モンポウ・プレイズ・モンポウ 1 – 『ひそやかな音楽』(全曲)/フェデリコ・モンポウ(ピアノ)

今日付でNMLに登録されたENSAYOレーベルのラインナップを眺めていて、ふと気づいたのがモンポウの自作自演のディスク。BRILLIANTレーベルから4枚組のピアノ作品全集が出ていたのは知ってましたが、音源はENSAYOだったんですね。

 

モンポウ・プレイズ・モンポウ 1 – 『ひそやかな音楽』(全曲)/フェデリコ・モンポウ(ピアノ)【ENSAYO】

フェデリコ・モンポウ
『ひそやかな音楽』
・第1巻(全9曲)
・第2巻(全7曲)
・第3巻(全5曲)
・第4巻(全7曲)

ピアノ:フェデリコ・モンポウ

録音時期:1974年
録音場所:バルセロナ

http://ml.naxos.jp/album/ENY-CD-9716

Enycd9716

※こちらもENSAYO盤で入手するのは困難のようですし、BRILLIANTから格安で4枚組の自作自演集がリリースされていますので、買うならこちらの方がいいでしょう。
Amazon】 【タワーレコード
61w5sqzl

 

モンポウの場合は作品自体がヴィルトゥオーソからかけ離れた作風ということもあるのでしょうけど、録音当時81歳にしてはピアノソロで名前を売ってメシを食ってるプロと遜色ないレベルのしっかりしたタッチで、録音も良好です(日本語のWikiには「音質はそれほどよくない」って書かれてますけど、そこまでギャーギャー言うほどでもないと思います)。というか、これだけの技巧があるから自作自演集なんてのも出せるのでしょうけどwww

太田胃散でしたっけ?のCMとかでメロディーを耳にして、これからモンポウを聴いてみようという方には、BRILLIANT盤の自作自演集でまずチャチャッと聴いてみるのがいいかもしれません。