バッハ:ヴァイオリン協奏曲集/ヴィクトリア・ムローヴァ(ヴァイオリン)、オッターヴィオ・ダントーネ&アカデミア・ビザンティーナ

今日付でNMLに登録された録音。2005年の発足したイギリスのOnyx[http://www.onyxclassics.com/]レーベルから今年の春にリリースされたディスクで、今やOnyxレーベルの看板アーティストとなっているヴァイオリニストのヴィクトリア・ムローヴァが、イタリアのラヴェンナを本拠に活動している古楽アンサンブルのアカデミア・ビザンティーナ[http://www.accademiabizantina.it/]をバックに演奏したバッハの協奏曲集で、彼女自身によるハッハの協奏曲集は1995年以来となる新録音なのだそうです。

 

J.S.バッハ:ヴァイオリン協奏曲集
 /ヴィクトリア・ムローヴァ(ヴァイオリン)、オッターヴィオ・ダントーネ&アカデミア・ビザンティーナ
【Onyx】

ヨハン・ゼバスティアン・バッハ
・ヴァイオリン協奏曲 ホ長調 BWV1042
・チェンバロ協奏曲 第2番 ホ長調 BWV1053
 [※オッターヴィオ・ダントーネ編曲によるヴァイオリンと管弦楽編]
・ヴァイオリン協奏曲 第1番 イ短調 BWV1041
・2台のチェンバロのための協奏曲 第1番 ハ短調 BWV1060
 [※オッターヴィオ・ダントーネ編曲によるヴァイオリンと管弦楽編]

ヴァイオリン:ヴィクトリア・ムローヴァ
指揮、チェンバロ:オッターヴィオ・ダントーネ
合奏:アカデミア・ビザンティーナ

録音時期:2012年12月1-5日
録音場所:ラヴェンナ、バニャカヴァッロ、聖フランシスコ修道院サラ・オリアーニ

http://ml.naxos.jp/album/ONYX4114

Onyx4114

 

寡聞にして私はフィリップス・レーベルに録音した旧版の方は聴いたことがありません。ムローヴァの演奏に触れるのも比較的最近になってからで、モダン・スタイルでキャリアをはじめた彼女が古楽界の名匠たちとの邂逅を経てガット弦・ピリオド弓の仕様ならびにピリオド・アプローチの研究を続けてきた現在のムローヴァしか知りません。

ですので、比較云々ではなく単純な第一印象しか持ってないのですが、敢えて言うならとても落ち着いた“大人の女性”といった趣きの演奏に思えました。ただ単に歳の数だけ経験値を重ねただけでなく、モダンとピリオドの両方をある程度極めた上での、2つのスタイルの枠の違いを超越したような洗練された落ち着きと美しさを感じます。とかく先鋭的に走りがちなピリオド演奏である種の不要な棘を丁寧に取り去りつつも、決してダレることのない、悠然とした音の流れをダントーネとアカデミア・ビザンティーナとの共同作業で素晴らしいまでに表現しているのではないでしょうか。

それと、ユニークだったのが、元々チェンバロ協奏曲として書かれたものをオッターヴィオ・ダントーネがヴァイオリン・コンチェルトとしてアレジした2曲。全くと言っていほど違和感がありませんでした。彼曰く、バロック時代の「編曲」はその時々の置かれた状況で演奏者や楽器に合わせて普通に行われていたのだそうで、実際バッハとヴィヴァルディについてWikiで調べ物していた時に、ヴィヴァルディがヴァイオリン協奏曲として書いたものをバッハがチェンバロ協奏曲に書き換えた例がいくつもあるのに気づいて、現代とは随分と感覚が違うんだなと歴史の差に改めて驚かされました。著作権なるものが幅を利かせてる現代では下手するとお縄にかけられてしまいますが(苦笑)、当時は良い物ならば使い回して広めたってエエやんという良くも悪くもおおらかな趣向があったみたいですね。

 


 

さて、ムローヴァはOnyxレーベルとの契約後はヴィヴァルディのヴァイオリン協奏曲集を皮切りに何枚かディスクを録音制作しています。その中でも代表的な2作を下記に挙げておこうと思います。

 

ヴィヴァルディ:ヴァイオリン協奏曲集/ムローヴァ&イル・ジャルディーノ・アルモニコ【Onyx】

アントニオ・ルーチョ・ヴィヴァルディ
・ヴァイオリン協奏曲 ニ長調『グロッソ・モグール』RV.208
・4つのヴァイオリンのための協奏曲 ロ短調 Op.3-10, RV.580
・ヴァイオリン協奏曲 ハ長調 RV.187
・ヴァイオリン協奏曲 ニ長調『不安』RV.234
・ヴァイオリン協奏曲 ホ短調『お気に入り』RV.277

ヴァイオリン:ヴィクトリア・ムローヴァ
指揮:ジョヴァンニ・アントニーニ
合奏:イル・ジャルディーノ・アルモニコ

http://ml.naxos.jp/album/ONYX4001

Onyx4001

 


 

 

バッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ全集/ヴィクトリア・ムローヴァ (2CD)【Onyx】

ヨハン・ゼバスティアン・バッハ
・無伴奏ヴァイオリンのためのソナタ 第1番 ト短調 BWV1001
・無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ 第1番 ロ短調 BWV1002
・無伴奏ヴァイオリンのためのソナタ 第2番 イ短調 BWV1003
・無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ 第2番 ニ短調 BWV1004
・無伴奏ヴァイオリンのためのソナタ 第3番 ハ長調 BWV1005
・無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ 第3番 ホ長調 BWV1006

ヴァイオリン:ヴィクトリア・ムローヴァ

録音時期:2007年3月18-19日、2008年10月20-22日
録音場所:イタリア、ボルツァーノ

http://ml.naxos.jp/album/ONYX4040

Onyx4040