京都国立博物館でマナカナが一日館長

即位20周年を記念して東山七条の京都国立博物館で特別展が開催されているのですが、昨日にマナカナが一日館長を務めたとか。

特にファンというわけでもないけれど・・・

昨日行っときゃぁよかったーー!!

・・・っていつも日曜日を避けている人間が言うことでもないですが(爆)

京都国立博物館 特別展
 『京都御所ゆかりの至宝-甦る宮廷文化の美-』

今月22日までの開催ですので、まだ慌てる必要もないですが(笑)、天皇ゆかりの品々を中心として多数の作品が展示されるようですので、梅の花の観賞がてらいかがでしょうか?

梅の花といえば、梅の名所として知られる智積院は東山七条の交差点を挟んで博物館の向かい側とすぐ近くですから、ちょうどいいですね。

茉奈、佳奈さんが一日館長 京都国立博「御所の至宝展」
【京都新聞 2009年2月1日】

 特別展「京都御所ゆかりの至宝-甦(よみがえ)る宮廷文化の美」(京都新聞社など主催)が開催中の京都国立博物館(京都市東山区)で1日、NHK連続ドラマ小説「だんだん」ヒロインの女優三倉茉奈さん、佳奈さんが「一日館長」を務め、来場者と触れ合い、洗練された宮廷美術の魅力をアピールした。
 この日、2人は佐々木丞平館長から辞令交付を受け、さっそく御物(ぎょぶつ)や国宝、重文など約130件が飾られる館内を巡視した。狩野永徳や探幽筆と伝えられる壮麗な屏風(びょうぶ)絵や障壁画、衣装などに見入りながら、佐々木館長に熱心に質問。周囲の来館者に感想を聞いたり、会話を楽しんだ。
 「だんだん」で祇園の舞妓役として出演中の佳奈さんは「着物に興味があり、十二単(ひとえ)や源氏物語の屏風が美しかった」と言い、茉奈さんは「(一日館長として)お客さんの表情が気になりましたが、幅広い世代の方がたくさん来られていてうれしい」と話していた。同展は22日まで。月曜休館。有料。
P2009020100127
〔※写真:来館者に感想を聞く一日館長の三倉茉奈さん(中央左)と佳奈さん(京都市東山区・京都国立博物館)〕

[マイコミジャーナルより↓]
001l
↑左から三倉茉奈、佐々木丞平館長、三倉佳奈
002l

京都国立博物館で『天台宗開宗1200年記念~最澄と天台の国宝』

京都国立博物館で今日まで開催の《最澄と天台の国宝》を見に行ってきました。

夕方4時頃↓日が黄昏はじめる時間帯の青空がなんとなく好きだったり・・・
2005_11210008
Continue reading “京都国立博物館で『天台宗開宗1200年記念~最澄と天台の国宝』”