ショスタコーヴィチ:チェロ協奏曲集/エンリコ・ディンド、ジャナンドレア・ノセダ&デンマーク国立響;ディミートリイ・マスレンニコフ、クリストフ・エッシェンバッハ&北ドイツ放送響

今週末の京響定期は前半にショスタコーヴィチのチェロ協奏曲の2番を採り上げています。ソリストはイタリア人チェリストのエンリコ・ディンド[http://www.enricodindo.com/]。1965年3月16日のトリノ生まれで、22歳の時から11年にわたってミラノ・スカラ座の首席チェロ奏者だったとか。昨年2月のN響定期で同じ曲を演奏して好評だったようですが、そのベテラン・チェリストがショスタコーヴィチを得意とする京響と組んで、このなんとも渋くて内省的かつアイロニーに満ちた音楽をどのように聴かせてくれるのか、とても楽しみです。

ショスタコーヴィチの2曲あるチェロ協奏曲は個人的にこれまで積極的な触手が伸びなかった曲なので、予習がてら・・・と思ってNMLのリストを見たら、当の本人がChandos[http://www.chandos.net/]レーベルで近年録音したのがあったんですね。指揮はジャナンドレア・ノセダ、オケはデンマーク国立交響楽団(対外的に「ナショナル」を名乗っていますがデンマーク内ではDR放送交響楽団というデンマーク放送専属の第1オケという位置付け)。若い頃にスカラ座で首席張ってただけあって、デンマークでも一二を争う実力オケ相手に堂々としたもので、難曲をものともせず表現の幅とスケール感が広くかつ深いですね。心に染みいる音色も印象的で、ノセダとのコンビネーションも良く合ってると思いました。ディスクとしてみてもChandosの好録音でハイブリッドSACDというのがミソですが、ともあれこれは生で聴くのがとても楽しみになってきました。

せっかくの機会なのでと比較対象に探して聴いてみたのがPhoenix Edition[http://www.phoenixedition.com/]レーベルからリリースされていたディスク。こちらは1980年生まれの若いロシアのチェリスト、ディミートリイ・マスレンニコフがソロを務め、バックはエッシェンバッハ指揮の北ドイツ放送響。宣伝文句に曰くエッシェンバッハ自ら目をかけているチェロ奏者だそうで、20代半ばにして録音したショスタコーヴィチの2つの協奏曲でもその片鱗を見せてはいますが、こちらはいかんせん伴奏のオケが強力すぎ(苦笑)。特にチェロとホルンのドッペル・コンチェルトと言っても差し支えない1番協奏曲では、ホルンソロを務めているイェンス・プリュッカーJens Plücker, http://www.jenspluecker.de/)にやや押され気味なところが無きにしもあらずな部分もありました。まぁ相手が8歳年上で、しかもドイツでもトップクラスのオケでソロ首席を張ってるくらいですし・・・ただ、まだまだこれから伸びしろが大きい年頃での録音ですから、あれからどれくらい成長しているのか見てみたい将来豊かなプレイヤーではあると思います。

 

ショスタコーヴィチ:チェロ協奏曲集
 /エンリコ・ディンド(チェロ)、ジャナンドレア・ノセダ&デンマーク国立響
【Chandos】[Hybrid SACD]

ドミートリイ・ショスタコーヴィチ
・チェロ協奏曲 第1番 変ホ長調 Op.107
・チェロ協奏曲 第2番 ト長調 Op.126

チェロ:エンリコ・ディンド
指揮:ジャナンドレア・ノセダ
管弦楽:デンマーク国立交響楽団(DR放送交響楽団)

録音時期:2010年4月9-10日[第1番]、2011年4月18-20日[第2番]
録音場所:コペンハーゲン、デンマーク放送コンサートホール

http://ml.naxos.jp/album/CHSA5093

Chsa5093

 


 

 

ショスタコーヴィチ:チェロ協奏曲集
 /ディミートリイ・マスレンニコフ(チェロ)、クリストフ・エッシェンバッハ&北ドイツ放送響
【Phoenix Edition】

ドミートリイ・ショスタコーヴィチ
・チェロ協奏曲 第1番 変ホ長調 Op.107
・チェロ協奏曲 第2番 ト長調 Op.126

チェロ:ディミートリイ・マスレンニコフ
指揮:クリストフ・エッシェンバッハ
管弦楽:北ドイツ放送交響楽団
ホルン:イェンス・プリュッカー[第1番]

録音時期:2006年6月29日-7月1日
録音場所:ハンブルク、北ドイツ放送ロルフ=リーバーマン・シュトゥディオ

http://ml.naxos.jp/album/Phoenix128

[※↓画像をクリックするとタワーレコードの商品ページにリンクします]
Phoenix128