初能奉納・観世流能『翁』@八坂神社

毎年1月3日に執り行われる八坂神社[http://web.kyoto-inet.or.jp/org/yasaka/]の『翁』の初能奉納は観世流と金剛流とで隔年ごとに催されますが、今年は観世流の番(千歳之舞をシテ方の演者で観たいという私の好み)なので、初詣には行かなくとも『翁』は観てきました。

今冬が暖冬というのは、こういう時には助かりますね。早朝の気温が2〜3℃高いだけでも随分と寒さが和らぎますし。

本日の演者は以下の通りでした。曽和さんは昨春に“鼓堂”と改名されたのですね。2年ぶりに拝見しましたけど貫禄が増したようで。

 


 

観世流『翁』

翁:片山九郎右衛門
三番三:山下守之
千歳:梅田嘉宏
面箱:島田洋海
笛:杉 市和
小鼓頭取:曽和鼓堂
 〃 胴脇:成田達志
 〃 手先:古田知英
大鼓:石井保彦
後見:味方 玄、橋本忠樹
狂言後見:茂山正邦、松本 薫
地謡:青木道喜、分林道治、田茂井廣道、深野貴彦、武田大志

 


 

まずは役者の登場から。〔※以下、画像をクリックすると拡大写真で見れます〕
P1030005
P1030007
P1030008

 

千歳之舞
P1030010
P1030012
P1030014

 

翁之舞↓安定感あるのは流石ですね
P1030016
P1030019
P1030021

 

山下守之さんの三番三、揉之段↓
P1030023
P1030025
P1030026
P1030028

てっきり茂山千五郎家の血縁の誰かが務めると思ってましたので、現ご当主のお弟子さんとはいえ山下守之さんの起用には驚きましたが、当の本人もはじめはガチガチに緊張されてたようで、表情もどことなく硬かったし大声出してるはずの掛け声が遠くに届いてない(いわゆる腹の底から出てないみたいな)感じ。気合が少し空回りしてるような。でも舞の方は動きにもキレがそこそこあって悪くなく、一昨年の誰かさん(苦笑)よりは良かったと思います。

揉之段を無難に終えられて一息つけたのか、祝言の呪歌と鈴之舞では硬さもとれてスムーズに。
P1030032
P1030034
P1030036
P1030039

 

八坂神社・能舞台%%http://maps.google.co.jp/maps?q=35.003390,135.778553+(%E5%85%AB%E5%9D%82%E7%A5%9E%E7%A4%BE%E3%83%BB%E8%83%BD%E8%88%9E%E5%8F%B0)&hl=ja&ie=UTF8&z=16%%35.003390%%135.778553%%16

初能奉納・観世流能『翁』@八坂神社

あけましておめでとうございます。
本年も拙サイトを宜しくお願いいたします。

今日は毎年この1月3日に執り行われる八坂神社[http://web.kyoto-inet.or.jp/org/yasaka/]の『翁』に行ってきました。観世流と金剛流とで隔年ごとの初能奉納ですが、今年は観世流の番。翁はというと・・・

十世片山九郎右衛門キタ━━━(゚∀゚)━━━!!!

片山清司さん・・・もとい十世九郎右衛門さんの翁はまだ拝見したことがなくて、ぜひ観たいと思っていたので、今年はツイてました。お金あれば12日の京都観世会例会でも片山九郎右衛門さんの『翁』があるので行くところなんですが、コミケと重なるこの時期は懐具合が厳しくなるので迷ってたんですが、今回は財政的にも助かりました(苦笑)。

本日の演者は以下の通りです。

 


 

観世流『翁』

翁:片山九郎右衛門
三番三:茂山逸平
千歳:武田大志
面箱:井口竜也
笛:杉 伸太朗
小鼓頭取:曽和尚靖
 〃 胴脇:成田達志
 〃 手先:古田知英
大鼓:石井保彦
後見:青木道喜、青木忠樹
狂言後見:丸石やすし、網谷正美
地謡:梅田邦久、橋本礒道、橋本光史、田茂井廣道、深野貴彦

 


 

まずは役者の登場から。〔※以下、画像をクリックすると拡大写真で見れます〕
初能奉納・観世流能『翁』@八坂神社 1

 

「とうとうたらりたらりら。たらりあがりいららりどう。」
初能奉納・観世流能『翁』@八坂神社 2

 

千歳之舞
初能奉納・観世流能『翁』@八坂神社 3
初能奉納・観世流能『翁』@八坂神社 4
初能奉納・観世流能『翁』@八坂神社 5
今回の千歳の武田大志さんは見ての通りのキリッとした面構えで舞もわりとしっかりしたように見えましたが、欲を言えば翁の露払役としてもう少しキレのあるところを感じさせてくれるとよかったかな、と思いました。

 

翁之舞↓お父様譲りの端正な優雅さの片鱗を見せつつも歳相応の壮健な謡と舞は期待通りでした。さすがやわぁ〜。
初能奉納・観世流能『翁』@八坂神社 6
初能奉納・観世流能『翁』@八坂神社 7
初能奉納・観世流能『翁』@八坂神社 8
初能奉納・観世流能『翁』@八坂神社 9
初能奉納・観世流能『翁』@八坂神社 10
初能奉納・観世流能『翁』@八坂神社 11

 

茂山逸平さんの三番三。充電が足りなかったのかコンデジのバッテリーが切れかかっていて鈴之舞まで撮れなかったのが残念でしたが、観賞の印象としては危惧していたとおり(苦笑)。たまたま本調子じゃなかったのかもしれませんが、声に張りがないし舞も体が重そうな感じ。
初能奉納・観世流能『翁』@八坂神社 13
初能奉納・観世流能『翁』@八坂神社 14
初能奉納・観世流能『翁』@八坂神社 15
初能奉納・観世流能『翁』@八坂神社 16
初能奉納・観世流能『翁』@八坂神社 17
初能奉納・観世流能『翁』@八坂神社 18
初能奉納・観世流能『翁』@八坂神社 19
彼は昨年も千歳を務めていたのを観ましたが、こうして2年続けて『翁』に出演されたのを拝見した印象では、20代までの稽古の質と量が30過ぎてから正直に出てしまうもんだな、と。狂言方は単体でのお笑いエンターテイナー「狂言」の役者であると同時に「能」の舞台役者の一端を担っているわけで、その点ではベースというか基本になるものはシテ方やワキ方と重なる部分も多いと思うんです。そうした能の役者の基本というか舞での立ち姿や足捌きとか謡での発声とかの型がしっかり身についているかどうかは三番三や間狂言だけでなく単体のお笑い「狂言」にも影響してくると思うんですね。先年亡くなられた千作さんと千之丞さんのご兄弟は戦後に多方面なジャンルで活躍されて一時は能楽協会から退会勧告を受けるほどでしたけど、映画や演劇・ドラマに出演するなど能・狂言以外でご活躍されながらも、それらの経験を上手くフィードバックしつつ歳を重ねる毎に狂言の芸風に磨きをかけていったのには、やはり自らが寄って立つ古典芸能のベースを疎かにしなかったというか若い頃に能・狂言の基本についてしっかりと稽古を重ねて精進されていたからこそだったのではないでしょうか。

それを思うと、兄貴含めてこっちの兄弟は先がかなり危ういというか・・・もっとも千五郎家全体としては腰椎椎間板ヘルニアの手術をされて復帰したばかりの茂さんの状態が気がかりな他は跡取り=正邦さんがしっかりしてるんで、千五郎家のこちらの2人と善竹隆司・隆平兄弟とで関西の中堅・若手世代を引っ張ってくれればいいかなと思ってます。そういえば善竹家の2人は最近なかなか見れてないなぁ・・・どれだけ貫禄が増したかぜひ観てみたいものですが。

%%http://maps.google.co.jp/maps?q=35.003717,135.778574+()&hl=ja&ie=UTF8&z=15%%35.003717%%135.778574%%15

 


初能奉納・金剛流能『翁』@八坂神社

あけましておめでとうございます。
本年も拙サイトを宜しくお願いいたします。

今年の年越しも例年通り除夜の鐘を常寂光寺で撞いて車折神社に初詣に行ったのですが、ウェルザー=メストが振った今年のニューイヤーを見てて、そういえば今年はワーグナーとヴェルディの生誕200周年だったっけと改めて思い出した一昨日の元旦でした。ちなみにワーグナーは5月22日、ヴェルディは10月10日が誕生日ですが、Googleがどんなロゴを用意してくるのか今から楽しみです(笑)。

さて、今日3日は毎年この日に執り行われる八坂神社[http://web.kyoto-inet.or.jp/org/yasaka/]の『』に行ってきました。観世流と金剛流とで隔年ごとの初能奉納ですが、今年は金剛流の番。シテ方が千歳を担当する観世流と違って金剛流の千歳は狂言方が舞うので、しとらす的にはあまり好みではないのですが(年数と研鑽を重ねればともかく舞に関しては狂言方よりもシテ方が専門みたいなものですし千歳は若手が務めるので尚更見栄えが・・・苦笑)。

閑話休題。今年の演者は以下の通り。

 

翁:金剛永謹
千歳:茂山逸平
三番三:茂山正邦
笛:杉 伸太朗
小鼓:曽和尚靖(頭取)、古田知英(胴脇)、成田達志(手先)
大鼓:石井仁兵衛
(他に地謡8名、後見3名、狂言後見2名)

 

〔※以下、画像をクリックすると拡大写真で見れます〕 まずは役者の登場から。金剛流(というか下掛りの流派)では千歳が面箱を持って登場します。
P1030001

千歳之舞↓
P1030005
・・・後で見返したら手ブレが酷くて、ちゃんと撮れたのがこれくらいしか・・・(苦笑)。

翁之舞↓
P1030013
P1030015

三番三、揉之段↓
P1030018
P1030021
正邦さんの三番三は私は今回初めて見ましたが、風格が滲み出てきている印象でした。彼の狂言を初めて見てからもう10年以上経っていますけど、こうしたところに成長の跡が伺えるものだなぁとしみじみ思いました。

千歳との呪歌の後での、鈴之舞↓
P1030027
P1030029
P1030030
P1030033

時折晴れ間ものぞかせていたものの、今日はとにかく寒かったです。いつもでしたら『翁』の後に奉納される仕舞は見ずに帰るのですが、今回の「羽衣」のシテが片山幽雪(先代の九世片山九郎右衛門で人間国宝)さんでしたので、少し観ていきました。懐具合の都合で近年は能を観る機会がなくなってきてる私ですけど、師のお元気そうな御姿を拝見できてよかったです。
P1030034
P1030042

%%http://maps.google.co.jp/maps?q=35.003717,135.778574+()&hl=ja&ie=UTF8&z=15%%35.003717%%135.778574%%15

 



初能奉納・観世流能『翁』@八坂神社

あけましておめでとうございます。
本年も拙サイトを宜しくお願いいたします。

年初一発目のネタはこれだろうということで、毎年観に行っている八坂神社[http://web.kyoto-inet.or.jp/org/yasaka/]の『翁』に今年も行ってたのを採りあげてみました。

・・・いえ、除夜の鐘を常寂光寺で撞いて、その足で車折神社に初詣に行ったのですが、カメラを持っていくのをすっかり忘れてまして・・・(汗)。

まずは四条大橋の上から来た方向にパチリ↓最近寒い日が続いてますしねぇ〜、山の方は雪が薄っすらと。
P1030004

八坂神社で毎年1月3日朝に行われる初能奉納ですが、私の記憶では観世流と金剛流が1年おきに交互に行なっていて、多分今年は観世流だからシテが片山清司さん・・・もとい“九郎右衛門”を襲名されてたんでしたね・・・だと勝手に予想してたんですが、祇園を通って八坂神社に行く時にポスターがあったので見てみると、分林道治”[http://wakeba.seesaa.net/]と予想外の御名前が。もちろん彼の『翁』を拝見するのは初めてですので、どんな感じになるのかなぁ・・・と思いつつ神社に向かいました。

〔※後述:あとでネットで見てみると、彼のサイトに昨年暮れが御披きだったという一文が書かれてました。もちろん八坂神社では初めてということだそうですので、プレッシャーも大きかったでしょうね。〕

門をくぐって、まずは先にお参りを済ませて・・・といっても手を合わせただけで何もお願いしてませんけど(毎年だいたいそうです・・・御守とか買って帰るわけじゃないから安いお賽銭で願いごとも図々しいかなぁという気がしてw)
P1030005
P1030006

開演前の能舞台↓後ろで立って撮影する方が撮りやすいのですが、腰が悪いので用心のため座って観ることにしました。
P1030007

神社で頂いたパンフによると、本日の演者は以下の通りです。


観世流『翁』

翁:分林道治
三番三:茂山茂
千歳:梅田嘉宏
笛:杉市和
小鼓頭取:曽和尚靖
 〃 胴脇:竹村英敏
 〃 手先:成田達志
大鼓:石井保彦
後見:分林弘一、青木道喜
狂言後見:網谷正美、茂山逸平
地謡:武田邦弘、橋本礒道、橋本光史、田茂井廣道、深野貴彦


ゆっくりと静かに演者が登場してきました(中央が分林さん、やや後方に梅田さん)。
P1030008

シテが「とうとうたらりたらりら たらりあがりららりとう」と歌い出したあたり。
P1030010

千歳之舞↓
P1030012
P1030013
いわば翁の露払いとしての舞ですが、個人的には観世龍のようにシテ方がやってくれる方がキレのある舞が見られて好きです。

次に、いよいよ翁が白式尉面を付けて祝歌と舞が始まります。普通の能と違って『翁』では舞台上で面を付けるのですが、私の座ってた位置からは写真が撮りづらかったのでありません。
P1030014
P1030015
途中でカメラの設定を変えてみたりしてたのですが、色合いがやっぱり変わってしまいましたね(苦笑)。
P1030019
P1030020
P1030021

「翁の段」が終わると、次は三番三の登場です。まずは“揉之段”から↓
P1030023
動きが早いのでなかなかうまく撮れませんでした(苦笑)。
P1030025
P1030028

“揉之段”が終わり、黒式尉面を付けた三番三が面箱との問答形式で祝言の呪歌を謡い、鈴を受け取るあたりです。
P1030029
P1030030

“鈴之舞”↓
P1030031
P1030033
P1030035
P1030038
P1030039
“鈴之舞”が終わると『翁』も終わりです。毎年ここで見てる中では平均年齢の若いメンバーでの『翁』でしたが、千歳→翁→三番三とそれぞれに見応えあるものを見られて良かったと思いますし、今年一年いいスタート切れた気持ちになれて得した気分になりました。

『翁』が終わる10時頃には日差しも出てきて少し暖かく感じましたが、それでもやっぱり寒いことには変わりがなかったです・・・(苦笑)。帰りに寺町によって、とらのあなやメロンブックス行ったりしたのですが、収穫物は後日また・・・。

%%http://maps.google.co.jp/maps?q=35.003717,135.778574+()&hl=ja&ie=UTF8&z=15%%35.003717%%135.778574%%15