南観音山」タグアーカイブ

祇園祭:後祭・山鉾巡行(2017年7月24日)

先週の前祭の時は月曜日とはいえ祝日だったので容易に想像される混雑を避け、今年ははじめから後祭を観に行けるように予定を立てていました。

その先週の様子はこんな感じだったようです。

 

これは21日に厄除け粽を買いに鯉山[http://www.koiyama.com/]まで拝観に出かけた時のもの。16世紀にブリュッセルで製作されたタペストリーを見送などの飾りに使用しているので有名な舁山ですが、山建てが終わってから宵山までの一般公開期間中はこうして展示されてているのを見ることができます。ちなみに、小さな絵馬が付いている鯉山の粽は600円でした。
Img_20170721_125654
Img_20170721_125708
Img_20170730_094047

 

さて24日の今日、烏丸御池から9時30分にスタート。前祭とは逆回りのコースで四条烏丸まで向かいます。平日だし、復活してまだ4回目の後祭やしで、30分前に交差点の東南角に着いても余裕で前の方で見れます(ちなみに一旦はじまってしまうと道路の横断ができなくなってしまうので、河原町御池や四条河原町での辻回しも観たいということであれば烏丸御池での始まりの時は東南角にポジションを取っておくことをお勧めします)。

まずは橋弁慶山[http://www.hashibenkei-yama.com/]から
Img_20170724_093106

北観音山[http://www.rokkaku.sakura.ne.jp/]
Img_20170724_093453

鯉山[http://www.koiyama.com/]
Img_20170724_093511
Img_20170724_093555

役行者山[http://ennogyojayama.main.jp/]
Img_20170724_093638

八幡山[http://www.hachimansan.com/]
Img_20170724_093741

南観音山
Img_20170724_094610

鈴鹿山
Img_20170724_094752
Img_20170724_094807

浄妙山
Img_20170724_094844

黒主山[http://www.kuronushiyama.or.jp/]
Img_20170724_094939
Img_20170724_095004
Img_20170724_095930

 

いよいよラスト、締めは大船鉾[http://www.ofunehoko.jp/]。3年前に復活した頃は鉾の飾り付けとかまだ不完全だったように記憶してますが、久しぶりに観た今年の大船鉾は“鉾”に相応しい豪華さを取り戻したような印象で感慨深いものがありました。ここまで尽力された方々には本当に頭が下がる思いでいっぱいなのと同時に、焼失の元凶(禁門の変→ドンドン焼け)である長州藩のクソ馬鹿連中とその子々孫々に対する怒りが改めて沸々と沸き起こるのでした。
Img_20170724_095108
Img_20170724_095128
Img_20170724_095149
Img_20170724_095206
Img_20170724_100128

 


 

 


祇園祭:山鉾巡行(2013年7月17日)・・・河原町御池にて、その4

[※その3 から続く]

ここからは、いわゆる“後祭”と呼ばれています。

祇園祭に参加している山鉾については下記サイトを参考にしてください。
京都祇園祭 http://www.gionmatsuri.jp/
(財)祇園祭 山鉾連合会 http://www.gionmatsuri.or.jp/

 

24番、橋弁慶山[http://www.hashibenkei-yama.com/]
20130717_122857
20130717_122908
20130717_122946

 

25番、北観音山↓
20130717_123110
20130717_123335
20130717_123359
20130717_123402
20130717_123404

 

26番、黒主山[http://www.kuronushiyama.or.jp/]↓今年はここで粽を買ったのですが・・・
20130717_123734
20130717_123814
20130717_123817
20130717_123819
20130717_123821
20130717_123823
2回転キタ━━(゚∀゚)━━!! 観客からは前の北観音山よりも大拍手と歓声があがってました。

 

27番、浄妙山↓
20130717_124011
20130717_124014
20130717_124016

 

28番、役行者山[http://ennogyojayama.main.jp/]↓今度は3回転キタ━━━(゚∀゚)━━━!!!
20130717_124102
20130717_124143
20130717_124145
20130717_124147
20130717_124148
20130717_124151
20130717_124153
・・・もう張りきりすぎ(爆)。これには曳山の辻回しよりも大きな拍手と歓声が観客から贈られてました。

 

29番、南観音山↓
20130717_124430
20130717_124829
20130717_124958

 

30番、鈴鹿山↓
20130717_125455
20130717_125543
20130717_125545

 

31番、八幡山[http://www.hachimansan.com/]
20130717_125625
20130717_125707
20130717_125709

 

32番、鯉山[http://www.koiyama.com/]
20130717_125811
20130717_125852
20130717_125853
20130717_125856
20130717_125858
20130717_125901
20130717_125904
ここも頑張ってグルッと回してくれたおかげで、前掛や胴掛・見送り・水引にふんだんに使われている、ホメーロスの叙事詩『イーリアス』の中のトロイア最後の王プリアモスと王妃ヘカベーの祈りの場面が描かれた16世紀ブリュッセル製タペストリーを拝めることができました。

 

最終、大船鉾[http://www.ofunehoko.jp/]↓今年はまだ唐櫃と囃子のみです。
20130717_125938
・・・これで一通り見たことになるのですが、私もこうして長刀鉾から最後まで1ヶ所で見続けたのは随分と久しぶりで、ちょっと疲れました(笑)。でも雨に見舞われなくてよかったです。

時間の都合上、今年も四条麸屋町での注連縄切りは見られなかったので、そこはニュースで補填。今年のお稚児さんの白井大督君は無事に大役を果たせたようで、なによりでした。

揺るがぬ伝統、祈り込め 祇園祭・注連縄切り【京都新聞 2013年7月17日】

 輝く太刀が、縄を断つと、山鉾が車輪をきしませ進み始めた。八坂神社の神域との結界を解く注連縄(しめなわ)切り。17日の祇園祭山鉾巡行で、長刀鉾の稚児、白井大督(だいすけ)君(10)は、巡行の始まりを告げる大役を、見事に果たした。

 2年前、稚児を補佐する禿(かむろ)として長刀鉾に乗った時、主役を務めた三つ年上の兄の姿にあこがれた。今度は自分の番。疫病退散を祈願した祭りの由来や神の使いとされる稚児の役割をしっかりと受け止め、「本番では、病気や震災が一つでも少なくなるように、大きく演技したい」と語っていた。その言葉通り、鉾上の太平の舞では体を大きく乗り出し、雄大に演じてみせた。

 息子の晴れ姿を母の千博さん(45)は沿道から見守った。たくさんの人に支えられながら、稚児として幾つもの儀式に臨んできた1カ月間を振り返り、「多くの方の力を借りて今日を務められたことを忘れず、これから一つずついろんな形でお返ししてほしい」と涙目で語った。

20130717122841sime
〔※写真:注連縄切りの大役を堂々と果たす白井大督君(17日午前9時23分、京都市下京区四条通麸屋町)〕

祇園祭:山鉾巡行%%http://maps.google.co.jp/maps?q=35.003682,135.759675+(%E7%A5%87%E5%9C%92%E7%A5%AD%EF%BC%9A%E5%B1%B1%E9%89%BE%E5%B7%A1%E8%A1%8C)&hl=ja&ie=UTF8&z=15%%35.003682%%135.759675%%15

 


祇園祭:7月16日、宵山・・・少し早めの朝に・・・(2013年)

連休明け、曇り空ですが雨は大丈夫そう、たぶん(夕方のにわか雨にみまわれやすい時期なので午後の天気がどうなるかはわかりませんが)。今日は午前の早い時間帯しか空いてなかったので、バス→地下鉄で烏丸御池まで行って、そこからさほど遠くない範囲しか見て回れませんでした。まだ人出も少なかったので1時間だけでも結構いろいろ見れてよかったです。

祇園祭の各行事の日程等は下記サイトを参考にしてください。
京都祇園祭 http://www.gionmatsuri.jp/
(財)祇園祭 山鉾連合会 http://www.gionmatsuri.or.jp/

どこの山鉾町でも私はそうしてるのですが、宗教慣習上で特に御神体を祀ってある場所とかは撮影不許可の場合もありえますので、町内会所の屋内に見学で入らせてもらった時は関係者の方に確認をとってからカメラで撮るようにしています。

 

まずは役行者山[http://ennogyojayama.main.jp/]
P7160001
一回りした帰りにもう1度寄って御神体を祀ってある屋敷内まで見学で入ってみました。
P7160050
P7160051
P7160052
P7160053
P7160054
P7160055
役行者山は午後の・・・だいたい13〜14時頃でしょうか、その時間帯に行くと、聖護院の山伏たちによる護摩焚き供養を見ることができます。1度見たことがあるのですが、山伏たちの行列と法螺貝の音がまるでタイムスリップを思わせます。つべで探したらいくつかあったので、よければ参考にしてください。


 

それと、役行者山についてはこんな記事もありました。

ご神体デザインのTシャツ授与 役行者山保存会【京都新聞 2013年7月16日】

 祇園祭の役行者(えんのぎょうじゃ)山保存会(京都市中京区室町通三条上ル)がこのほど、山のご神体をデザインしたTシャツの授与を始めた。

 ご神体は、修験道の始祖、役行者(役小角)と、両脇の一言主神、葛城神。京都精華大国際マンガ研究センター研究員のイラストレーター小川剛さんがデザインを担当。かわいらしい神様3人を表にあしらい、背には「役行者山」と文字を入れた。

 Tシャツの収益は、山の貴重な維持費となる。林寿一理事長は「うちの神様は本当は怖い顔をしている。親しみを感じてもらいたい」と話す。100着限定。1枚2千円。

2013071616532120130716gion
〔※写真:役行者山保存会が作った、ご神体をデザインしたTシャツ〕

 

次、黒主山[http://www.kuronushiyama.or.jp/]
P7160003
P7160004
今年はこの黒主山で粽を買いました(¥800)。ここで買うのは初めてだったのですが、中身は後で・・・

 

浄妙山↓さすがにまだ準備前・・・
P7160006

 

鯉山[http://www.koiyama.com/]、屋内の展示も見学してきました。ここは見送などに16世紀ブリュッセル製のタペストリーを使っているので有名ですが、普段は保存のために非公開ですので、実物を山鉾巡行(巡行で使うのは平成になって復元新調したものですが)以外で見れるのは宵山の3日間だけです。世界的にも貴重な品ですので、詳細は鯉山町のサイトで解説してあるのをご覧ください。
P7160007
P7160008
P7160009
P7160010
P7160011
P7160013

 

山伏山↓展示物の見学と御神体のお参りから先にしました。
P7160015
P7160016
P7160017

 

霰天神山↓
P7160018
P7160020
P7160019

 

放下鉾↓
P7160021
P7160023
P7160024
P7160025
P7160026

 

南観音山↓
P7160027
P7160028
P7160030
P7160031
P7160032
P7160034

 

北観音山↓
P7160036
P7160037
P7160038
P7160039
P7160040

 

八幡山[http://www.hachimansan.com/]↓屋内の展示の見学と御神体のお参りから先に。
P7160041
P7160042
P7160044
P7160046
P7160048
P7160049

 


 

さて、黒主山で買ってきた粽、桜の造花が飾られてあるのが特徴的なのですが、買った時は袋の中をよく見てなかったので、ポストカードが入っているとは思いませんでした(嬉しい誤算w)。
P7160058

写真左上が郭巨山後掛「阿国歌舞伎図」、その下が三輪晁勢の原画による菊水鉾天水引「花鳥図綴織」、写真左下は橋弁慶山前掛で富岡鉄斎の原画「椿石霊鳥の図」。写真中央上は上村淳之の画「鉾巡行」、中央下は芦刈山見送で山口華楊による原画「鶴の図」、写真右は霰天神山胴掛で上村松篁による原画「金鶏の図」
P7160060

 

黒主山保存会%%http://maps.google.co.jp/maps?q=35.007680,135.757963+(%E9%BB%92%E4%B8%BB%E5%B1%B1%E4%BF%9D%E5%AD%98%E4%BC%9A)&hl=ja&ie=UTF8&z=17%%35.007680%%135.757963%%17