ショスタコーヴィチ:交響曲第8番/ヴァレリー・ゲルギエフ&マリインスキー劇場管弦楽団

投稿者:

今日付でNMLに登録されたディスクから注目のものをいくつか。

その2。

ヴァレリー・ゲルギエフの指揮でマリインスキー劇場[http://www.mariinsky.ru/]の自主制作レーベルからリリースされているショスタコーヴィチ・ツィクルス、今回の新譜は8番シンフォニーです。

 

ショスタコーヴィチ:交響曲第8番/ゲルギエフ&マリインスキー劇場管【Mariinsky】[Hybrid SACD]

ドミートリイ・ショスタコーヴィチ
・交響曲第8番ハ短調 Op.65

指揮:ヴァレリー・ゲルギエフ
管弦楽:マリインスキー劇場管弦楽団

録音時期:2011年6月15・17日、2012年5月16日、2013年3月23日
録音場所:サンクト・ペテルブルク、マリインスキー劇場コンサートホール

http://ml.naxos.jp/album/MAR0525

[※↓画像をクリックするとタワーレコードの商品ページにリンクします]
Mar0525

 

ツィクルスとしては5枚目になるのでしょうか、この8番シンフォニー自体が同じコンビで16年ぶりの再録音になるそうで、指揮者とオケそれぞれの円熟度とコンビとしての熟成具合が高まっているのか、演奏はとても素晴らしい出来で、遅めのテンポ設定を採っている第1楽章に漂う重苦しく張り詰めた空気、そうした雰囲気に包まれた音楽にはとても説得力がありますし、5つの楽章それぞれの独特の個性も見事に描き出していると思います。

ただ1つ、気になるというか引っかかるのが、楽章毎というか部分部分での微妙な温度差が垣間見えてしまうこと。データを見ると録音時期が間隔をかなり空けて3回に分かれているのですが、これまでリリースされてきた他のディスクでは1つの曲に対して時期を集中させて録音してきていただけに、この8番シンフォニーだけ何故こうなったのか意図を計りかねます。初回で一通りセッション録音して、後になって不満に感じた箇所を部分録りして継ぎ接ぎしたとか?ですが、いくらセッション録音とはいえ人間のやることですから、1年近くも間隔が開いてしまうと同じテンションで臨むというわけにもいかないでしょうし、そうしたところが微妙な温度差の違いとして僅かではあっても露呈してしまったのでしょうか?自主レーベルなら多少の融通はききそうにも思えるので、仮に録り直すにしても時期をある程度集中させるスケジューリングができひんかったんかな、と残念に感じます。演奏自体が各楽章それぞれにパーフェクトなだけに、微妙な温度差というかテンションの違い、統一感の僅かなズレがとてももったいないと思いました。

 


 

ちなみに、ゲルギエフとマリインスキー劇場管のコンビで自主レーベルからリリースされているショスタコーヴィチ・ツィクルスはこちらです。

 

ショスタコーヴィチ:交響曲第7番/ゲルギエフ&マリインスキー劇場管【Mariinsky】[Hybrid SACD]

ドミートリイ・ショスタコーヴィチ
・交響曲第7番ハ長調 Op.60『レニングラード』

指揮:ヴァレリー・ゲルギエフ
管弦楽:マリインスキー劇場管弦楽団

録音時期:2012年6月6-14日
録音場所:サンクト・ペテルブルク、マリインスキー劇場コンサートホール

http://ml.naxos.jp/album/MAR0533

[※↓画像をクリックするとタワーレコードの商品ページにリンクします]
Mar0533

 

 

 

ショスタコーヴィチ:交響曲第1番、第15番/ゲルギエフ&マリインスキー劇場管【Mariinsky】[Hybrid SACD]

ドミートリイ・ショスタコーヴィチ
・交響曲第1番ヘ短調 Op.10
・交響曲第15番イ長調 Op.141

指揮:ヴァレリー・ゲルギエフ
管弦楽:マリインスキー劇場管弦楽団

録音時期:2008年7月24,25日(ライヴ)
録音場所:サンクト・ペテルブルク、マリインスキー劇場コンサートホール

http://ml.naxos.jp/album/MAR0502

[※↓画像をクリックするとタワーレコードの商品ページにリンクします]
Mar0502

 

 

 

ショスタコーヴィチ:交響曲第2番、第11番/ゲルギエフ&マリインスキー劇場管【Mariinsky】[Hybrid SACD]

ドミートリイ・ショスタコーヴィチ
・交響曲第2番ロ長調 Op.14 「十月革命に捧ぐ」
・交響曲第11番ト短調 Op.103 「1905年」

指揮:ヴァレリー・ゲルギエフ
管弦楽:マリインスキー劇場管弦楽団

録音時期:2009年2月2月4-6日(2番)、2月14-16,18-20日(11番)[※ライヴ録音]
録音場所:サンクト・ペテルブルク、マリインスキー劇場コンサートホール

[※↓画像をクリックするとタワーレコードの商品ページにリンクします]
81f9du1ulkl_aa1000_

 

 

 

ショスタコーヴィチ:交響曲第3番、第10番/ゲルギエフ&マリインスキー劇場管【Mariinsky】[Hybrid SACD]

ドミートリイ・ショスタコーヴィチ
・交響曲第3番変ホ長調 Op.20 「メーデー」
・交響曲第10番ホ短調 Op.93

指揮:ヴァレリー・ゲルギエフ
管弦楽:マリインスキー劇場管弦楽団
合唱:マリインスキー劇場合唱団

録音時期:2010年6月22-24日
録音場所:サンクト・ペテルブルク、マリインスキー劇場コンサートホール

[※↓画像をクリックするとタワーレコードの商品ページにリンクします]
71fvkrknm7l_aa1417_