『Impressions françaises』〜プーランク、フォーレ、ドビュッシー:フルートを伴う室内楽作品集/ジュリエット・ユレル(フルート)、エレーヌ・クヴェール(ピアノ)、他

投稿者:

“Impressions françaises”、直訳すると“フランスの印象”でしょうか、そういったタイトルが付けられたアルバムですが、今回採り上げるのはロッテルダム・フィルの首席フルート奏者も務めるフランス人フルーティストのジュリエット・ユレル[http://www.juliettehurel.com/]によるプーランク、フォーレ、ドビュッシーの作品集です。今回のラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポンでは室内楽の公演での来日のようですね。

→ジュリエット・ユレルの公演スケジュール
 http://www.lfj.jp/lfj_2013/performance/artist/detail/art_77.html

 

『Impressions françaises』〜プーランク、フォーレ、ドビュッシー:フルートを伴う室内楽作品集
 /ジュリエット・ユレル(フルート)、エレーヌ・クヴェール(ピアノ)、他
【Zig-Zag】

フランシス・プーランク
・フルート・ソナタ FP.164
ガブリエル・フォーレ
・フルートとピアノのための小品
・シシリエンヌ ト短調 Op.78[※フルートとピアノ編]
・コンクール用小品
・幻想曲 ハ長調 Op.79
・子守歌 ニ長調 Op.16[※フルートとピアノ編]
クロード・ドビュッシー
・シランクス〜フルートと朗読のための
・フルート、ヴィオラとハープのためのソナタ
・シランクス[※無伴奏フルート、朗読無し]
・牧神の午後への前奏曲[※編曲:ギュスターヴ・サマズイユ]
フランシス・プーランク
・廃墟を見守る笛吹きの像(※1997年に発見された短い無伴奏曲)

フルート:ジュリエット・ユレル
ピアノ:エレーヌ・クヴェール
ヴィオラ:アルノー・トレット
ハープ:クリスティーネ・イカール
詠唱:フローレンス・ダレル

http://ml.naxos.jp/album/zzt110401

Zzt110401

 

1曲目のプーランクのソナタからして、明るめなトーンの柔らかい音色と高い技巧による繊細な演奏で聴き手を魅了してくれます。収録曲の中には、フォーレのシシリエンヌのような有名な小曲もあれば、ドビュッシーのシランクスでは2つのヴァージョンが入ってたり(ググってみたら元々はガブリエル・ムーレの未完の劇『プシシェ』の付随音楽として舞台袖で演奏すべき小品として作曲されたらしく朗読付きの方がむしろオリジナルと言ってもよさそうですね)と珍しい曲もあったりで、こういった選曲にもユレルのこだわりがあるのかな、という気がします。どれも心地よく耳に入ってくる音楽になっているのが好印象ですね。

あと、最後に収録されているプーランクの『廃墟を見守る笛吹きの像』はFP番号が付いてない上にNMLのページにデータもないしで調べるのにちょっと苦労しました。どうやら作曲者の死後に発見された曲のようで、ベルリン・フィルの首席フルート奏者でソリストとしての活動も多いエマニュエル・パユが自身のリサイタルのアンコールピースでよく採り上げたりしてるらしいです。昨秋にEMIからリリースされたプーランクの作品全集の中にもパユが2011年6月に録音したものが収録されています(というかこのBOX物のために新規でレコーディングしたとか)。

今回の公演の中には日本を代表するハープ奏者の吉野直子[http://www.naokoyoshino.com/]さんと共演するプログラムもありますので、機会のある方はぜひどうぞ。

 

東京国際フォーラム%%http://maps.google.co.jp/maps?q=35.676840,139.763553+(%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%A0)&hl=ja&ie=UTF8&z=15%%35.676840%%139.763553%%15