大文字」タグアーカイブ

京都で『五山送り火』

8月16日といえばコレ↓
2009081600000049jijpsociview000
[↑Yahoo!:時事通信より]

しとらすは近くの「鳥居形」ですませてきました。場所は広沢池のやや西。ケータイで撮ったのですが、田んぼの稲と案山子まで一緒に写ってしまいました(笑)。
090816
解像度が320×240なのでわかりにくいかも・・・?

場所を変えれば「鳥居形」と一緒に「大文字」も見れる所はあるのですが、渡月橋付近は観光客でごった返してますし、穴場は教えたくない・・・じゃなくて目印がなくて説明しにくいのと、観光区域から外れて一般の民家の多い所ですし・・・。住めば穴場がどこかわかります(笑)。

それはともかく、送り火を星空の下で見ることができてよかったです。この五山送り火と来週の地蔵盆が終わったら、京都の夏も終わりかなぁ~というところでしょうか(残暑の蒸し暑さがまだまだ続くのは別として・苦笑)。

炎の文字 ゆく夏惜しむ 京で五山送り火
【京都新聞 2009年8月16日】

 お盆に迎えた精霊を送る伝統行事「五山送り火」が16日夜、京都市内であった。市内各所に繰り出した大勢の市民や観光客は、闇に浮かび上がった炎に酔いしれた。
 午後8時すぎに如意ケ嶽(左京区)の「大文字」に火がともり、その後も「妙法」「左大文字」「船形」「鳥居形」が相次いで点火された。
 点火時になっても気温は30度までしか下がらない蒸し暑い夜となった。それでも時折、心地よい風が吹き抜けて火床から上がる煙を流し去り、各山の炎がくっきりと見えた。鴨川べりなどで家族連れや浴衣姿のカップルは歓声を上げたり、静かに手を合わせて、行く夏を惜しんでいた。
P2009081600088
〔※写真:如意ケ嶽に浮かびあがった大文字の送り火に大勢の人たちが見入った。(16日、午後8時10分 京都市上京区・出町橋付近)〕