弦楽団
トランペット:アドルフ・ハーセス(法悦の詩)

録音時期:1989年11月27-28日(法悦の詩)、1985年12月9-10日(交響曲第2番、夢想)、
     1990年5月31日-6月2日(神聖な詩)
録音場所:シカゴ、オーケストラ・ホール(法悦の詩);
     グラスゴー、ヘンリー・ウッド・ホール(交響曲第2番、夢想);
     コペンハーゲン、デンマーク放送コンサートホール(神聖な詩)

http://ml.naxos.jp/album/CHAN241-5

Chan2415

 

3つのオケを起用しての演奏ですが、まずはハーセスさんがソロを担当している『法悦の詩』、御年68歳の時の録音ですが、全盛期をやや過ぎているとはいえバリバリ現役には変わりない圧倒的な存在感と迫力です。まだショルティが音楽監督だった頃で世界最高の金管セクションが健在であることを明白に感じずにはいられない演奏です。Deccaなどとはまた一味違ったChandosによる癖のないナチュラルで良質な録音もいいですね。

もっとも黄金期のシカゴ響ならおバカな指揮者が振らないかぎりはこれくらいできて当たり前なのでしょうし、むしろ予想外に良かったと感じたのは2番シンフォニーの出来ですね。どういう縁か京響定期で2度の生演奏に接することのできた曲なのですが、ともすれば冗長になりやすく退屈さを憶えかねないこのシンフォニーに対して、ヤルヴィはメリハリを効かせて身の引き締まった音楽に仕上げています。スコティッシュ・ナショナル管のややドライなトーン、特にブラスセクションのパリッとした響きも功を奏して大いに健闘しています。

『神聖な詩』でのデンマーク国立放送響も好演を見せていますし、往年のシカゴ響のような世界のトップ3に肩を並べられるほどではないにしろ、スコティッシュ・ナショナル管にしてもデンマーク国立放送響にしても、こうして並べて聴いても意外に見劣りすることのない一流のレベルにある証明を窺わせているように感じました。