ストラヴィンスキー:ヴァイオリン協奏曲、プロコフィエフ:ヴァイオリン協奏曲第2番/パトリシア・コパチンスカヤ(ヴァイオリン)、ウラディーミル・ユロフスキ&ロンドン・フィル

今日付でNMLに登録されたディスクでもう1つ注目すべきが、Naïve[http://www.naive.fr]レーベルから先月下旬に新譜でリリースされたばかりの、ストラヴィンスキーとプロコフィエフのヴァイオリン・コンチェルトの組み合わせのもの。ヴァイオリニストはモルドヴァ出身のパトリシア・コパチンスカヤ[http://patriciakopatchinskaja.com/]、私は初めて目にした名前の女性ヴァイオリニストですが、昨年とかに来日経験があるようなので、実演を聴かれた人もそれなりにいるのではと思います。たぶんストラヴィンスキーとプロコフィエフの2人のキャラの濃い(笑)ロシアの作曲家のカップリングで、バックがユロフスキ&ロンドン・フィルのコンビでなければスルーしてたかもしれません。ただの興味本位で聴いてみたのですが、これがまた・・・だったので。

 

ストラヴィンスキー:ヴァイオリン協奏曲、プロコフィエフ:ヴァイオリン協奏曲第2番
 /パトリシア・コパチンスカヤ(ヴァイオリン)、ウラディーミル・ユロフスキ&ロンドン・フィル
【Naïve】

イーゴリ・ストラヴィンスキー
・ヴァイオリン協奏曲 ニ調
 [※ラストに置かれたカデンツァはコパチンスカヤとシェーマンによるオリジナル]
セルゲイ・プロコフィエフ
・ヴァイオリン協奏曲第2番 ト短調 Op.63

ヴァイオリン:パトリシア・コパチンスカヤ
指揮:ウラディーミル・ユロフスキ
管弦楽:ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団
コンサートマスター:ピーター・シェーマン

http://ml.naxos.jp/album/V5352

V5352

 

Naïveのサイトを見ても録音時期とかのデータが記されてないのがとても残念なのですが・・・ストラヴィンスキーのカデンツァはジャケット裏に
“WHICH STRAVINSKY DIDN’T WRITE | WITH PIETER SCHOEMAN”
と書かれていたので、たぶんコパチンスカヤ単独でなくロンドン・フィルのコンマスの意見を取り入れながらのオリジナル、だと考えたのですが、違ってたらスンマセンです。

さて、モルドヴァ生まれでウィーンとベルンで作曲とヴァイオリンを学んだというパトリシア・コパチンスカヤ、ストラヴィンスキーとプロコフィエフで見せている彼女のヴァイオリンは単にアクが強いと言うよりも凄まじいほどエッジが鋭くてパワフルな印象です。でも決して乱暴ではなくて繊細に気を使っている部分もちゃんとあるし、あれだけガツガツ弾いてるようでいて音色に一片の濁りも無い。先月の京響定期に来演したアレクサンドラ・スム女史とはまた違う毛色の肉食系といったところでしょうか。イギリスの音楽壇界隈でも勢いの良さでは一目置かれているであろうウラディーミル・ユロフスキとロンドン・フィルのコンビに対して一歩も引かないどころか彼らと歩調を合わせつつ大いに自己主張しているところが見事だと思いました。

このディスクに収録された2曲とも私にとっては縁遠いコンチェルト(定期とか地元で聴ける生の演奏会で無理やりメンコンやチャイコン聴かされるよりはこういったのを採り上げてもらった方がマシという程度・苦笑)なのですが、それでも1度聴いただけで圧倒されてしまったという次第でした。

ところで、この新譜にはプロモージョン動画もあるので、よろしければ参考までに。