第11回 心味の会・・・テーマは“鬼”?!

『心味(こころみ)の会』
は京都の若手能楽師(結成当時は若かったんです、みんなw)5人で
“能をヨリわかりやすく、おもしろく”
をモットーに結成された会です。実力派揃いのメンバーは浦田保浩&保親さん兄弟(観世流シテ方)に、茂山正邦さん(大蔵流狂言方)、谷口有辞さん(石井流大鼓方)、曽和尚靖さん(幸流小鼓方)で、1人を除いて皆さんまだ30歳代です(笑)。

年1回の公演ですので11年目でしょうか(私は一昨年から拝見)。毎年テーマを決めてプログラミングされてるようですし、最初に学者さんの解説を置いている配慮がいいですね。ちなみに、今年は‘鬼’にちなんだ狂言と能を選んだそうで、パンフレットにも裏表にそれぞれ
「魔をもつ者は鬼か、人か。」
「邪(よこしま)なのは鬼か、人か。」
とのキャッチコピー?がありました。ナカナカ意味深な言葉ですよね・・・。

第11回 心味の会
2006年2月12日(日)14時開演@大江能楽堂(押小路通柳馬場東入ル)

(※開演に先立って山崎福之・京都府立大学教授より本日の見どころの解説が30分弱ありました)
◆観世流舞囃子『紅葉狩』
 シテ:浦田保浩 
 笛:杉市和 小鼓:曽和尚靖 大鼓:谷口有辞
 地頭:上田拓司
 地謡:越賀隆之・大江信行・宮本茂樹・大江泰正

◆大蔵流狂言「節分」
 シテ:茂山正邦 
 アド:松本薫

◆観世流能『安達原-黒頭・急進之出』
 前シテ(女)・後シテ(鬼女):浦田保親
 ワキ(祐慶):福王知登 ワキツレ(山伏):喜多雅人
 アイ(従者):茂山正邦
 笛:杉市和 小鼓:曽和尚靖 大鼓:谷口有辞 太鼓:小寺真佐人
 地頭:大槻文蔵
 地謡:上田拓司・浦田保浩・越賀隆之・武富康之・大江信行・深野貴彦・宮本茂樹

能楽には関係ないですが、『安達原』のワキ方の1人、福王知登さん。兄の和幸さんと一緒の舞台しか見たことがなかったので、弟さんだけって珍しいなと勝手に思いました。元セレッソ大阪・現ロッソ熊本のDF福王忠世クン(U-17世界選手権に菊地・成岡らと一緒に代表で出てる)はこの2人の弟です。ちゃんと熊本で頑張っているのでしょうか?ちなみに、兄2人もわりと上背があってガッシリしています。
Continue reading “第11回 心味の会・・・テーマは“鬼”?!”