祇園祭:山鉾巡行(2013年7月17日)・・・河原町御池にて、その1

昨晩なかなか寝付けなくて眠剤を追加で服用して、6時に目覚ましかけたのに、起きてみたら8時半(苦笑)・・・今年も四条室町に早めに行って見る予定がオジャン。どうしたものかと考えて、辻回しを見るとしたら今からでは河原町御池か新町御池しかないし、今まで河原町御池で見たことがないので時計と睨めっこしながらそちらへ・・・ちょうど交通規制をかける直前に着いたので、運良く前の方で見ることができました。

せっかくの機会だからと33番目の最後となる大船鉾(唐櫃のみ)が来るまでずっといたのですが、後ろの人の邪魔にならないよう中腰で座って見ていたので、さすがにしんどかったです。おまけにコンデジのバッテリーは充電していったにもかかわらず17番目の菊水鉾の時には切れてしまうし(あいにく乾電池じゃなくて替えも持ってない)、この後はiPhoneで撮ってたら発熱にやられてエラー出まくりだしで大変でした。

なにはともあれ、一応全部の山鉾を撮ってはみたのですが、ちゃんと写ってるのががががが・・・・・(苦笑)。

祇園祭に参加している山鉾については下記サイトを参考にしてください。
京都祇園祭 http://www.gionmatsuri.jp/
(財)祇園祭 山鉾連合会 http://www.gionmatsuri.or.jp/

まずは、先頭の長刀鉾から↓
P7170002
P7170005
P7170009
P7170011
P7170013

 

2番、郭巨山[http://www.kakkyo-yama.org/]
P7170016
P7170017
P7170018

 

3番、太子山↓
P7170019
P7170020
P7170021
P7170022

 

4番、保昌山↓
P7170024
P7170025

 

5番、函谷鉾[http://www.kankoboko.jp/]
P7170026
P7170027
P7170030
P7170031

 

6番、山伏山↓
P7170033
P7170034

 

7番、綾傘鉾[http://www.ayakasahoko.com/]
P7170037
P7170038
P7170039

 

8番、蟷螂山↓
P7170040
P7170041

 

その2 へ続く

 

祇園祭:山鉾巡行%%http://maps.google.co.jp/maps?q=35.003682,135.759675+(%E7%A5%87%E5%9C%92%E7%A5%AD%EF%BC%9A%E5%B1%B1%E9%89%BE%E5%B7%A1%E8%A1%8C)&hl=ja&ie=UTF8&z=15%%35.003682%%135.759675%%15

 


祇園祭:7月16日、宵山・・・少し早めの朝に・・・(2013年)

連休明け、曇り空ですが雨は大丈夫そう、たぶん(夕方のにわか雨にみまわれやすい時期なので午後の天気がどうなるかはわかりませんが)。今日は午前の早い時間帯しか空いてなかったので、バス→地下鉄で烏丸御池まで行って、そこからさほど遠くない範囲しか見て回れませんでした。まだ人出も少なかったので1時間だけでも結構いろいろ見れてよかったです。

祇園祭の各行事の日程等は下記サイトを参考にしてください。
京都祇園祭 http://www.gionmatsuri.jp/
(財)祇園祭 山鉾連合会 http://www.gionmatsuri.or.jp/

どこの山鉾町でも私はそうしてるのですが、宗教慣習上で特に御神体を祀ってある場所とかは撮影不許可の場合もありえますので、町内会所の屋内に見学で入らせてもらった時は関係者の方に確認をとってからカメラで撮るようにしています。

 

まずは役行者山[http://ennogyojayama.main.jp/]
P7160001
一回りした帰りにもう1度寄って御神体を祀ってある屋敷内まで見学で入ってみました。
P7160050
P7160051
P7160052
P7160053
P7160054
P7160055
役行者山は午後の・・・だいたい13〜14時頃でしょうか、その時間帯に行くと、聖護院の山伏たちによる護摩焚き供養を見ることができます。1度見たことがあるのですが、山伏たちの行列と法螺貝の音がまるでタイムスリップを思わせます。つべで探したらいくつかあったので、よければ参考にしてください。


 

それと、役行者山についてはこんな記事もありました。

ご神体デザインのTシャツ授与 役行者山保存会【京都新聞 2013年7月16日】

 祇園祭の役行者(えんのぎょうじゃ)山保存会(京都市中京区室町通三条上ル)がこのほど、山のご神体をデザインしたTシャツの授与を始めた。

 ご神体は、修験道の始祖、役行者(役小角)と、両脇の一言主神、葛城神。京都精華大国際マンガ研究センター研究員のイラストレーター小川剛さんがデザインを担当。かわいらしい神様3人を表にあしらい、背には「役行者山」と文字を入れた。

 Tシャツの収益は、山の貴重な維持費となる。林寿一理事長は「うちの神様は本当は怖い顔をしている。親しみを感じてもらいたい」と話す。100着限定。1枚2千円。

2013071616532120130716gion
〔※写真:役行者山保存会が作った、ご神体をデザインしたTシャツ〕

 

次、黒主山[http://www.kuronushiyama.or.jp/]
P7160003
P7160004
今年はこの黒主山で粽を買いました(¥800)。ここで買うのは初めてだったのですが、中身は後で・・・

 

浄妙山↓さすがにまだ準備前・・・
P7160006

 

鯉山[http://www.koiyama.com/]、屋内の展示も見学してきました。ここは見送などに16世紀ブリュッセル製のタペストリーを使っているので有名ですが、普段は保存のために非公開ですので、実物を山鉾巡行(巡行で使うのは平成になって復元新調したものですが)以外で見れるのは宵山の3日間だけです。世界的にも貴重な品ですので、詳細は鯉山町のサイトで解説してあるのをご覧ください。
P7160007
P7160008
P7160009
P7160010
P7160011
P7160013

 

山伏山↓展示物の見学と御神体のお参りから先にしました。
P7160015
P7160016
P7160017

 

霰天神山↓
P7160018
P7160020
P7160019

 

放下鉾↓
P7160021
P7160023
P7160024
P7160025
P7160026

 

南観音山↓
P7160027
P7160028
P7160030
P7160031
P7160032
P7160034

 

北観音山↓
P7160036
P7160037
P7160038
P7160039
P7160040

 

八幡山[http://www.hachimansan.com/]↓屋内の展示の見学と御神体のお参りから先に。
P7160041
P7160042
P7160044
P7160046
P7160048
P7160049

 


 

さて、黒主山で買ってきた粽、桜の造花が飾られてあるのが特徴的なのですが、買った時は袋の中をよく見てなかったので、ポストカードが入っているとは思いませんでした(嬉しい誤算w)。
P7160058

写真左上が郭巨山後掛「阿国歌舞伎図」、その下が三輪晁勢の原画による菊水鉾天水引「花鳥図綴織」、写真左下は橋弁慶山前掛で富岡鉄斎の原画「椿石霊鳥の図」。写真中央上は上村淳之の画「鉾巡行」、中央下は芦刈山見送で山口華楊による原画「鶴の図」、写真右は霰天神山胴掛で上村松篁による原画「金鶏の図」
P7160060

 

黒主山保存会%%http://maps.google.co.jp/maps?q=35.007680,135.757963+(%E9%BB%92%E4%B8%BB%E5%B1%B1%E4%BF%9D%E5%AD%98%E4%BC%9A)&hl=ja&ie=UTF8&z=17%%35.007680%%135.757963%%17