月は出ているか?・・・仲秋の名月、大覚寺などで観月祭

別にガンダムXの宣伝してるわけではなくて(笑)、今年は今日10月3日が「仲秋の名月」。Googleの中の人もお月見モードです(笑)。
Moonja09

一昨日あたりまでは雨の予報も出てましたので、日中に青空が見えた時には安心したものでしたが・・・月が昇る頃にはどうにも曇りがち。あいにく雲の合間から時折顔を覗かせる程度で、少し残念なお月見になりました。サテライトキャノンならかろうじて打てるかもしれませんが(をい)。

昨日から明日にかけて京都各地で観月祭が行われています。詳細は下記をどうぞ。
→→e京都ねっと~観月のすすめ

満月や、みやびな風情に浸りけり 大沢池周辺で「観月の夕べ」
【京都新聞 2009年10月3日】
2009100300000042kytl26view000

 中秋の名月の3日夜、京都市右京区の大覚寺境内の大沢池周辺で恒例の「観月の夕べ」が開かれた。大勢の観光客らが雲間からのぞく満月や水面に映る月を鑑賞し、みやびやかな風情に浸った。
 9世紀初めに嵯峨天皇が池に船を浮かべ月をめでたのが始まりとされ、大覚寺など嵯峨野一帯は現在も月見の名所として知られる。夕べは例年、中秋に合わせて開かれている。
 大沢池では竜などを模した2隻の屋形船が浮かび、20分かけてゆったりと周遊した。月は時折雲に隠れたが、観光客らは雲間から現れるのを待ちながらカメラを構えた。境内では箏曲の音色や虫の声も響き、優雅な雰囲気に包まれていた。
 夕べは4日まで。午後5時~同9時。有料。
〔※写真:雲間から見え隠れする中秋の名月を背景に、観光客を乗せて進む竜頭船(3日午後7時5分、京都市右京区・大覚寺大沢池)〕

嵯峨野は紅葉真っ盛り・・・大覚寺

大覚寺[http://www.daikakuji.or.jp/]は嵯峨天皇の離宮が元になっている真言宗の門跡寺院です。ここで院政を敷く上皇・法皇もいらっしゃった、別名・嵯峨御所。歴史の舞台としても、いけばなの嵯峨御流でも、説明不要の有名な場所ですね。

今日は嵯峨菊を愛でるには、ちょっと遅かったかも・・・
2005_11230081
2005_11230082
Continue reading “嵯峨野は紅葉真っ盛り・・・大覚寺”